はんにゃ川島章良が喫煙やめたのは腎臓がんが原因?乳製品も発癌リスクが高い!




はんにゃの川島章良さん(1982/1/20生まれ)が、「しくじり先生 俺みたいになるな!」に出演して、

2014年11月に腎臓がんが健康診断受診によってみつかっていたことを

告白しました。

 

当時まだ32歳で結婚前ということもあって衝撃的だったと思います。

 

はんにゃ川島さんは健康なうちにがん保険に加入するように

訴えてくれました。

 

「はんにゃ」のふたりは既に禁煙をしていますが、

 

腎臓がんの発症リスクになる危険因子には

喫煙以外には乳製品がありました。

 

 

はんにゃ川島章良は腎臓がんがきっかけで喫煙をやめたのか?

テレビ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!」で腎臓ガンであったことを

告白する前から、はんにゃの二人は、

2014年に禁煙をしたことが分かってます。

 

2014年ははんにゃ川島さんが腎臓がんが見つかった時期に重なるので、

 

腎臓がんが見つかったことで「はんにゃ」二人して

タバコを辞める経緯になった可能性があるでしょう。

 

はんにゃ川島が抱えていた、腎臓がんを発症する原因になる危険因子とは?

腎臓がんを発癌する危険因子として考えれれているのは、

  1. 肥満
  2. 高血圧
  3. 喫煙
  4. 乳製品を過剰にとること
  5. 肉を過剰に食べること

などが報告されています。

 

乳製品や肉についてはまだ決定的な相関性は

タバコほどにはないといわれています。

 

ただし、乳製品や肉についての発がん性との関連を

医師が個人的な推測として持っている点には注目すべきです。

 

はんにゃ川島さんには確かに喫煙してきた年月がありますから

腎臓がんだけではないでしょうけれども

発がんリスクを背負っていたことになります。

 

また川島さんにあてはまるのは肥満です。

身長168cmにたいして、体重78㎏は

BMIが27を超えて、基準になる25を超えた肥満と呼ばれる水準です。

 

腎臓がんの発症率が高いのは北海道で乳製品の取りすぎには注意

腎臓がんだけではなく膀胱がんにも言えることの様ですが、

乳製品の取りすぎは発がんリスクを高めているのではないかと推測されています。

 

乳製品の何が悪いかなどはわかりません。

 

ヨーグルトは腸内環境を良くしたり、

牛乳にはカルシュームが多く含まれていたりなど

いい点もあるのは間違いないです。

 

その反面、牛乳1本でベーコン5枚分の脂肪を摂取していることになるなど

脂肪分が多いのは問題です。

 

腎臓がん、膀胱がんの専門家も油ものを控えるような

食生活をしているといいますから、

 

乳製品だけではなく、ギトギトの油が多い肉類なども

同じような危険因子なのでしょう。

 

坂本龍一氏は発がん後再発予防の為に乳製品は控えてベジタリアンになっています。

 

腎臓がんは患者数が少ないけれども急増しているので注意!川島章良の腎臓摘出は他人事ではない

腎臓がんの患者数は、乳がん、大腸がんなどと比較すると

発症する人が少ないのが現状で、

 

人口10万人あたり15人の発症確率です。

ところが、1985年の3000人の腎臓がん患者が

2005年には9500人になって20年で3倍になっています。

 

このことはアメリカでも起こっていて、

アメリカで起こることが日本でも起きているという事実です。

 

食の欧米化が進んでいることとの関連は高そうです。

 

川島章良さんが伝えてくれたようにがん保険に加入する必要が

20年前よりも3倍増えているとも言えます。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析