大村智氏はなぜ微生物を発見しノーベル賞受賞できたのか?理由はスキーで鍛えた体力と妻や家族の支え?



 2015年ノーベル医学生理学賞

輝いた大村智さんは、

 

山梨県韮崎市神山町の

農家に生まれました。

 

大村智さんの出身大学は

地元の山梨大学です。

 

これまで自然科学系の

日本人ノーベル賞受賞者の

出身大学別の人数は

 

  • 京都大学 6
  • 東京大学 4
  • 名古屋大学 3
  • 東京工業大学 1
  • 東北大学 1
  • 北海道大学 1
  • 神戸大学1
  • 徳島大学 1
  • 長崎大学(旧制長崎医科大学附属専門部)1
  • 山梨大学  1
  • 埼玉大学 1

 

となり、圧倒的に

京都大学と東京大学など

 

日本の頭脳が結集するような

知的能力が高い

 

大学からの受賞が

多い傾向があります。

 

山梨大学はレベルが低いということでは

ないのですが、

 

大村さんは弟さんが高校時代まで

勉強をしたのを見たことがない

というように、

 

農業の手伝いや

スキーに明け暮れていました。

 

大変ユニークな経歴を持つ

大村さんがなぜノーベル賞受賞できたのか

その理由を具体的に見ていきたいと思います。

 

なぜスキー国体選手だった大村智さんがノーベル賞受賞?理由は東大生に負けない頭脳それとも体力?

 

ノーベル賞受賞者が多い

東大や京大へ進学するには

 

今の時代であれば

小学校時代から塾に通い、

 

中学受験を経験して

中高一貫校の

 

灘中学高校や

開成・麻布・武蔵・桜蔭

などの名門校に

 

進学するのが

 普通の時代です。

 

地方から東大へ入学するにも

相当な勉強が必要ですし、

 

東大進学後の学習量も

かなり多くなるでしょう。

スキー場

スキー場

 

 

大村さんの場合は、

高校時代まで

勉強らしいこともせず、

 

山梨大学時代も

スキーに熱中し

 

国体の選手にも

なっていました。

 

最もノーベル賞に近い

知的能力が高い

 

と思われる

東大や京大の学生の

 姿とは全く違います。

 

では、なぜ大村さんは、ノーベル賞を受賞

するだけの功績を挙げらえたのでしょうか?

 

大村智さんが発見した微生物の研究には体育会系の体力が必要?

 

恐らく大村智氏と同一世代や

大村さん以降の研究者で

 

大村さんよりも優秀な頭脳を持った人は

山ほどいるでしょう。

 

大村さんが受賞した理由は

微生物の研究成果で

開発した薬が

 

多くの家畜や動物の

寿命を延ばしたり、

 

多くの人間の生命の危機を

救ってきたことが

受賞の理由で

 

貢献度の高さが

ずば抜けていたからです。

 

ただし、大村さんが微生物の研究を

生かして成果を出せた理由は

 

子供のころから

あまり勉強をせず、

 

山梨大学時代はスキーの国体選手

にもなった経歴にある

のではないでしょうか?

 

その理由は、大村さんの研究には

年間2000~4000株の

細菌・微生物を採取する努力と

 

採取した微生物を単一のものとして

分離をして分類し、

 

蓄積した微生物を

日々生かし続けなければ

研究が成り立ちません。

 

 

微生物を分離する作業をしたり、

分離して保管した微生物を利用して

 

研究を継続するには

体力が勝負になります。

 

まさに寝る間も惜しんでの

研究になっていきます。

 

微生物と言う生き物を

扱うために

 

頭で考えるだけの研究

だけではなく、

 

肉体的な体力や持久力が

研究を長年継続するには

必要です。

 

大村さんがノーベル賞受賞を

16年前に亡くなった

 

家族の中でも最初に

心の中で知らせたという理由は

 

体力勝負の大変な研究生活を

支えてくれたからです。

 

「人のまねをしない」というのが

大村さんの研究方針ですが、

 

撲滅したい寄生虫を

ターゲットに決めた後は

 

有効な微生物を発見する努力を

継続することになります。

 

いかに優秀な頭脳を

持っていても

 

体力が続かなければ

できない

 

研究分野であった

と言えます。

 

大村智さんがノーベル賞を受賞できたもう一つの理由は?微生物の可能性を追求したこと?

 

微生物には大変な

可能性があります。

 

大村智さんが活用したのは

放線菌と呼ばれる種類の

微生物です。

 

他にも糸状菌と呼ばれる

微生物もあります。

 

これは微生物が持つ

形状を表して

名付けています。

 

放線菌や糸状菌にはそれぞれ

無数の種類の菌が

存在しています。

 

微生物が動物や人間に

感染する寄生虫撲滅に

効果があることを

 

発見できたのが

大村さんです。

 

ですからノーベル賞受賞を

できた理由は

 

微生物を活用するという

大村さんの発想

にありました。

 

今後も、大村さん同様に、

例えば、ターゲットを寄生虫ではなく

 癌細胞にして、

 

癌細胞を死滅させる効果がある

微生物の発見はできないか?

 

などの仮説を立てて、

検証を進めることで、

 

偶然、癌細胞撲滅に

有効な微生物の発見ができれば、

 

ノーベル賞級の発見となる

のではないでしょうか?

 

微生物発見の功績で大村智氏は韮崎市に美術館を寄贈していた!理由は家族や生まれ育った故郷へ恩返しと貢献!

 

大村さんの類まれなる

努力をする力と体力、気力は

 

故郷の山梨県韮崎市で

培われました。

 

その恩返しとして、大村さんは

建築費や美術品の総額5億円とも言われる

美術館を自費で実家近くに建築し、

 

韮崎市に寄付しました。

 

大村さんが生まれたご実家の

祖父母、ご両親、姉、弟などの兄弟

などの影響を受けながら、

 

才能を発揮してきたのだと思います。

 

大村さんの家族は長年農業を

営みながら、

 

ご近所の人たちのと交流の中で

生活をしてきたことで、

 

家族への感謝だけではなく、

故郷への恩返し

と言う意味を

 

込めて、美術館を

寄贈したのでしょう。

 

素晴らしい家族に恵まれたことも、

ノーベル賞受賞へつながって

いった理由かもしれません。

 

家族思いといえば、

韮崎からすぐ近くの

長野県出身の

 

宇宙飛行士・油井亀美也さんが

現在、宇宙で活躍中です。

 

油井さんのご実家は韮崎市に近いのと、

ご実家が農家であることも

共通しています。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析