花粉症対策に ワセリンを鼻粘膜に塗る副作用はドライノーズ!




花粉症対策の救世主としてワセリンを鼻の入り口付近から

内部にかけて塗る方法が提案されています。

 

実際に効果的な方法ではありますが、

 

副作用として鼻が乾燥して痛くなる

ドライノーズに陥る可能性があるので注意しましょう。

 

 

花粉症対策にワセリンを活用するのは効果的か?

ワセリンを鼻の内部に塗布することで鼻の粘膜が

保護されます。

 

花粉症の症状というのは鼻の内部の粘膜が

過敏になっている状況で

 

花粉というアレルギー物質に対して、

鼻の内部が腫れ上がってしまっています。

 

花粉症を感知するということは過敏な鼻の粘膜を

鈍感な方向にもっていくことでもあります。

 

その意味では鼻の粘膜がワセリンを塗ることで

花粉を直接感じなくなりますから、

 

過敏反応が解消されて楽になります。

 

ワセリンなしで花粉症を感じなくなるくらいに

鼻の粘膜が鈍感になれば完治です。

 

鼻の粘膜を過敏にしないためには鼻のかみすぎは

しないようにするべきです。

 

その為には

医師による処方薬の服用で花粉症の症状を止めてはなをかまないようにする

ことが大切です。

 

ワセリンの本来の使用目的は乾燥肌の保湿薬!

ワセリンは保湿薬として皮膚科で処方をしてくれます。

秋から冬にかけての空気が乾燥する時期は

肌も乾燥します。

 

肌が乾燥すると乾燥した部分に痒みがでます。

 

痒みを止めるためには薬を服用したり、

ウレパールなどに代表される

保湿クリームを皮膚に塗る方法があります。

 

ウレパールは尿素を含んだ乾燥肌に使う

保湿薬ですが、乾燥をとめるにも限界があります。

 

特に乾燥肌の人でどうしても乾燥をおさえて

痒みをとめたいということなら

ワセリンがおそらく最強です。

 

そのかわり、皮膚も呼吸をしているので

広範囲には利用できないでしょう。

 

部分的に足の踵(かかと)にだけ

利用するなどの利用法が有効です。

 

足の踵部分はひび割れが発生することがあるのですが、

ひび割れるような乾燥肌にはワセリンは最適です。

 

ワセリン以外のウレパールのような保湿薬では

ひび割れるような乾燥肌の保湿には対応ができないでしょう。

 

ワセリンのような保湿薬を乾燥していない鼻に塗りすぎることが乾燥肌を産む副作用がある!

ワセリンは保湿薬として利用される大変便利で

安いいい薬です。

 

ところが乾燥しない人がワセリンのような保湿薬を塗るとどうなるでしょうか?

 

私の個人的な体験ですが、

化粧品の乳液や保湿クリームのしっとり感や

 

塗った時の肌の感じ方などを

脚に塗って実験をしたことがあります。

 

その時は脚は乾燥してはいませんでしたので、

乳液や保湿クリームなどを塗った感じを実験しただけでした。

 

ところがその後脚が乾燥するようになりました。

 

つまり自力で保湿できていた脚の皮膚が

乳液などの保湿薬によって保湿されたので

 

肌が自力で潤うことができなくなって

乾燥するようになったのではないかと

推測しています。

 

花粉症対策に鼻にワセリンを塗るとドライノーズに陥る副作用が考えられる!

 

つまりワセリンについても同じことがいえる気がします。

 

乾燥していない鼻の内部の粘膜に

乾燥肌対策として塗るワセリンを塗ると

 

 

鼻が乾燥するドライノーズ(乾燥性鼻炎)という症状を引き起こす

副作用が考えられるのです。

 

花粉症対策に鼻の内部にワセリンを塗ることは

花粉というアレルギー物質から

 

鼻の粘膜を防御する意味でつかわれます。

 

ただしワセリンは乾燥肌に使う保湿薬でもあります。

 

鼻の内部が自力で保湿をする力が

ワセリンを塗ることで弱まることが副作用として心配されます。

 

基本的には花粉症薬を服用することで

花粉症対策をとるべきで

 

ワセリンまで粘膜に塗りこむのは

鼻の正常な機能を弱めかねないので注意しましょう。

 

ドライノーズを発症すると秋から冬の乾燥した時に

鼻の内部が乾燥して痛くなります。

 

ドライノーズになるとワセリンを塗ると楽になるようですが、

花粉症対策でワセリンを塗った副作用として

ドライノーズになったら

 

結果的にワセリンを鼻に塗る期間が長くなるだけです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析