中学受験の理科で地学参考書 予習シリーズに勝る光害がない星空の天体観測!



中学受験理科の問題や高校受験でも

地学分野では天体観測の分野の出題があります。

 

光害で星空が見えにくくなっていますが、天の川すら

見たことがない中学受験生が増えているのは残念です。

 

天の川が中学受験で出題されることは

少ないでしょうけれども

 

オリオン座、うお座、わし座などの星座については、

よく出題されています。

 

地学分野の参考書が何がいいかといえば、

やはり実体験が四谷大塚の予習シリーズにも勝る参考書になります。

 

 

光害で星空が関東ではぼやけている!中学受験の理科の地学分野に興味が持てない!

世界の人口の8割以上が街の照明などで夜空が明るくなる「光害」の影響を受けており、

約3分の1は「天の川」が肉眼で見られなくなっていることが欧米の研究チームの分析でわかった。

米国民の約8割、日本では約7割が肉眼で見られず、最も深刻なシンガポールでは、

ほぼ全土で夕方のように薄明るい夜が続き、自然の夜の暗さを感じなくなっているという。

出典:朝日デジタル 世界人口の3分の1、天の川見られず 「光害」が影響

 

東京から離れて、山梨や長野のペンションがあるような

山奥へ入ると、星がきれいですが、

 

空気が澄んでるといだけではなく、街の明かりの多さが

光害として星空の天体を見えにくくしていることが

改めて認識することになりました。

 

人が多く集中する都市では商業施設が多いですし、

コンビニは24時間営業でこうこうと明かりをはなっています。

 

星空がきれいに見えない理由がよくわかります。

 

また、星空がきれいに見えないと子供も天体に対して

興味を持たなくなってしまうでしょう。

 

首都圏では中学受験熱が高いですが、

中学受験で理科の地学分野に興味を持つ意味でも

ネオンなどの人工の光が原因の光害は問題です。

 

中学受験の理科の地学分野の参考書「四谷大塚の予習シリーズと星座早見ばん」も天体観測にはかなわない

中学受験の理科の参考書は市販されているものが多くありますが、

はやり四谷大塚の予習シリーズが最も

学習しやすく理解しやすい参考書です。

 

サピックスや日能研に通学していて四谷大塚以外の

塾に通塾している人たちにも役立つテキストです。

 

地学分野の天体を理解する上ではネットでも

星座早見盤が公開されていたりアプリもあるので、

ぜひ活用していきたいです。

 

ただし、予習シリーズなどの参考書で星座を覚えたり、

星座早見ばんで、星座を覚えたとしても、

 

百聞は一見にしかずという通り、

光害のない場所で星空を鮮やかに見るほうがわかりやすいです。

 

中学受験の理科 地学分野の出題例とは?天体については興味をもつ体験が必要

地学は地球の成り立ちなどを理解する分野ですから、

地層についての出題などもあります。

 

慶応中等部の理科の問題では星座についての出題もありました。

 

慶応義塾中等部 理科問題

慶応義塾中等部 理科問題

うお座やわし座、オリオン座などについて、

しかりとした知識を身に着けて記憶していれば

 

解けると安易に思うかもしれません。

 

ただし、中学受験をする子供は

興味がわかないと覚える気持ちが強くなりません。

 

4教科受験で理科だけではなく算数や国語のや

社会の勉強時間も必要です。

 

遠回りに見えるかもしれませんが、興味を持って

理解したり覚えたりすることができるように

 

一度、星空がきれいに見える場所に行ってみて

実際に天体観測をすることをお勧めします。

 

土星のリングを観測するなどマイナーなものではなく、

東西南北にある星座をライトで照らしながら

 

形状を肉眼で確認できた時は

感動すること間違いなしです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析