鹿島神宮は歯科大学合格祈願のご利益が?鹿に縁起を担ぐ!




茨城県鹿嶋市にある鹿島神宮は紀元前660年からある

歴史のある神社です。

 

全国の神社の中でも初詣は上位20番以内に入る参拝者があります。

 

鹿嶋市にある鹿島神宮が歯学部や歯科大学受験をする方は

合格祈願ご利益がありそうなので、

 

歯学部受験の方は是非参拝やお守りをゲットしたいものです。

 

 

鹿島神宮にいる鹿は神の使い!歯科系大学受験の合格祈願にご利益がありそう。

鹿園
境内には鹿園があり、神使(神の使い)の30数頭の日本鹿が飼育されている。

『古事記』によると、天照大神の命をタケミカヅチに伝えたのは天迦久神(あめのかくのかみ)とされる。

この「カク」は「鹿児(かこ)」すなわち鹿に由来する神とされることに基づき、神宮では鹿を使いとするという。

また、神宮の社名が「香島」から「鹿島」に変化したことについても、神使の鹿に由来するといわれる。

春日大社の創建に際しては、神護景雲元年(767年)に白い神鹿の背に分霊を乗せ多くの鹿を引き連れて出発し、

1年かけて奈良まで行ったと伝えられており、奈良の鹿も鹿島神宮の発祥とされている。

この鹿島立の様子は、春日曼荼羅の「鹿島立神影図」でも知られる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E5%AE%AE

 

鹿島神宮には鹿園があって、鹿が飼育されています。

そして、鹿島神宮では鹿は神の使いと言われています。

 

鹿で思い出すのは奈良ですが、なんと鹿島神宮が

発祥だったわけです。

 

鹿島神宮のご利益が歯学部受験にご利益がありそうなのは、

 

鹿(シカ)→歯科(シカ)と読み方が同じなので、

縁起を担ぐ意味では、ご利益がありそうです。

 

都心からのアクセスも車で100キロくらいの走行で到着しますので、

関東周辺地区で歯学部受験をされる方は、

 

鹿島神宮に参拝して合格祈願お守りを取得して縁起を担ぎましょう。

 

地図もご参照ください。

 

 

ノーベル賞受賞した大村智教授にあやかる学業成就のイベルメクチンお守りについてはこちら!

 

また、歯学部を卒業した後に、歯科医院を経営するときにも

商売繁盛の祈願をするのもご利益がありそうです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析