前立腺がんの発症率が男性は1位に!都道府県別ワーストランキングの原因は動物性脂肪?



国立がんセンターは2016年がんと診断さえる人の

数の予想が初の100万人超えになっると予測しています。

 

部位別の発症率では、

男性が

  1. 前立腺
  2. 大腸
  3. 肝臓

という順番です。

 

女性の場合は、

  1. 乳房
  2. 大腸
  3. 子宮

の順番で多くなると推測されています。

 

男性の前立腺がんは急増していて、本来は

欧米に多いがんなのですが、

 

動物性脂肪を多くとる、

食生活の欧米化で日本でも急増しています。

 

日本の中でも特に注意するべき地域を

都道府県別ワーストランキングとして、

見ていきます。

 

該当する地域の人は食事などの原因になる

ライフスタイルを見直していきましょう。

 

 

2016年がんと診断される人が初めて100万人突破!男性は前立腺がんが部位別でトップに!

 2016年に新たにがんと診断される患者数は101万200人に上るとする予測を15日、

国立がん研究センターが発表した。

 年間の新規患者数の予測が100万人を超えるのは初めて。

新たな患者数は統計を取り始めた1975年から増え続けており、約40年で5倍になった。

 同センターによると、新たな患者数は、男性57万6100人、女性43万4100人。

15年の予測より男女合計で2万8100人増えた。高齢者人口の増加や、

診断精度が向上して小さながんが見つかるようになったことが原因という。

 部位別では、大腸、胃、肺のがん患者数が13万~14万人で上位。

男女別では、男性が〈1〉前立腺〈2〉胃〈3〉肺〈4〉大腸〈5〉肝臓――の順で、

女性が〈1〉乳房〈2〉大腸〈3〉肺〈4〉胃〈5〉子宮――の順で多かった。

大腸がんや前立腺がんなどは高齢化に伴って増え続けているが、

胃がんや肝臓がんは、原因となるピロリ菌や肝炎ウイルスの感染者が

減っていることで減少傾向にあるという。 

出典:今年のがん新患者、初の100万人超を予測…男性は前立腺、女性は乳房が最多

 

男性は特に、前立腺がんが急増していることが

推測からも理解できます。

 

高齢化で増えるのは理解できますが、

原因には欧米化する食生活にもありました。

 

前立腺がん急増の原因は食生活の欧米化?

前立腺がんの原因には、

 

  1. 食事(乳製品が増えてきた欧米化した食生活)
  2. 遺伝(XMRV遺伝子 など)
  3. 感染
  4. 年齢(60歳以降に増えて、70歳代でピークに)
  5. 前立腺への刺激(自転車、バイク、乗馬などでの刺激)

などが考えられています。

 

遺伝や感染を除けば予防できるようなものなので、

日常生活を見直すことが大切です。

 

前立腺がん都道府県別ワーストランキング!食生活に注意するべき地域は?

日本人に前立腺がんが急増している原因がわかったところで、

地域差を見ていきます。

 

全国平均を100として、 75歳未満の前立腺がんの発症比率を

各都道府県別にワーストランキングをしてみました。

 

2014年時点でのデータですが、次のようになります。

 

  1. 鹿児島県 140.949
  2.  長野県 126.74
  3.  青森県  121.035
  4.  山口県  120.05
  5. 岩手県  119.129
  6. 福島県  117.49
  7. 埼玉県  117.084
  8.  長崎県 116.581
  9. 山形県 113.524
  10.  福井県113.109
  11. 東京都112.513
  12. 和歌山110.814
  13.  熊本県  108.965
  14. 宮城県 105.861
  15.  北海道  105.473

出典:がんデータベース

全国平均が100で標準化比が105%以上の県を列挙すると、

以上の15都道府県がワーストランキングとして

ランキングされました。

 

食生活なのか、自転車好きなのか、人それぞれの原因は

考えられますが、

 

地域差がありそうですから、生活スタイルを

見直してみましょう。

 

傾向としては首都圏の埼玉、東京が入っているのは、

他県よりも自転車を利用する機会は多いでしょうし、

 

食事も欧米化しているかもしれません。

 

前立腺がんと動物性脂肪の摂取には相関があった!

前立腺がんが日本で増えた理由というタイトルで、

順天堂大学大学院 泌尿器科医の堀江重郎教授は次のように

コメントしています。

 

 

前立腺は、実はコレステロールを体の中で

もっとも必要としている臓器です。

大量のコレステロールを取り込んでいるうちに

発がんの引き金が引かれると考えられています。

前立腺と乳腺はそれぞれ男性ホルモン、女性ホルモンにより

成長する面で似ている臓器です。

実はどちらも動物性脂肪の摂取がリスクを高めることがわかっています。

 

例えば牛乳には動物性脂肪が多く含まれていますが、

国別の牛乳消費量は乳がん、前立腺がんの頻度とよい相関関係があることが

Jane Plantというイギリスの科学者が見出しています。

前立腺は、実はコレステロールを体の中でもっとも必要としている臓器です。

大量のコレステロールを取り込んでいるうちに発がんの引き金が引かれると考えられています。

出典:前立腺がんが日本で増えた理由

 

牛乳がよくない、乳製品がよくないというよりも、

成分としての動物性脂肪が女性の乳がん、男性の前立腺がんのリスクを

高めているということです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析