イオンモバイル 評判が高まる電話かけ放題プランと解約条件!口コミを紹介



これまで利用してきたスマホでは、

ワイモバイルを利用してきました。

 

ワイモバイルはソフトバンクグループが直接運営する

格安スマホです。

 

ワイモバイルの特徴は、10分以内の通話について、

300回まで無料で利用ができるという点です。

 

スマホで電話をする人にとっては、

激安な良いプランです。

 

今回、ワイモバイルの2年契約が完了したのを機会に、

格安sim業者を見直すことにしました。

 

選択したのはズバリ、イオンモバイルです。

イオンモバイルの良心的な運営体制を今回確認できたので、

 

今後、評判がぐんぐん高まることが予想されますので、

契約してきた店頭の接客対応や商品の品質も含めて

口コミとして紹介していきます。

 

 

ワイモバイルのコスパも捨てがたい?イオンモバイルの評価が高い理由は「050かけ放題」に!

これまで、ワイモバイルを利用してきたのは、

かけ放題プランがセットされていたからです。

 

  • スマホプランS2980円(1ギガ)
  • スマホプランM3980円(3ギガ)
  • スマホプランL5980円(7ギガ)

 

といった料金には、10分以内の通話については、

300回まで通話料無料がついています。(安い!)

 

月々さらに1000円を支払えば、

10分という上限もなくなり、

完全なかけ放題になります。

 

ということで、実はワイモバイルは

非常に捨てがたい選択肢です。

 

ところが、イオンモバイルは

「通話プラン」と「データプラン」いずれを選択しても、

 

オプションで050かけ放題(1500円)で、

時間の制限もなく、

何回でも、通話料金は、一定にすることができます

 

スマホでネット検索程度で動画を見たり、

大容量のダウンロードをしないという使い方に関して言えば、

 

通話プランでは、

データ通信500MBで1130円

データ通信1Gで1280円です。

 

この金額に、050かけ放題の1500円をプラスしても、

2630円から利用できます。(税別)

 

また、音声通話に利用する携帯電話番号が不要であるというなら、

データプラン(1G)が480円から利用できます。

 

1Gのデータプランに050かけ放題のプラン(IP電話を利用)

1500円をつけても、

 

1980円(480+1500)からスマホが利用できます。(激安すぎ!)

 

一般の電話番号がないためにSMSを利用できないデメリットは、

月額140円を支払うことで、解消できます。

 

ですから、データ通信はほどほどにしか利用せず、

電話をある程度かけることを想定して、

 

月々の利用料金、価格を比較すると、

ワイモバイルをも超える安さになるため、

イオンモバイルという選択になりました。

 

しかも、IP電話は音声品質が劣ると言われますが、

実際に利用してみると、確かに音声に違いはあるものの、

コミュニケーションを成立させるには問題ない程度といえます。

 

050からスタートする電話番号が付与されるので、

番号を相手に知らせることで受信も勿論できます。

 

格安simで通話重視ならイオンモバイルの050かけ放題が最強な理由は時間無制限だから!

電話をある程度かけるひとというのは、

1回の通話も5分や10分で完結しないことが多いです。

 

他社も、5分までの通話はかけ放題や10分までの通話は

かけ放題であるプランについては、

 

10分という上限を越えると、

ワイモバイルの場合は30秒あたり20円が別途かかります。

 

電話で色々と話しをしていると10分はあっという間で、

ワイモバイルの契約なら、10分をしっかり意識していないと

別途料金が思った以上にかかってしまうのです。

 

ワイモバイルなら1000円プラスして10分を超えてもかけ放題に

したほうがいい感じです。(安心して話せます)

 

その点で、イオンモバイルの050かけ放題プランを利用すれば、

最低1Gのデータ通信(480円)ができて(ワイモバイルのSプランに相当)

 

電話は何時間けても定額(1980円)で

利用することができます。

 

電話料金を心配することなく通話ができる機能は

ネットを利用したip電話ならではの機能ですから、

 

スマホならではの良いサービスなのです。

 

 

通信重視なら、イオンモバイルよりTONEがコスパが高い?

イオンモバイルがコスパが高いと感じるのは、

050かけ放題だけではなく、

データ通信についても、8Gのプランでも1980円と激安です。

(一般的には3ギガくらいの契約が多いハズ)

 

ただし、データ通信の容量が無制限で月額1000円で

利用できるツタヤが展開するTONE(トーン)が

最も安いと言えるかもしれません。

 

 

ただし、先行投資として、TONEの専用端末の代金29800円が

かかります。

 

 

050IP電話が利用できますが、

国内の携帯電話向けの通話が1分あたり21円、

 

国内の一般加入電話向けの通話が3分あたり13円、

とお安いですが、従量制でかけ放題ではありません。

 

電話はあまりしないという人には、イオンモバイルより、

TONEはコスパが高いかもしれません。

 

イオンモバイルはユーザーとして2年しばりや解約違約金がない点が高評価!

ワイモバイルを2年の契約満了で解約したのは、

更新する人にとってメリットが小さいからです。

 

ワイモバイルの新規加入者は最初の1年は1980円で1000円引きになる

キャンペーンを実施していて、他社との比較でお得な印象があります。

 

しかし、2年間利用後に更新をしても、2年しばりが継続します。

 

すでに2年間利用したわけですから、あとは、いつ解約しても

良さそうなものなのですが。

 

そして、イオンモバイル以外の他社については、

2年しばりがついてくるのが

あたりまえのような状況です。

 

いまや、SIMフリーになったスマホを利用している人にとっては、

自由にいつでも好条件を提示するプランに乗り換えたい

というのがユーザー側の希望です。

 

イオンモバイルなら解約は違約金なしでいつでもできます。

 

4月に契約して、すぐに解約しても違約金はありません。

 

利用料金が安い割には、ユーザーの利便性を考慮してくれている

契約プランであると言えるのではないでしょうか?

 

ワイモバイルからイオンモバイルに切り替えた理由は、

違約金がない点です。

 

スマホをやめて、ガラケーにするのもいつでも自由に

選択できます。

 

イオンモバイルの評判は?イオンモールのスマホ業者、人気があったのはどこ?

一般的には、評判がいいお店というのは繁盛しているはずです。

 

私は、イオンモールまで足を伸ばして、

イオンに入っているイオンモバイルの店に直接行って

契約をしました。

 

イオンモール内の一番目立ついい場所には、

スマホ業者と電気店がしっかりと入っていました。

 

NTTドコモ

ソフトバンク

Yモバイル

Joshin電気「ドコモ、AU、ソフトバンク、ワイモバイル)

 

という具合で、ものすごい人だかりでした。

 

人気があるのは、

ドコモ、ワイモバイル、ソフトバンクといった

大手には人だかりがありました。

 

この好立地で人だかりがある場所から階も離れて、

一番の隅で営業していたのが、

イオンモバイルです。

 

来客数は少なめではあるのですが、

少ない店員がギリギリで接客をこなしている感じです。

 

あえて、イオンモールの好立地を選ばず、

ひっそりと営業をしているのですが、

 

イオンモールでスマホを購入したり

契約をする人の顔には笑顔がありました。

 

大体的なPRは控えつつ、口コミで広がるような

気がしますね。

 

イオンモバイルへの乗り換えで050かけ放題サービスが利用できる端末は?

イオンモバイル回線への乗り換えで利用できる端末は、

原則として、ドコモ回線で利用していた端末か

SIMフリー端末ということになります。

 

ソフトバンク系やあau系のスマホはSIMフリー端末であれば、

利用可能です。

 

ただし、「050かけ放題サービス」については

端末によって対応していない機種もあるので

 

事前にイオンモバイルへ問い合わせて確認することをおすすめします。

 

イオンモバイルで販売する端末はイオンクレジットカードのポイントで購入できる

参考までにですが、イオンモバイルの店頭で販売している

スマホはイオンクレジットが発行する

 

イオンカード(WAON一体型) を持っていて、

ポイントがたまっていれば、

 

ポイントを端末代金の一部に充当できます

 

いつもイオンモールで食料品や日用品の買い物をしている人は、

ポイントカードもしくは、イオンカードに

ポイントがたまっているかもしれません。

 

【レビュー】イオンモバイルの口コミ!評判は今後じわじわ上昇か?

イオンモバイルの050かけ放題は

通信品質はどうよっていう心配もあるかもしれませんので、

 

動画を見てみるとよいのではないでしょうか?

 

ちなみに、050アプリをダウンロードするとわかりますが、

アプリの提供元はNTTコミュニケーションですから、

安心感は高いです。

 

050アプリをGoogle Playからダウンロードしたあとは、

簡単な設定をしてすぐに通話が可能になります。

 

基本的には店員さんは050アプリのダウンロードから設定については

やらずに、「ご自身でお願いします」

ということになっていますが、

 

店頭で質問をすれば、わからないところを

教えてくれました。

 

接客姿勢についても、ガツガツせず、

特定のプランや商品を押し付けたり、

 

今すぐ、契約させるという雰囲気もなく、

安心して相談ができるお店です。

 

以上、実際にイオンモールに行ってきた

口コミです。

 

参考にしてみてください。

 

イオンモバイルのネットの通信速度と050かけ放題の口コミ

イオンモバイルを契約後実際に利用してみて、わかったことを

紹介します。

 

イオンモバイルのネットのつながりやすさについて

ネットの通信速度については実際に測定したわけではありません。

 

ただ、閲覧するスピードがやや鈍い感じは否めません。

 

ワイモバイルを利用していた時とスマホ端末は同じ京セラで

同じレベルのスペックですから、ネットの閲覧しやすさは、

ワイモバイルのほうが明らかに上です。

 

イオンモバイルとしても、価格相応のサービスは提供しているという意識ですから、

ワイモバイルの料金よりも安く利用できる分だけ

「やや重い」状態になるのは致し方ありません。

 

 

 

イオンモバイルの「050かけ放題」の音声品質などについての口コミ

050かけ放題はイオンモバイルの目玉のサービスで、

いくら話しても通話料金は1500円という格安通信サービスでです。

 

契約当初、音声品質はあまり気にならないかと思っていたのですが、

何度か家族にかけるたびに、

相手の声の調子がつかみにくい点はあります。

 

第三者と話している上では会話が成り立てばいいわけで、

音声品質も大きな問題はありません。

 

音声品質が気になる人は、通常のIPでの通話ではないサービスを

契約するほうがいいです。

 

また、050から始まるIP電話から0120からはじまる番号へ通話できるというのが

基本なのですけれども、

 

多くの0120から始まるフリーダイヤルへは通話できませんでした。

 

(イオンモバイルのフリーダイヤルへは、通話は可能です。)

 

以上のように、イオンモバイルは1980円(税別)でスマホが利用できて、

IP電話から通話し放題という超コストパフォマンスを誇るので、

良いサービスです。

 

 

ただし、ネットの閲覧スピードや通話の音声品質、

フリーダイヤルへの通話を100%つながるようにしたいなどを

重視する人は

 

「050かけ放題」だけではなく、「音声プラン」もプラスして利用したほうが

便利です。

 

イオンモバイルは弱点はあるものの、

音声通話を多くする事が多い使い方で、

 

コストパフォーマンスを重視する場合は、

使い方によっては、

最強の選択になるかもしれません。

 

参考記事⇒イオンモバイル050かけ放題の評判はどう?着信できない時の対策は?

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ