ディーン・フジオカは華僑を嫁にした日本人!「ジャカルタの虎」の意味とは?



「ホンマでっか!?TV」にディーン・フジオカさんが登場して、

「自分を抑えられない性格をなんとかしたい」という悩みを相談します。

 

最近の大学生や新社会人の多くは

自分を抑えられないどころか、

 

会社の言いなりになる姿勢とは

180度違う悩みです。

 

ディーン・フジオカさんは悩みがあれば

妻(=「」と呼んでいる)にも相談したいところでしょうけれども、

 

現在ジャカルタに住む妻とは離れて暮らしています。

 

妻=「ジャカルタの虎」のニックネームにはどんな意味があるのでしょうか?

 

 

ディーン・フジオカは香港で芸能界デビューしたのは父親の影響も?

ディーン・フジオカさんは福島生まれの千葉育ちです。

 

名前がカタカナですからハーフのようにも

みえるのですが日本人です。

 

お父様は中国生まれの日本人で

IT系の仕事をしていたといいます。

 

お母さまは日本生まれの日本人でピアノの先生をしていました。

ディーン・フジオカさんの音楽好きはお母さま譲りです。

 

また、子供の頃からお父様の影響で中国語を話していたそうですから、

2005年に香港で芸能界へデビューするきっかけは

 

日本語だけではなく中国語も堪能だったことが

影響していたのでしょう。

 

ディーン・フジオカが香港で芸能界へデビューするきっかけはバックパッカー

香港で芸能デビューをしたディーン・フジオカですが、

芸能デビューするきっかけは

 

2003年の23歳の時に北京をスタート地点にしたバックパッカーの

旅でした。

 

旅先の香港でアメリカで習得したラップを歌っていたところ、

現地でスカウトされています。

 

ディーン・フジオカさんは本来日本人としての名前があるのですが、

香港で芸能活動をするために、

ディーン・フジオカとなのるようになりました。

 

広東語でディーンとうい発音には「クレイジー」という意味も

あって現地の人たちにはインパクトが大きいという読みだったと。

 

また、ディーン・フジオカさんは本来は

芸能界には興味はなかったのですが、

 

芸能界に足を踏み入れることになった動機は

 

バックパッカーをしていてお金がなかったことで

貧乏から脱出してズバリ金目当てで始めたのが動機です。

 

自分探しをする旅に出たものの、旅を支えるのは

経済的なバックボーンですね。

 

ディーン・フジオカさんが

「自分を抑えられない性格をなんとかしたい」という

悩みが過去から続いていることがわかります。

 

芸能活動は本当に探しているものではないけれども、

サバイブする為にはまずは、

 

稼がないとならない現実に向き合った瞬間です。

 

 

ディーン・フジオカが台湾で俳優をやめて休養したのはジャカルタ!

2005年の25歳の時に香港映画「八月の物語」で主演に抜擢され、

広東語で演じました。

 

この映画を見た台湾のトレンディードラマの母と呼ばれる

「アンジー・チャイ プロデューサー」からスカウトを受けて、

 

台湾に活動拠点を移すことになりました。

 

台湾では北京語で朝ドラに出演したのが大ブレイクして、

人気者になるのですが、

 

「プライベートがなさ過ぎる悩み」を抱えて

一度、芸能活動を休止しています。

 

俳優を休んでいる間、台湾から、2012年に結婚したヴァニーナさんがいる

インドネシアのジャカルタで休養をしていました。

 

(ヴァニーナさんとは台湾時代に出会った彼女です。)

 

台湾での芸能活動を休止してジャカルタに行ったのは

「自分が本当にやりたかったことは俳優業なのか?」

 

とここでも自分を抑えられない悩みが噴出していました。

 

俳優がやりたいのか悩みながらも、多くのファンレターが

届くことで、求められているならと奮起して、

 

再度、台湾で俳優業を再開しています。

 

2010年当時のディーン・フジオカさんは中華圏から

ハリウッドを目指していましたので

 

故郷の日本は眼中になかったといいます。

 

ところが台湾での活動をみた日本からのスカウトが入り、

台湾を拠点にしながらでも構わないという条件で

2011年に日本での俳優業をスタートします。

 

最近では「朝が来た」の五代さん役で大ブレイクしています。

 

香港、台湾などの中華圏だけではなく日本でも

成功を収めるというのはいろいろ悩みながらも

俳優業が天職なのかもしれませんね。

 

ディーン・フジオカの悩みはジャカルタからの単身赴任で嫁と離れて暮らすこと

ディーン・フジオカさんはジャカルタの彼女と結婚をして

2013年に双子の子供も授かっています。

 

やはり悩みは日本で俳優として仕事をしていますが、

嫁がインドネシアのジャカルタに住んでいることで

 

単身赴任を解消できていない点です。

 

結婚をして家のあることの素晴らしさを

感じられたと言っていますから、

 

「帰る家が近くにあって、

家族と暮らす家から仕事に出かけられる様にならないか」

 

というのがディーン・フジオカさんの悩みです。

 

ディーン・フジオカの嫁がインドネシアに住む理由とは?

ディーン・フジオカさんが嫁と呼ぶ奥様は

「ジャカルタの虎」というニックネームがあるといいます。

 

ジャカルタの虎というニックネームの持つ理由は明確にはなっていません。

 

ただ、ディーン・フジオカさんがテレビ番組で一瞬

妻は華僑ですと口走っていました。

 

華僑の意味は次のようなものです。

 

華僑
かきょう
hua-qiao; Overseas Chinese

海外に移住した中国人およびその子孫。華僑とは本籍地を離れて異国を流浪する華人の意。

世界の華僑人口はつかみにくいが 2000万近いといわれ,その約 80%が東南アジアに居住している。

華僑には福建,広東両省の出身者が最も多いが,彼らは現地で血縁または地縁による集団的社会を結成し,

本国への送金ばかりでなく,本国の革命運動や社会運動にも協力している。

出店:https://kotobank.jp/word/%E8%8F%AF%E5%83%91-43500

 

華僑の人たちはインドネシアを含んだ、東南アジアに居住する傾向が

あることが分かります。

 

しかも集団社会を結成していますから簡単にディーン・フジオカさんの

嫁=妻は日本で一緒に暮らすということはしないでしょうね。

 

むしろ、いずれディーン・フジオカさんがジャカルタへ帰ることの方が

前提になっている気がします。

 

ディーン・フジオカの嫁がジャカルタの虎と呼ばれるのはなぜ?

 

 

ディーン・フジオカさんの妻が「ジャカルタの虎」と呼ばれるのは

悪い意味ではなさそうです。

 

中国の陰陽五行説には四神(ししん)と呼ばれる伝説の霊獣が

います。

 

四神とは次の4つです。

  1. 東の青龍
  2. 南の朱雀
  3. 西の白虎
  4. 北の玄武

東西南北に分けて、それぞれ霊獣が配置されています。

 

「四神お守り」も存在していてスペースシャトルに搭乗した

山崎直子さんも宇宙へ携帯したお守りです。

 

西方位には白虎(びゃっこ)が配置されていて、

守り神として祭られているので、

 

「ジャカルタの虎」というニックネームは

中華圏ではかなりいい意味でつかわれていることが分かります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析