仙岩峠の茶屋 再開店で崖からの眺望がまた見られる!



秋田県と岩手県の県境付近にある

仙岩峠の茶屋の創業家の2代目店主が

2016年に亡くなって休業から廃業になるのかと

落胆していたのですけれども、

 

2017/3/1に再開店するという報道がありました。

 

元従業員の方が一致団結して

 

これまでの看板メニュー、名物おでんの味を

復活させます。

 

ドライバーが休憩したいときに一息つけて、

に立地するお店から見る眺望を

また楽しむことができます。

 

ドライブの途中に立ち寄れる仙岩峠が立地するロケーションについて

紹介していきます。

 

 

仙岩峠の茶屋は一時廃業かと思われた

 

秋田と岩手の県境近くで50年間親しまれてきたドライブイン「仙岩(せんがん)峠の茶屋」(秋田県仙北市)の店主、

新田徹さんが25日、甲状腺がんのため亡くなった。

56歳。治療に専念するため4月に店を休業し、

再開を目指していたが、かなわなかった。

出典:秋田「仙岩峠の茶屋」2代目店主の新田徹さん死去 人気のおでん再開の夢かなわず ドライバーに親しまれ半世紀

 

2016年10月27日の産経新聞が報道した記事です。

 

昭和41年創業で50年の歴史に幕が降りたかのように

思われました。

 

しかし、仙岩峠の茶屋という会社は廃業せずに

前向きに再開、開店オープンすることが報道されています。

 

仙岩峠の茶屋 再開店と報道される

 

財務を担当していた佐藤益久さん(50)が代表取締役に

就任して、元従業員と

 

多くの人に愛された味を再現し、

2017/3/1に開店予定です。

 

仙岩峠の茶屋の名物おでんもいいけど、崖からの眺望が素晴らしい

 

峠の茶屋の多くのメニューが有る中で、

甘口のおでんや山菜そば、いぶりがっこは

名物の看板商品で通販もされるほどに

人気がありました。

 

ただ、もっといいのは、峠の茶屋が立地する

場所が崖の法面に立地していて、

駐車場や店内からの眺望が絶景であることも

楽しみの一つです。

 

 

店内からは新幹線が通過していく風景も

時間によっては楽しむことができます。

 

電車好きにもなかなかの場所なのです。

 

 

そして、秋になると赤や黄色に染まる紅葉の絶景も

素晴らしい場所でもあります。

 

 

鳴子峡 鉄道

宮城県の鳴子峡も電車が見えることで知られる

屈指の紅葉の名所ですけれども、

 

仙岩峠の茶屋からは秋田新幹線こまちの

雄壮がみられるわけです。

 

大人も子供も一緒に楽しめる場所として

おすすめですね。

 

周辺の観光地から仙岩峠の茶屋へのアクセスがいい

 

正直言って、仙岩峠の茶屋におでんや「いぶりがっこ」を食べに行くだけなら

遠方からわざわざドライブに行かずに、

通販の購入で済ませられます。

 

いぶりがっこや名物おでんもいいのですけれども、

峠の茶屋から見える風景があるから楽しい気分になれます。

 

また、仙岩峠から秋田県内なら、田沢湖からもすぐにアクセスができます。

 

 

また、岩手の雫石までもすぐにアクセスができる場所です。

雫石スキー場は岩手のスキー場ですが、

東北ではかなり有名なスキー場です。

 

春のGWや夏休み、秋の紅葉で一番人気は、八幡平国立公園でしょう。

 

 

いい休憩場所があると、その周辺へ観光に行ってみようと

前向きな気持になれます。

 

仙岩峠の茶屋の見事な復活を

期待したいですね。

 

仙岩峠の茶屋へのアクセス

住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字近藤沢13-1

URL:http://www.1000-rock.net/

Facebook:https://ja-jp.facebook.com/tougenochaya/

標高:(仙岩峠の標高は895m)

営業時間:8:45〜17:30

電話:0187-43-1803

 

 

冬場はスタッドレスタイヤは必須です。

注意してアクセスしましょう。

 

標高が高いので夏でも涼しい場所です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ