唐田えりか 滑舌がよくないが、書道は得意で準特待生!



2015年12月4日に放送される、

日テレ系「沸騰ワード10」では

 

「師走の旅行&回転寿司業界スペシャル」と題して

 知られざる日本の秘境「ハミャ島」などが

紹介されます。

 

ゲストにはソニー損保のCMに出演している

唐田えりかさん(18歳)が

出演します。

 

どうも、ソニー損保のCMを見ていると、

滑舌がよくない、

 

話し方がたどたどしい印象があります。

 

 

その意味で、バナナマンがMCを務める

バラエティーで唐田さんがどんなリアクションができるのか

見ものです。

 

滑舌はよくなくても、唐田えりかさんには、書道という特技があって、

その腕前が凄いんです。

 

唐田さんが書道で達成した準特待生というレベルを

ご紹介します。

 

 

唐田えりかは滑舌がよくないが、書道は準特待生だった!

 

唐田さんは、ソニー損保のCM収録でも、

抑揚のない話し方になってしまうと、

 

反省していたように、

滑舌についても改善するように、

日々、発声練習をしているようですね。

 

 

練習することについてはきっと

こつこつと頑張れるタイプ

 

なのではないか

と思います。

 

というのも、

唐田えりかさんは、千葉県出身で

小学校から中学校にかけて、

書道をしていたんですね。

 

 

それも、かなりの腕前のようなんです。

 

書道にも級とか、段とがかあって、

所属する会派などで呼び方は違うのですが、

 

 

唐田さんはなんと、中学時代で、

準特待生というレベルに到達しています。

 

書道の階級は

 

10級→9級・・・2級→1級準特級→特級

と進んでいき、

 

この上は段になります。

 

準初段→初段→準2段→2段→準3段→3段→

準4段→4段→・・・→準10段→10段

 

という具合に、10段まであります。

 

更に、この上のレベルがあって

 

 

準優秀生→優秀生候補→優秀生→準模範生→模範生候補→模範生

という風に、模範生があり、

更にその先に、

 

準特待生→特待生候補→特待生

 

模範生より上が、「特待生」という名前が付く、

最高レベルの書道のレベルがありました。

 

 

つまり、最高のレベルが特待生なのですが、

その2つ手前が

準特待生ですから、

 

唐田えりかさんの書道の腕前は、

はんぱないことがわかりますよね。

 

ちなみに、唐田さんは取材に応じた時には、

特待生の1つ手前だと話していますから、

 

唐田さんの所属していた書道の教室では、

特待生候補というのはないのでしょう。

 

 

唐田えりかさんの家族はみな

書道が上手だっていうことですから、

 

書道家としても活躍できるのでは

ないかと思いますよ。

 

唐田えりかさんがどこか

古風な雰囲気をもっている理由も

わかる気がします。

 

モデルを志しているのですが、

着物を着ると似合うかもしれません。

 

千葉県出身の唐田えりかプロフィール

 

唐田 えりか(からた えりか、1997年9月19日 – )は、日本の女優。千葉県出身。
血液型・A型。身長167cm
三姉妹の末っ子
趣味は音楽鑑賞。特技は書道。
好きな食べ物はみそラーメン。苦手な食べ物はニンジン。
好きなスポーツはバドミントン。
憧れる女優は、榮倉奈々、二階堂ふみ
毎日発声練習をしている。
好きな言葉は「やれなかった、やらなかった、どっちかな」(相田みつを)。
好きなクルマは、丸っこいクルマ。免許を取ったら海に行きたい、と語る。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E7%94%B0%E3%81%88%E3%82%8A%E3%81%8B

 

ウィキペディアにも、特技は書道とありました。

ただし、準特待生のレベルだとは

驚きです。

唐田えりかさんをかわいくないという人もいますが、鼻と顎に特徴についての記事はこちら!

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析