小林麻央さん放射線治療の副作用を軽減するには?吐き気には漢方薬の利用も!



小林麻央さんは乳がんとの闘病生活で

痛みをともなう体調不良や脱力感と

戦っています。

 

夫の海老蔵さんへの感謝の意味を込めて、

自ら日テレの「市川海老蔵に、ござりまする」の

 

インタビューに応えるなどに取り組みますが

その後はぐったりと寝てしまうような状況です。

 

これからは痛みを軽減するために放射線治療

痛みがある部分だけに行うのですけれども、

 

副作用としては白血球減少などの抵抗力低下や

吐き気なども伴うことがあります。

 

放射線治療の副作用を軽減するためには

福田一典先生のような漢方薬の専門家に

相談するのも一つの方法です。

 

 

小林麻央さん痛みを軽減するために放射線治療再開、副作用には吐き気なども。

小林麻央さんは2017/1/6の「痛み止め様」というタイトルのブログで、

放射線治療を再開すると決断したことを

明らかにしました。

 

かつて行った放射線治療では体調不良がひどく、

こりごりしていたのか、

再開はためらいがあったようなのです。

 

放射線によって正常な細胞を傷つけないような配慮も

されているかと思われるのですが、

照射される量がおおくなると吐き気や白血球減少などの

副作用が起きると言われています。

 

小林麻央さんが放射線治療中に喉の痛みを

発したのもウイルスに対する抵抗力が

 

放射線治療の影響で小さくなったために

起きたとも考えられるのです。

 

放射線治療の副作用で倦怠感を補うには漢方薬の利用も!

 

放射線療法で腫瘍がちいさくなったり消失することにも

つながるので、痛みを軽減する意味でも、

 

小林麻央さんも頑張って取り組んで欲しいと思う反面、

副作用は軽減してあげたい。

 

白血球が減少するということは抵抗力が落ちることを意味するので、

病気に対する抵抗力を補う必要があります。

 

乳がんだけに限ったことではなく、風邪で倦怠感が

ひどい時や病後の体力低下などに利用する

 

十全大補湯や補中益気湯などで

免疫力をアップしながら放射線治療の

副作用である白血球減少を補うことができます。

 

 

吐き気にも漢方薬が利用できる

 

抗がん剤や放射線療法の副作用で吐き気が

起きるのも、

 

風邪や眼精疲労のために吐き気が起きるのと同様に、

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)が利用できます。

 

ただし、十全大補湯や補中益気湯、半夏瀉心湯のような漢方薬は

一例であって、

 

誰にでも効くわけではない点に注意してください。

 

症状や体質などによって漢方の専門家に相談した上で

服用する薬を選択してもらう必要があります。

 

参考記事⇒下痢を治すには漢方薬 半夏瀉心湯の常備?効果をネット上の口コミで確認!

(※抗がん剤の副作用で下痢をする場合にも半夏瀉心湯は利用されることがあります)

 

がんの治療を漢方薬で行っている福田一典先生を紹介

福田一典先生(銀座東京クリニック医院長)は

がん治療一筋に歩んできた医師ですけれども、

 

現在は抗がん剤や放射線治療を行う患者さんを

 

東洋医学的な方法でバックアップしている

がんの専門医です。

 

銀座東京クリニック

HP:http://www.1ginzaclinic.com/

住所:東京都中央区銀座5-14-9 石和田ビル5階

電話:03-5550-3552

 

福田先生のクリニックのHPや著書を参考にして、

治療方針に賛同できるようであれば

 

費用を抑えることを治療方針にしているので

相談もしやすいのではないでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ