和田アキ子の便秘の原因は禁煙や禁酒が必要だったライフスタイルにある



和田アキ子さんは50年来、深刻な便秘に悩まされていることを

告白しています。

 

女性の約半数は便秘ではないかと言われているので

和田アキ子さんの便秘は他人事ではありません。

 

和田さんの便秘になる原因はこれまで

禁煙禁酒をしてきた過去のライフスタイルを反面教師にして

便秘を改善する方法についてみていきます。

 

 

和田アキ子は便秘になりやすいタバコや酒の飲みすぎ夜更かしをするライフスタイルがあった

和田アキ子さんは長年便秘に苦しんでいるのは偶然ではなく

便秘になるべくしてなった生活習慣がありました。

 

過去にはタバコの吸いすぎやお酒の飲みすぎ、

徹夜でのマージャンなど夜更かしや夜食を食べながらの

不規則な生活をしてきた時期があります。

 

お酒の飲みすぎる人は肝臓に負担をかけ、

便秘や痔にもなりやすすいです。

 

和田アキ子さんが最近便秘になったのではなく

ここ50年も便秘に悩まされているというライフスタイルが

そもそもの原因にあります。

 

和田アキ子は禁煙と禁酒を本当にできたのか?アルコールが便秘になる理由とは?

酒やタバコは血行が悪くなる原因になります。

血流がわるくなることで排泄がスムーズに行われなくなってしまいます。

 

体内の血の巡りがよければ、排泄の循環にも

いい影響を与えてくれます。

 

和田アキ子の様にお酒の飲みすぎが便秘になるのはなぜ?

便秘ではない人の便はしっかりとした形状で

立派なものが出ています。

 

便秘の人は便が硬くてなかなか出てきません。

 

便の材料は

  1. 水分(約70%)
  2. 食べかす
  3. 腸内細菌の残骸
  4. 古くなった腸の粘膜

から出来ています。

 

本来は70%以上あるはずの水分が便の中に少なくなると

硬い便になります。

 

硬い便は出ずらいので和田さんのように便秘になります。

 

特に、よくお酒を飲む人はアルコールを消化吸収するために

腸内で水分を多く吸収することになるので、

 

便に含まれるはずの水分が70%を切る

状況になってしまいがちです。

 

和田アキ子さんが大酒のみだったことは

今は反省しているようですが、

 

アルコールの取りすぎは便秘になりやすい

状況を作りだしていました。

 

1日に水分を1.5リットル以上はとる必要があるのですが、

アルコールの取りすぎは逆効果です。

 

和田アキ子は夜更かしや夜食も便秘の原因になっていた

今でこそ禁煙や禁酒などをしているようですが、

過去には徹夜でマージャンをするようなライフスタイルがありました。

 

マージャンをしているときはタバコは必須ですし、

お酒や夜食も必要です。

夢中になって夜更かししてマージャンを打ちます。

 

夜更かしと夜食で胃腸が休めないのが便秘の原因になる

和田アキ子さんは怪獣のような強靭な肉体を持っていたとしても

胃腸が夜に体や脳を休ませるのと同じように

休みがないと胃腸の働きが悪くなります。

 

胃、小腸、大腸の動きが活発でないことで

便を排泄する力が弱まり、

便が大腸にとどまるようになってしまいます。

 

大腸の動きを活発にさせる為にも夜更かしなどの

不規則な生活を辞めることが前提です。

 

夜食を食べると、睡眠時間も胃腸が働く必要があるので

疲れてしまいます。

 

結果的に1日の胃腸の動きが活発にならずに

便秘になってしまいます。

 

便秘薬は腸内環境によくない

便秘をする人で漢方薬を服用しているならいいと思うのですが、

漢方ではない市販薬を服用することは

腸内環境を悪化させています。

 

できれば服用は中止して便秘を改善する

ライフスタイルと食生活が大切です。

 

便秘を治した松本明子の腸活法についてはこちらをご覧ください。

 

和田アキ子が腸活をして便秘を解消する方法とは?

以上、まとめると、和田アキ子さんが便秘を解消するための

大前提が見えてきます。

 

  • 夜更かしをしない
  • 夜食は食べない
  • 禁煙と禁酒を継続する
  • 水分をたっぷりととる(1日1.5リットル以上)
  • 朝は胃が空っぽの状況をつくり夜、胃腸を休ませる

便秘を解消するために腸活の体操をすることも

大切ですし、

朝起きた時に冷水を一気に飲むといったことも

効いてきます。

 

小林暁子先生が診断した和田アキ子の便秘の症状は弛緩性便秘!

小林暁子先生は、テレビや本で有名な小林弘幸教授の奥様です。

腸内環境を重視する本を書いているあたりは、

小林弘幸教授と非常に似たスタンスです。

 

「その原因X、にあり!」に出演した和田アキ子さんの便秘解消プロジェクトでは、

小林暁子先生は、腸が便を押し出す「ぜん動運動」が

にぶい弛緩性便秘であると

診断をしています。

 

番組では、ぜん動運動を活発にするという意味で、

腸活ストレッチが紹介されました。

 

便秘解消には腸活ストレッチだけではなく、

水溶性食物繊維を豊富に取ることなどして、

腸内環境を改善する方法が大切です。

 

 

 

小林弘幸先生の著書

2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット 腸内環境を整えながら健康的にやせる!

 

で紹介されている「もち麦ご飯」を食べるようにすると、

腸内の善玉菌を育てることにつながって、

便秘が解消されていきます。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ