平鹿病院 肺がん治療の評判はひどいって本当?秋田県民は食材で予防を



秋田県横手市付近をドライブする機会があって、

田園風景が綺麗だと思いながら走っていると、

巨大なマンションのような建物が遠くに見えました。

 

横手駅前には分譲マンションが1つだけありますけれども、

駅からは離れた場所にあった大きなビルは、

平鹿病院という横手市内では最も大きな病院であることがわかりました。

 

平鹿病院という名前は、知り合いが通院したことがあって、

最近になって初めて知りました。

 

秋田県外に住んでいると、平鹿病院と聞いても、

なにそれって感じです。

 

立派な建物に見合う医療技術があるのか、

評判も気になるところですが、

ネット上にはひどいというコメントがあったりも

しました。

 

特にがん治療についてはまだ治療法が確立されていないので、

がんについては、日々の食材を見直して、

予防することも大切になってきます。

 

 

平鹿病院がひどいとツイッターで

結論を行ってしまえば、平鹿病院がひどいと感じた人もいたのは事実ですし、

平鹿病院はひどくないし、むしろいい病院であると感じる人が多数派であるから

今も、多くの患者さんが頼りにしているのだと思います。

 

どんな名医でも末期がんの肺癌患者を100%救うことは出来ないのが

いまの医療レベルです。

 

ただ、名医と呼ばれる医師は平均的な医師にかかるより、

助かる可能性を高めることができているのも事実です。

 

平鹿病院だけじゃない!肺がんについては見落としのリスクが高い口コミ!

平鹿病院で末期の肺がんについてベストな治療を受けられず、

大切な家族を亡くしてしまうと、

 

「ひどい」という評価をしたくなる家族の気持ちは

よくわかります。

 

実際に、私の知り合いも平鹿病院に通院して、

止まらない咳について風邪だと診断され、

転院して、肺がんであることがわかった人がいます。

 

私も、痰が絡んで咳が出るので、近くの大きめの病院(平鹿病院ではない)

に通院してみました。

 

医師は念のためにレントゲンをとってみましょうと

提案してくれたところまでは「さすが」と思ったりしました。

 

医師の診断によると、

 

「レントゲンで確認できるレベルでは異常なしです。ただし、

もっと小さい腫瘍があった場合はレントゲンでは

確認できません。」

と最後に、逃げ口上が付け加えられました。

 

だったら、レントゲンなんてとるなよって

いいたかったですね。

 

つまり、平鹿病院だけではなく、他の地域にある

病院でも肺がんであることが見落とされてしまうことが

十分にありえると感じます。

 

たかが咳が止まらない程度の症状について、

肺がんを疑うとういのは医師にとっても

盲点なのではないでしょうか?

 

参考記事⇒肺転移したがんで咳が止まらない小林麻央さん、漢方薬で治る?

 

大都市圏と違って、秋田県では、平鹿病院以上の

医療施設をもっているような病院は少ないでしょうし、

他院で、セカンドオピニオンを受けたいと言っても

実力のある病院なり医師が少ないのが現実です。

 

結局、なにかあったら平鹿病院へという地域に住んでいる人達は、

医療機関に頼らずに、

自分でガンから守る必要があります。

 

病院にかからないために秋田の食材でがん予防を!

秋田県は医療機関には大都市圏のように恵まれていないかもしれませんけれども、

きれいな空気、鳥のさえずりが聞こえる自然環境があります。

 

いい病院で病気を治すという発想をやめて、

いい食材を使ってがん予防をすることの方が

 

田舎に住んでいるという

地の利を活かした方法になります。

 

暴飲暴食が原因で末期の前立腺がんと診断された

フランス料理のシェフの妻(神尾真木子さん)の著書

 

がんで余命ゼロと言われた夫の命を延ばす台所 14年も生きた奇跡の料理レシピ

では、

 

 

「いきているのが不思議なくらいだ」とも医師に言われ、

余命ゼロ宣告されながらも、

 

食のプロとして自ら食べるものを変えることで、

14年も生きながらえた方法論が紹介されています。

 

末期がんの場合は、医療機関で最良であると考えられる

抗癌剤治療などの選択がされても、

1月か2月しか延命できないという現実があったりします。

 

秋田でとれた信頼できるお米を玄米で食べたり、

がんによいと言われる

ヒロッコなど、

秋田にはいい食材が豊富にあります。

 

東京では買えない良質な食材を地元で手に入れられる機会があるので、

良質な食材でがん予防をするべきでしょう。

 

結局、平鹿病院の評判ってどう?

知り合いは、平鹿病院で肺がんが見落とされてしまったわけですが、

たったそれ1つのことで平鹿病院がダメとは言えません。

 

私が通院した他の病院でも似たり寄ったりの

診察レベルです。

 

今の医療レベルでは風邪や咳といった簡単な症状ですら

治せないのが現実です。

 

ましてや、肺がんを治せというのは相当に医療レベルが

進歩しないと無理です。

 

参考記事⇒森喜朗元首相は肺がんを抗がん剤オプジーボで克服か?1回200万円する?

 

 

治療困難な病気を治せなかったからという理由で

平鹿病院がひどいと評価するわけにはいかないでしょう。

 

これからも地域の人達を助け続ける

素晴らしい病院でありつづけてほしいものです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ