朝の除雪には松村邦洋がマラソンで発症した心肺停止の突然死リスクが!



マラソンに参加して心肺停止になるケースが少ないですが

一定の確率で発生しています。

 

松村邦洋さんも東京マラソンに参加している最中に

急性心筋梗塞を発症して心肺停止になりました。

 

救急救命士のお蔭で助かりましたが、

日頃の運動不足は否めません。

 

マラソンだけではなく心肺停止に陥る運動には寒冷地での朝の

除雪や雪かきがあります。

 

 

松村邦洋がマラソン参加中に心肺停止した理由は?

松村邦洋さんが2009/3/22に開催された「東京マラソン2009」

に参加中に心肺停止になったのは

 

本来は走るべきではないコンディションとして、

肥満体質と運動不足にあったと思われます。

 

マラソンを走り抜くだけの十分な体力や身体機能があれば

急性心筋梗塞を発症したりはしません。

 

マラソンで心肺停止になるひとのタイプは?

マラソンで急性心筋梗塞を発症して心肺停止に

陥りやすい人のタイプは次の通りです。

 

  • 運動不足の人
  • 寝不足の時
  • ストレスが多い人
  • 喫煙と飲酒の量が多い人
  • 高血圧症
  • 肥満、太っている人
  • 高コレステロール
  • 男性45歳以上、女性65歳以上の人
  • 通風がある人
  • 不整脈の持病がある人

普段は健康そうにみえるのでマラソンでも参加しようと

して急に心筋梗塞を発症するリスクが高いタイプです。

 

松村さんの場合は明らかに肥満は該当しますし、

日頃自分の部屋も掃除できないで人任せの

 

生活をするくらいですから

運動不足は明らかです。

 

またお年寄りなど生活習慣病がないと思われがちですけれども、

血管の老化(動脈硬化)は進行していますので、

急な運動は避けるべきです。

 

マラソン以外で心筋梗塞から心肺停止になる事例として除雪がある!

マラソンは長時間走り続けるわけですから

心臓の負担がかかります。

 

心筋梗塞を発症する例としては

寒冷地での雪かき、除雪が挙げられます。

 

寒冷地での雪かきには政府からも次のような報告があります。

 

  • 除雪作業中に心筋梗塞などを発症
  • 寒い屋外での重労働によって作業中に心肺停止などで倒れる事故

出典:除雪中の事故はこんなケース、こんな原因で起きています!

 

除雪中の事故は雪下ろしで屋根からの転落や

川への転落事故だけではありません。

 

雪かきはかなりの重労働でマラソンをしているように

心臓がバクバクします。

 

年配の人、松村さんの様に太っている人が

気合を入れて除雪をやりすぎると心筋梗塞で

心肺停止になってしまいます。

 

雪国で生活する人たちは毎日のことですが

寝不足になった時などは除雪もほどほどにした方が

よいでしょう。

 

朝の除雪が心肺停止になる理由は?

血管の専門医である池谷敏郎先生の著書に

今すぐできる! 血管が若返る33のルール (健康図解シリーズ)

があります。

 

この中で、「朝のジョギングは突然死のリスクも。」と

注意を促しています。

 

朝のジョギングの突然死のリスクが高い理由は、

  1. 朝は、自律神経の働きで血圧が上がる
  2. 起き抜けは血液の粘性が高いために血管がつまりやすい

という点が指摘されているのです。

 

血管がつまりやすいと、心筋梗塞や脳梗塞を発症しやすくなってしまいます。

 

心筋梗塞の場合には突然死になりかねませんので、

ジョギング以上にハードな運度になりかねない

朝の除雪はあまりこんをつめないほうがベターです。

 

 

松村さんのような肥満体型がある人で男性なら45歳を過ぎたら、

朝のジョギングはハードではなく、緩やかに行いましょう。

 

余談ですけれども、雪国富山県は除雪作業が必要な地域ながら

「とろろ昆布」の消費量が多いせいか心疾患での死亡率が低い県

であるというデータがあります。

 

血管年齢を若返らせる食生活をしていくことも

心筋梗塞から身を守る手段です。

 

 

マラソンや除雪にも耐えられるだけの

健康的な体と運動を心がけたいものです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ