海老蔵の目黒区青葉台の自宅は豪邸も、後方にマンションある場所選びは失敗か?



海老蔵さんの妻である小林麻央さんが2016年に進行性乳がんを

患っているのではないかという報道が出た時には、

 

海老蔵さんが住む目黒区青葉台自宅に報道陣が多く

かけつけました。

 

普通の住宅街なのに迷惑だということで、記者会見という

はこびになっています。

 

海老蔵さんが住む住宅というのは新築された当初から、

豪邸だと話題にもなっていて、画像がネット上にも出回っています。

 

豪邸を見た人からは羨ましいといいながらも、

さすがは海老蔵と憧れ対象として称賛しているのですけれども、

 

実際は新居建築の土地選びは失敗だった可能性がありますね。

 

海老蔵さんの自宅の立地の弱点である

後方にマンションが隣接する場所について見ていきます。

 

海老蔵 小林麻央と結婚を機に目黒区青葉台へ新居購入!

海老蔵さんは麻央さんと2010年にご結婚をされています。

お二人の新居として建築したのが、

 

目黒区青葉台の豪邸です。

 

地下1階部分はシャッター付きガレージと納戸になっていて、

高台の1階、2階部分に居住スペースがあります。

 

階段で玄関に上がっていくスタイルは外観からしても、

宮殿に入るようで見た目もかっこいいものですね。

 

ガレージには海老蔵さん愛用のポルシェ・パナメーラも

格納されています。

海老蔵の自宅は豪邸というも、立地が悪いのはガレージへ追突事故だけ?

海老蔵さんの自宅が注目されたのは、2014年8月19日に一般人が運転する

ワゴン車が不注意の為に、海老蔵さんの自宅ガレージ部分に追突してきた事故です。

 

海老蔵さんの自宅は、南東方向の道路に面していて、

T字路になっています。

 

海老蔵さん自宅の正面道路に横切る道路が1本あり、

もう1本、まっすぐに道路が伸びています。

 

その意味では、ガレージがある方向からの太陽光が入りやすくて、

日当たりという意味でも、

 

視界を遮るものが少ないので住み心地がいいと言える

リッチです。

 

仮に商売を始めるなら、目立つのでいい要素ではあります。

 

リスクとしてはかなり少ないことですが、2014年にあったような

車や自転車が追突してくる可能性はあるのですが、

 

気にするようなことではないですね。

 

青葉台にある海老蔵 自宅の後方には3階建てマンション!視線を感じながらの生活か?

ただし、海老蔵さんの自宅の立地には

気になる点が1つあります。

 

それは、海老蔵さんの豪邸がある後方(北西側)には、

大き目の3階建てのマンションが隣接していることです。

 

世帯数も一定の件数がありそうなマンションです。

 

3階建てのマンション住民の視線が非常に気になるところですね。

 

見下ろされている感もありますし。

 

一般的な普通の住宅では、北方向には水回りがあるので、

後方に(北方向)マンションがある方向に向けて、

 

トイレや洗面所、浴室が配置されることになります。

 

マンションの住民側から見ると、中は見えないとしても、

明かりがついていることや、

 

音が聞こえてきますから、

 

海老蔵さんの家族の誰かが、トイレに入っている、

夕方から夜にかけては、風呂に入っているんだなど

 

特別のぞきこまなくても、自然に目に入ってきます。

 

海老蔵の自宅は代官山エリアだが、場所選びが失敗してる?

 

海老蔵さんの自宅は、人気地区、

代官山エリア(渋谷区代官山町・鉢山町・鴬谷町・猿楽町・恵比寿西、目黒区青葉台・目黒区上目黒)

の一角にあるのですが、

 

後方のマンションやビルがあるのは、

後から建ったなら仕方がないとしても、

 

最初からある場所を選んだという点で、土地選びとしては失敗した要素とも

言えるかもしれません。

 

あくまでも、後方に高い建物があるところに

住みたくないという感覚を持っている人にとっての話ですけれども。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析