清原和博のマンション「サマセット麻布イースト」の間取り図や評判は?




サマセット麻布イースト清原和博氏の自宅マンションとして

最近有名になりました。

 

清原氏は、約50万円でマンスリーの賃貸契約を結んでいたようですが、

東京タワーまで3分の好立地で朝食付きでフィットネスジムなどもついているので

意外と使えそうなマンションだと思います。

 

サマセット麻布イーストの評判、部屋の大きさや間取り図などを見ていきます。

 

 

清原和博が自宅マンションにしていたサマセット麻布イーストの評判とは?

最近にわかにサマセット麻布イーストが注目を浴びていますが、

巷の人たちの評判を確認してみます。

 

場所が都心のど真ん中で好立地ですから、

利用価値は十分ありますね。

 

サマセット麻布イーストの住所は

「東京都港区東麻布1-9-11」で

地図上でも確認してみると資産価値の高さがよくわかる感じです。

但し、桜田通り沿いに建っていますから、部屋の位置によっては、

一日中、ある程度の騒音は覚悟しなけれなばりません。

 

生涯住む場所ではなく、ホテル代わりの賃貸であるから

利用できる環境です。

 

 

サマセット麻布イーストは朝食付きの賃料設定

サマセット麻布イーストの賃料にはデイリーブレックファースト

と呼ばれる朝食がついています。

 

利用時間はAM6:30~AM9:30となっています。

 

朝食メニューは

(パン・コーヒー・紅茶・ジュース・コーンフレーク・チーズ・クラッカー)

となります。

 

 

賃料的にはビジネスホテルに1月宿泊するより安い場合もあるでしょうね。

 

但し、普通に考えたら、食費を除いても家賃は安いとは言えないですよね。

 

サマセット麻布イーストの運営は外資だった?

サマセット麻布イーストの特徴は港区麻布の一頭地にあるだけではなく、

24時間対応のバイリンガルによるフロントスタッフが常駐していることです。

 

つまり、外国人利用者にも重宝されます。

 

そしてサマセット麻布イーストを所有、運営するのは日本の不動産会社ではなく、

アスコット ジャパン(The Ascott Limited )というシンガポール企業です。

 

日本に来る外国人や日本人の利用者の賃料はシンガポール企業の

収益になっていました。

 

外国人旅行者が増えていても必ずしも日本にすべて

収益が落ちるわけではないんですね。

 

大田区では民泊を始めるようですが、

日本全土でサマセット麻布イーストのような

サービスには需要がありそうです。

 

寝泊りするだけではなくて、

家具付きの賃貸マンションであり、

 

使いやすいフルサイズのシステムキッチンが装備されていることや

フィットネスジムがあるのも付加価値になっています。

 

因みに、サマセット麻布イーストは2003年年に竣工され、

鉄筋コンクリート造14階建て

建築主は三菱地所です。

 

サマセット麻布イーストの部屋の大きさと間取り図がいい感じ!

サマセット麻布イーストの部屋の大きさと間取り図を確認すると、

3タイプあります。

 

1つ目のワンベッドルームタイプの43㎡のスタジオエグゼクティブと呼ばれる間取りです。

サマセット麻布イースト 43㎡ 間取り図

サマセット麻布イースト 43㎡ 間取り図

 

43㎡の間取りは一人で利用するには十分です。

 

ベッドはセミダブルサイズが配置されています。

 

 

一部屋でゆったりと使える感じが

外国人向きですね。

 

 

 

 

 

次は54㎡のスタジオプレミアという、スタジオタイプの間取りです。

サマセット麻布イースト 54㎡ 間取り図

サマセット麻布イースト 54㎡
間取り図

 

ベッドはクイーンサイズのものが設置されています。

二人での宿泊も可能な部屋です。

 

また、ベッドルームはパネルカーテンで仕切ることが可能です。

 

 

3つ目は54㎡のベッドルームプレミアというタイプの間取りです。

サマセット麻布イースト 54㎡ベッドルームプレミア 間取り図

サマセット麻布イースト 54㎡ベッドルームプレミア
間取り図

先ほどのスタジオプレミアタイプとほぼ同じですが、

ベッドルームがスライディングドアで仕切ることができのと

 

部屋がある階数が12~14階という高層階にあるので、

眺望がよくて、東京の夜景を見るのには適しているのでしょう。

 

 

 

元谷芙美子アパホテル社長の自宅は港区麻布にある豪邸についてはこちら!

 

清原和博氏が自宅マンションとして利用していたタイプが

この間取りの物件になります。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析