小倉智昭氏 血尿で膀胱がん早期発見!糖尿病を治すことが再発予防に!




小倉智昭氏は番組放送中に膀胱がんが見つかり、

手術を行うことを発表し、1週間で退院できました。

 

転移もない膀胱がんで、僅かな血尿を自分自身で発見できたことで、

検査を受け早期発見につながりました。

 

小倉氏は番組で糖尿病だったので、腎臓については

心配していたが膀胱がんだったということで、

 

腎臓がんではないことには安どしている

感想を述べていました。

 

小倉智昭さんは早期発見ながら医師からは再発が多い

と脅されたようで、今後、がんの再発予防をいかにしていくか、

健康管理が非常に大切になってきます。

 

 

小倉智昭氏に学ぶ、膀胱がんには血尿がある!早期発見のチャンスを見逃さないように

小倉智昭氏も膀胱がんになるなど予想はしていなかったでしょうが、

血尿には注意深く対処した点は素晴らしいです。

 

もしも、血尿を見逃して、膀胱がんが進行して各臓器へ転移してしまえば、

余命宣告も受けていたかもしれないからです。

 

早期発見できて転移もないことがわかり、

膀胱がんを手術で除去できた点で、

 

5年生存率はかなり高いはずです。

 

それどころか、再発さえしなければ、

長寿を全うできるでしょう。

 

血尿を膀胱がんの初期段階で発見できた点は

小倉智昭氏にとって不幸中の幸いです。

 

膀胱がんは染色工場で長年働く人達にも多く発症しているのですが、

初発症状は,全 例 とも無症候性血尿であ った.

出典:愛知県における染色業者にみられた9例の膀胱癌

 

といった京都大学の研究データにもあるように、

小倉智昭さんだけではなく、多くの症例で、

痛みがない血尿がある点に注意を要することがわかります。

 

染料などの化学物質が原因の膀胱がんについては

⇒膀胱がんの発症原因はオルト-トルイジンだけではない!

をご参照ください。

 

小倉智昭氏は糖尿病であったために膀胱がん発症の危険性が高まっていた!

膀胱がんの原因になるものは特定の化学物質などを

除いて、明確にはされていません。

 

しかし、糖尿病を発症していると、がんを発症する危険性は20%以上

高まると言われています。

 

しかも、糖尿病治療薬によっては副作用として

膀胱がんを発症する例もあります。

糖尿病治療薬であるピオグリタゾンは、2年以上の使用で男性の膀胱がん発症リスクが

約1.4倍に増加するとの報告を受け、2011年6月、厚生労働省は、欧米同様、

同薬剤の膀胱がん治療中の使用を控えること、血尿の定期的検査を行うこと、

膀胱がんのリスクを患者さんに説明することとの注意の改訂を行っています。

出典:糖尿病とがん・糖尿病治療とがんの関係

 

小倉智昭さんが、どんな糖尿病治療薬を服用していたかは

不明ですが、糖尿病であることだけではなく、

 

薬の副作用も大きい点で、糖尿病治療薬の副作用を

予防する為に工夫が必要です。

 

具体的には糖尿病治療薬の新薬を減らすために

漢方薬を服用するなどの手段もあるでしょう。

 

小倉智昭氏は膀胱がんの再発リスクを予防する為にも糖尿病を「漢方的食事療法」でダイエットを!

小倉智昭氏は膀胱がん手術後から1か月間、

禁酒、禁辛、禁ゴルフを医師から命じられているようです。

 

禁酒は糖尿病治療の為にも必要ですし、

身長173cmに対して、体重75㎏と公表されていますので、

BMI25%越えですから、

肥満体を解消する必要もあるでしょう。

岡部哲郎先生は著書「奇跡の漢方的食事療法」

のサブタイトルにあるように、

「好きなものは食べない、

欲しいものを食べる」

 

という意識が必要でしょう。

 

小倉さんのように、膀胱がんを手術で取り除いても、

がんを発症させる基になる食生活を改めなければ

 

再発リスクが高いままになるからです。

 

癌細胞は甘いものが好きですから、

アルコールのような糖分は1か月ではなく、

 

禁酒するような気持ちが必要です。

 

漢方薬は糖尿病にも効果を発揮して新薬の服用を減らせるメリットの他に、

大腸がんでステージ4と診断された鳥越俊太郎さんのように

 

大腸がんの名医がいる虎の門病院に通院しながら、

併せて、漢方薬も別の病院で処方を受けています。

 

⇒鳥越俊太郎 がんを克服できた虎の門病院と免疫力アップ法についてはこちら!

 

小倉智昭氏は膀胱がんを初期ステージで発見できた

幸運があるのですから、

 

持病の糖尿病を漢方薬で改善する努力と、

漢方的な食事療法でダイエットに取り組むことが

再発予防になるでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析