「澤穂希の夫」辻上裕章氏は「かかあ天下」 群馬県出身!



澤穂希さん(1978/9/6生まれ)の「人妻宣言」では、

結婚相手については、

名前も、職業も当初は未公開でした。

 

翌日には、元JリーガーでJ1仙台強化・育成部の

辻上裕章氏(1976/8/31生まれ38歳)が

「澤さんの」になる方であることが

公表されました。

 

 

 

女子サッカー日本代表なでしこジャパンで

ワールドカップやオリンピックで

メダルを獲得するためのチームのまとめ役が

澤穂希さんでした。

 

澤さんといえば、なでしこジャパンを率いてきた

リーダーとして、リーダーシップがあって、

 

勝ち気で、気が強い、男勝りな

性格も持ち合わせています。

 

男性から見ると、ちょっと近寄りがたい女性

ともいえるかもしれません。

 

 

20150813ウエディング

 

澤さんに男勝りなところがでて、

夫婦喧嘩になったりしないかと

心配になります。

 

 

実は、辻上裕章さんは「かかあ天下」で有名な

群馬県出身の男性です。

 

群馬県の男性は尻に敷かれることが得意であると

言われているのです。

 

 

「澤穂希の夫」辻上裕章氏は「かかあ天下」が有名な群馬県出身。妻の尻にしかれる県民性とは?

 

 2015/8/13デイリースポーツの取材によると、

「澤さんの夫」辻上さんは、

澤穂希という女子サッカーの頂点を極めた人

との結婚について、

 

決断は容易ではなかったことが

報告されています。

 

その心境を辻上さんは

次のように打ち明けています。

 

澤の旦那』と呼ばれ続けることに

「相当の覚悟と自問自答を繰り返した」

 

妻の澤さんが、夫よりも格上という現実に、

辻上さんに葛藤があったのは

よく理解できます。

 

澤穂希の夫は「かかあ天下」で有名な群馬県出身!男性の県民性は?

 

辻上さんは高校時代をアメリカの高校で過ごし、

 

その後帰国して早稲田大学卒業していることも知られているのですが、

 

 

辻上さんが、群馬県出身であることに

注目しました。

 

群馬県といえば、有名なのが

『「かかあ天下」と「カラッ風」』という言葉です。

 

この言葉は、昔から言い伝えられてきた

群馬の県民性と風土を表す言葉です。

 

群馬はかかあ天下という言葉の意味は、

 

群馬県の女性は、男性を尻に敷く傾向がある

ということです。

 

群馬県の男性は「かかあ天下」について、

どう思っているかというと、

 

「妻が夫より強い傾向があるのだから、

おとなしくしていよう」

 

という傾向があります。

 

別の言い方をすれば、

 

 

夫は妻の尻に敷かれて、妻の言う通りにして

『はいはい』ということを聞いて、

 

妻に逆らうことなく従順に暮らす姿勢も

夫婦円満に暮らす意味では悪くはない

 

と、かかあ天下の風潮群馬県の男性(夫側)は感じているのです。

 

 

 

群馬県出身の辻上さんは、

かかあ天下の群馬の風土にで生まれ育ったことで、

 

「妻が夫より上でも幸せかもしれない」

という考えを、

 

潜在的に持っているとしたら

奥さんがグイグイ引っ張っていくタイプでも

 

夫婦円満にやっていけるかもしれないと

個人的に想像しています。

 

 

ですから、澤穂希さんと群馬男子との結婚はなかなかにして

いい夫婦になるのではないかと感じています。

 

澤さんの結婚に対して、祝福の言葉を贈った、

吉田沙保里さんが、結婚相手を探すときの

ヒントにもなりそうです。

 

 

参考記事⇒澤穂希の電撃入籍は縁結びで有名な府中の大國魂神社のご利益か?

 

 

「妻に対して従順な夫であることが夫婦円満の秘訣」

と考える傾向がある群馬県出身男性と

 

澤さんとのご縁は、神がかり的なものかもしれません。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ