脳動脈瘤手術や治療で北海道の名医とは?



北海道

脳動脈瘤について手術を行うことは患者さんと

患者さんの家族の人生をかけた手術になるため、

 

手術はできないと判断する医師は多いのが現状です。

 

脳動脈瘤はコイル塞栓術とステントを活用することで

治療をすることができるのですが、

できる限り手術実績のある名医がいる病院に依頼したいものです。

 

特に北海道ので脳動脈瘤の手術実績の多い名医がいる

病院をピックアップしていきます。

 

 

脳動脈瘤の手術実績が多い名医がいる北海道の病院はどこ?

手術実績は患者さんからの支持の表れでもありますし、

経験値の高さを示すという意味で

 

脳動脈瘤の手術実績で参考になる

名医と病院をピックアップします。

 

脳動脈瘤の名医がいる北海道の病院は?

手術実績の多い北海道の病院を順に上位10+1件表示します。

  •  北海道 社会医療法人 禎心会病院
  •  北海道 社会医療法人医仁会 中村記念病院
  •  北海道 特定医療法人医翔会 札幌白石記念病院 
  •  北海道 旭川赤十字病院 
  •  北海道 社会医療法人 北斗 北斗病院 
  •  北海道 社会医療法人 明生会 網走脳神経外科・リハビリテーション病院
  •  北海道 医療法人社団函館脳神経外科 函館脳神経外科病院 
  •  北海道 社会医療法人孝仁会釧路孝仁会記念病院 
  •  北海道 JA北海道厚生連 帯広厚生病院 
  •  北海道 社会医療法人明生会道東脳神経外科病院
  • 手稲渓仁会病院

 

テレビでも紹介された脳動脈瘤の名医は

旭川赤十字病院脳神経外科顧問を務める上山博康先生が有名です。

 

上山先生の著書「闘う 脳外科医」では、

症例数日本一の実績を踏まえて、

最後まで諦めない姿勢が書かれてあります。

 

また、

プロフェッショナル 仕事の流儀 上山博康 脳神経外科医 医者は人生を手術する

というNHKから出版された本は

 

NHKテレビプロフェッショナル仕事の流儀に

出演した上山先生のモットー「人生を手術する」

という生き様が描かれています。

 

 

日本脳神経血管内治療学会の専門医制度における北海道の指導医=名医リスト!

 

「日本脳神経血管内治療学会」は脳神経外科における

治療の安全性向上の為に

「専門医」制度を設けています。

 

専門医と認定する資格がある医師は「指導医」

と呼ばれているので、

 

専門医以上に信頼できる経験値の高い医師

として名医と呼ぶことはできるでしょう。

 

北海道の病院に在籍する指導医をリストアップします。

 

  • 牛越 聡   国立病院機構 北海道医療センター 脳神経外科
  • 西尾 明正  北斗病院 脳神経外科
  • 片岡 丈人  札幌西孝仁会クリニック/孝仁会大野記念病院 脳神経外科
  • 原口 浩一  函館新都市病院 脳神経外科飯星 智史 札幌医科大学 脳神経外科
  • 久保田 司  札幌秀友会病院 脳神経外科
  • 浅野 剛   旭川赤十字病院 脳神経外科
  • 和田 始   旭川医科大学 脳神経外科
  • 長内 俊也  北海道大学 脳神経外科

(出典:日本脳神経血管内治療学会)

 

セカンドオピニオンとして

相談するには安心できる先生方ではないでしょうか?

 

「日本脳神経血管内治療学会」指導医=吉村紳一医師が名医としてテレビ出演!

「たけしの健康エンターテインメント!」

でフローダイバーター を利用した

 

脳動脈瘤の治療法を紹介された名医は

兵庫医科大学脳神経外科の吉村紳一先生です。

 

吉村先生も「日本脳神経血管内治療学会」で

指導医として認定されています。

 

⇒脳動脈瘤フローダイバーター治療法を受けられる東京の名医と病院はどこ?

 

脳動脈瘤の予防をするには?

 

脳動脈瘤の原因になる要素は遺伝性なども

考えられていますが、

 

お酒の飲みすぎ、喫煙、高血圧なども

要因になりますので

生活習慣を見直すことは重要です。

 

 

脳卒中、脳梗塞などの発症比率が高い

北海道、東北エリアの方は

 

しなやかで強い血管を維持することが

非常に重要です。

 

島田和幸先生の本には血管を強くするノウハウが

医師の立場でわかりやすく解説されています。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ