田舎への移住は医療機関や専門医の少なさが弱点!



人生の楽園では福岡県みやこ町犀川崎山へ移住して

「工房あふひなた」を開業しているご夫婦が紹介されます。

 

移住先のみやこ町にある古民家は奥様のご実家で、

奥様の田舎へ移住するきっかけになったのは

 

奥様のお父様がすい臓がんで突然死されたことが

きっかけになっています。

 

一度きりの人生を悔いのないようにという

思いから電子部品メーカーを早期退職して

田舎暮らしをスタートしました。

 

田舎暮らしをしながら自分のやりたかった

工房を開業する夢を地方への移住で実現できる点は

素晴らしいことです。

 

折角、都市部よりも環境のいい田舎での移住生活を

結果的に失敗だったということにならないためには

 

地方ならではの医療機関専門医が少ないという弱点を

認識しておく必要はあります。

 

 

「工房あふひなた」店主は妻の父がすい臓がんで亡くなったことで田舎への移住を決意

1年間もかけてギターを制作したり、家具やその他の木工製品を

制作する教室を開いたり、

 

「工房あふひなた」を開業することで

サラリーマン人生を終わらせて

 

好きなことをして生きてみたい!・・・・

 

福岡県みやこ町へ移住して「工房あふひなた」を開業している

ご夫婦はとても満足した生活であると思います。

 

「工房あふひなた」がある古民家は奥様のご実家であることも、

奥様からの賛同を得られやすいですし、

 

夫婦円満のいい選択肢であると言えます。

 

長年勤務してきた電子部品メーカーを55歳で早期退職して、

田舎暮らしを決断したのは、

 

「工房あふひなた」店主の奥さまのお父様(義父)が

すい臓がんで突然死をしてしまったことによります。

 

身内の死を身近で感じるような年齢になると

自分自身の人生にもタイムリミットがあることに

気が付きます。

 

ただし、田舎暮らしに憧れて、

地方移住を決断するときに注意するべき点が

義父のすい臓がんでの突然死に表れています。

 

参考記事⇒すい臓がん 早期発見が血液検査で可能に!検査キットで数値的に判断!

 

田舎への移住が失敗にならないために医療機関や高度な医療情報不足があることを理解しておく!

福岡県に関して言えば、すい臓がんが死因で亡くなる方の

死亡率は特別高いとは言えません。

 

すい臓がんが死因で亡くなる方の多いのは

  1. 青森県
  2. 北海道
  3. 和歌山県
  4. 富山県
  5. 秋田県

などの県が上位です。

 

福岡県で見るとワーストランキングでは22位です。

 

県全体で平均してしまうと地域的な差が分かりづらくなります。

 

そもそも、すい臓がんは何が原因なのか、

すい臓がんのリスク要因は何か

に関して明確な答えはない状況です。

 

また、すい臓がんが最も早期発見が難しい病気で、

早期発見をするには医師の知識量や経験値、

病院での設備態勢なども大きく影響します。

 

すい臓がんであることが分かった段階では周辺臓器への

転移が進行してしまい末期がんになっている人が

大抵であることからわかる現実があります。

 

もしも早期にすい臓がんを発見できるとすれば、

すい臓がんの症状などを熟知している医師がいたり

 

設備が完備しているような病院が住んでいる地域に

あることが大切になります。

 

もしも、すい臓がんのような早期発見が難しい病気のリスクを

軽減するには田舎と都会とどちらが有利でしょうか?

 

設備の面でも、医師の経験値の面でも東京や大阪、福岡県でも

福岡市など都市部で生活する方が田舎暮らしをする人よりも

 

すい臓がんなどの難病を

克服するには圧倒的に有利です。

 

つまり、田舎暮らしをする為に移住したことが結果的に

失敗にならない為の1つの注意点が

 

都市部の病院へもアクセスできる体制をとっておくという

点です。

 

田舎にあるクリニックや医院ではMRIやCTすらなくて

当たり前の状況があります。

 

田舎のクリニックの設備不足の為に

すい臓がんの早期発見ができずに

 

発見できた時は末期で突然死してしまった

という悲しみを経験したくはありません。

 

田舎への移住を失敗させないための注意点は?

福岡県みやこ町へ移住して場合を例にとって、

九州大学医学部の病院までのアクセスを

確認しておきましょう。

車での移動で1時間10分程度です。

 

みやこ町から福岡市までの距離であれば

田舎暮らしを始めるのに

 

移住をしても万が一の時には

大学病院までもアクセス不能ではありません。

 

みやこ町のように田舎でも都市部へのアクセスが

良さそうな田舎は移住先としても恵まれた場所と言える方でしょう。

 

田舎暮らしにはきれいな水、空気、美味しい食べ物など

健康にはよいことばかりに思われます。

 

一方で、パーフェクトと思われる食生活をしている人が

田舎で暮らしていながらもすい臓がんを早期発見できず

 

発見後に1~2か月後に急死している実情もあります。

 

都会で暮らしていてもすい臓がんを早期発見できる確率は

低いのですが、

 

田舎へ移住してしまうと余計に早期発見が難しくなることは

事実として理解しておきましょう。

 

結果的に田舎への移住が失敗だったと後悔したいためにも。

 

田舎暮らしのメリットは健康的な生活ができることですけれども、

医療機関が充実している都市部へのアクセスが良さそうな

地域を選ぶのも1つの考え方になるでしょう。

 

「家族で地方移住、はじめました。」でも田舎暮らしで専門医が近くにいない医療難民ぶりも開示。

家族で地方移住、はじめました。という本が出版されています。

どちらかというと、田舎へ移住して生き生きとした人生を

楽しんでいる14組の人達の実際の話しが、

記載されています。

 

結果的には皆さん、満足し暮らしてはいるものの

専門医の少なさや、産婦人科や夜間診療をしている

小児科にかかりたいときに車で1時間もかかるような

場所に暮らしていることも明らかにされています。

 

医者が少ない場所で暮らすために、

緊急のときに困ることがある反面で、

 

日常生活が充実していることで結果オーライ

と考えられるかが田舎暮らしに満足できるかどうかの

分かれ目です。

 

田舎暮らしに憧れる人にとって、

  • 地方で、店を出すのか、
  • 企業するのか
  • ものづくりをするのか
  • 農林水産業をするのか
  • 普通に就職するのか

 

ケースごとに移住した人たちの

新しい働き方が書いている本として

参考になります。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析