小林麻央も好きな飲酒と乳がんに関連性あり!体を冷やすアルコールに注意を!



AFPの報道によると、仏パリ(Paris)で開催の「世界がん会議(World Cancer Congress)」で

2016/11/2に報告された内容は次のようなものでした。

 

2012年に飲酒が原因で発生した新規がん患者は70万人以上で、

がん関連の死者も約36万6000人に上るとする調査データが発表された。

出典:飲酒によるがん死者、2012年に36万人 国連機関調査

 

なんと、飲酒アルコール類を飲むこと)と発がんとの

関連性が高いという評価結果が改めて示されました。

 

特に、乳がんと大腸がんでの発症リスクが

高まると指摘しています。

 

乳がんで闘病中の小林麻央さんも

アルコールは飲まないという人ではなく、

好きなお酒もあるくらいにお酒をたしなむ人です。

 

 

アルコールと乳がん、大腸がんとの関連性が高いと評価結果が出た!

アルコールと乳がんや大腸がんとの関連性が高いことが

世界がん会議で改めて報告されたのですけれども、

 

日本でも以前から、アルコールと乳がんとの因果関係はあると

指摘しています。

 

お酒は飲まないという人と比較して、毎週エタノールを150グラム以上飲む人の

乳がんの発症リスクは明らかに高くなることが分かっています。

 

ちなみに、エタノール換算で150gに相当する飲酒量とは、

日本酒なら約7合、

ビールなら大瓶約7本、

ワインなら約14杯(1杯120ml)、

ウイスキーならダブル約7杯

 

というのが目安です。

 

ほぼ、毎日お酒は飲むという人は、該当しそうな基準ですね。

 

また、アルコールを時々たしなむ程度や

適量と言われる量でも、乳がんの発症リスクが高まることが

わかっています。

 

乳がんと飲酒の関連性については、

国立がん研究センターの調査結果が

 

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/373.html

から閲覧可能です。

 

 

飲酒と乳がん発症のメカニズムは?

飲酒をすると乳がんになるリスクが高まっているのかについては、

説はあるものの、明確な仕組みはわかっていないのが現状です。

 

あくまでも、追跡調査の統計的に

いえる傾向として飲酒と乳がんとの因果関係はあるという

ことが分かっているということです。

 

アルコールがガンを発症する仕組みについては不明!漢方的に考えれらることは?

アルコールはついつい必要以上に水分を多くとってしま意がちになります。

漢方的には、水分が体の中で多くなりすぎると水毒といって、

病気の原因になると考えています。

 

がんだけではなく、パニック障害などのうつ病も

水分の取り過ぎや体を冷やすことで発症するという

考え方があります。

イシハラクリニック医院長の石原先生の本【「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい】

でも、病気の原因は水分のとりすぎであると警告しています。

 

アルコールで体内の水分が多くなるだけではなく、

特に、ビールとウイスキーは体を冷やすために、

 

免疫力もダウンしてしまいます。

 

※免疫力は体温が1度下がると3割ダウンする

 

結果的に、がんの発症リスクも高まるということが

言えるわけです。

 

水分の摂りすぎとパニック障害については、

⇒小林麻耶 カフェインを断つ!コーヒーの飲み過ぎはパニック障害に悪影響!
をご参照ください。

 

小林麻央さんも飲酒経験はあり

小林麻央さんもかつて、元気なときには白ワインなどの

アルコールをよくたしなんでいることをブログなどで

紹介していました。

 

アルコールの中では、

カシスソーダや梅酒が好きだそうですね。

 

体を温めるアルコール類は?

飲酒は日本酒だろうが、ビールだろうがエタノールを

含みますから発がんリスクは高まることには変わりはないと

現時点ではいえるかもしれません。

 

しかし、体を温めることで免疫力はアップするので、

体を温めるアルコールであれば、

 

飲みすぎなければ体にいいということも

言えなくはありません。

 

体を温めるアルコール類としては、

日本酒と赤ワイン

 

であると石原先生は著書で紹介しています。

 

簡単に飲酒や過度な水分の摂りすぎもやめられないものですが、

石原先生の本を読むと少しは控えようとする気持ちが

わいてくるかもしれません。

 

健康管理の意味でも一読をお薦めします。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析