イオンモバイル050かけ放題の評判はどう?着信できない時の対策は?



イオンモバイルのサービスの特徴で、

050かけ放題というサービスにあります。

 

050アプリを利用してネット回線を使うことで、

通話料金が定額制である点で

通話を長時間する人にとっては、

かなりお時なプランになっています。

 

しかし、050かけ放題にはメリットばかりではなく、

音声品質が劣るなどのデメリットもあります。

 

これから050かけ放題を利用してみたいという方は、

使い勝手について評判が気になるかと思います。

 

実際に、かけ放題を1年以上利用してみた経験を踏まえて、

本当に使えるサービスなのかについて

説明をしていきましょう。

 

 

イオンモバイル050かけ放題の音質の評判はどう?

一番に気になるのは、音声品質の点ではないかと思います。

 

050かけ放題は、一般の携帯電話番号と違い、電話場号は、050からスタートするのが

特徴で、ネット回線を利用する通話方法です。

 

通話の方法は普通に携帯電話を利用するように操作をして、

相手にかけることや受信をするときも、

普通の電話を利用するのと同じですので、

操作性には問題はありません。

 

ただし、実際に通話をしてみると

若干の違和感を感じる点は否めませんね。

 

相手の声色が変化して聞こえる

050アプリを経由して通話をすることで、

相手の声色が変化していることに気が付きます。

 

もちろん、普通の電話での通話でも直接会話をするようには

聞こえないわけですが、

やや機械的な音声に変化している気がします。

 

ただし、ほんの僅かな変化なので、

慣れれば気にならない範囲であるとは言えるでしょう。

 

通話が途切れることもある

050アプリを利用して通話をしていると、

通話先の相手から、

「お電話口が遠いようなのですが・・・」

と言われることが多かったりします。

 

また、

「もしもし、もしもし、・・聞こえますか?」

という風に通話相手から確認されることもあるので、

時々ではあるものの、

通話がとぎれとぎれになる場合もあります。

 

ネット回線を利用して通話をしているので、

どうしてもネット回線の状況によって

通話の安定性がやや揺らいでいることが多いのが

現状です。

 

050IP電話を利用して通話をしているという意識が

イオンモバイルのユーザーにはあるので、

 

「またか、しかたないな」と

想定内の出来事として対応できるのですが、

 

通話の相手方にとっては少々、

ご不自由をかけている点は申し訳ないとは思います。

 

しかし、全く会話にならないというようなことは

一切ないので安心をしてください。

 

あくまでも、時々、発生する程度のことです。

 

050アプリの現状の通話品質であると

覚悟をするしかありません。

 

通話品質がやや劣るとしても、

基本的に長時間の通話でも

料金は定額制であるメリットのほうが大きいと

感じられるレベルです。

 

イオンモバイル 050かけ放題 発信がスムーズにできないトラブルが

イオンモバイルの050IP電話は、

正常なときには、アプリがいつでも通話できるように

スタンバイしてくれています。

 

050アプリが緑色に光っていて、

通話できます」という表示になっています。

 

ところが、時々、050アプリが赤色になって、

接続に失敗しました」というような表示をすることがあります。

 

そんなときは、050IP電話アプリをタップして、

電話番号を入力して、「通話」ボタンを押しても、

発信ができないときがあったりします。

 

この場合は、しつこく、何度も、「通話」ボタンを

タップすることで、

うまく接続ができてつながってくれるのですが、

発信はなんとかできたとしても

受信がしっかりできているか心配になってしまいます。

 

イオンモバイル 050かけ放題 着信は正常にできなくなるトラブルが

スムーズに発信できないトラブルが起きているときには、

着信も正常にできていないことがありました。

 

かかってくるべき電話を待っていても

一向に電話がかかってこないので、

こちらから電話をしてみると、

 

何度電話をしてもつながらなかったと

言われてしまったことがありました。

 

大切な電話がかかってくることもあるはずなので、

着信したら自動で050アプリが起動して、

正常に受信してくれないと困ります。

 

イオンモバイルの050かけ放題の最大の弱点であると

言ってもいいかもしれません。

 

しかし、受信ができなくなったとか、

発信がスムーズにできないなどのトラブルは

うまく解消する方法があるので

安心してください。

 

着信ができないとか、発信がスムーズにできないなどのトラブルの解消法の口コミ

まずは、最悪、050アプリが「接続に失敗しました」などの表示が出て、

受信や発信がうまく行えないときの対策としては、

 

一旦、050アプリを削除してしまいます。

 

その上で、再度、同じアプリをダウンロードして、

再度、設定をし直すことで解消されます。

 

050アプリの設定方法としては、

イオンモバイルを契約して

050かけ放題の設定するときにもらった

用紙に

 

  1. 050電話番号
  2. ユーザーID
  3. サービスコード
  4. パスワード

が記入されているので、

そのとおりに入力すればOKです。

 

以上のように、アプリを入れ直す他には、

「simを抜き差しする」ことで、

解消する場合もあるようなので、

合わせて行う必要がある場合もありえます。

 

 

050アプリを削除して再設定後にまた着信できないトラブルがでる原因は?

せっかく、050アプリを削除して、再度設定をしなおして

発信と受信が正常にできるようになっても、

再度、同じ症状に陥ることがありました。

 

そこでコールセンターへ質問をしてみると、

長期間、050アプリを触っていないと、

受信できないなどのトラブルが発生しやすいという

回答がありました。

 

つまり、日々、050アプリをタップするなどして、

通話をせずとも、アプリを触っていることで、

発信や受信ができなくなるといったトラブルを

予防することができるようなのです。

 

大切な電話がかかってきたはずなのに、

着信履歴もないとなると大問題ですので、

 

イオンモバイルの050かけ放題を利用するときは、

日々、アプリを何らかの形で操作することで、

トラブルを未然に防ぐようにすればOKです。

 

050アプリではつながらない電話番号がある点にも注意

050アプリからは、0120からスタートする

フリーダイヤルはかけられる番号と

つながらない番号があります。

 

経験上は、多くのフリーダイヤルはかけられないケースが多いと

感じています。

 

0120からかけられない場合には、

0570からスタートするナビダイヤルを利用くださいと

表示されていることが多いです。

 

050アプリからは、0570のナビダイヤルには

通話ができません。

 

ということは、050かけ放題では

通話ができない相手方もありうるという点には

注意が必要です。

(例:京セラコールセンター、日興証券)

 

最近では、050アプリを利用する人が増えている現状を踏まえて、

0120も0570も使えない場合に備えて、

普通の電話番号も併記してくれる企業なども

増えてきています。

(例:全労済、野村證券など)

 

イオンモバイルの050かけ放題はデメリットを覚悟できればコスパはよい

以上、イオンモバイルの050かけ放題について、

使い勝手の悪いところを中心に対処法などを

説明してみました。

 

実際に使ってみた感じでは、不自由な点もあるものの、

弱点を克服する対処法を実行していれば、

なかなか使えるサービスです。

 

一部、かけられない企業の電話番号が存在する点は

残念ではあるものの、

従量料金が一切かからないのは非常に魅力的です。

 

コスパ重視の方や通話時間が長い方には特におすすめできます。

 

興味のある方は、

イオンモバイル

ぜひチェックしてみてください。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ