一人暮らしで最強のゴキブリ対策とは?マンションの場合は廊下とベランダに注意!



ゴキブリは冬を越して春になると、活動が

活発になります。

 

夫婦や子供や親など家族と暮らす場合には

ゴキブリの餌があちらこちらにありますから、

 

対策は難しくなりますが、一人暮らしの場合には

暮らし方を変化させることで

 

家の中にゴキブリは1匹もでないような

最強対策ができます。

 

ゴキブリを根本的に一切発生させることがない

最強の対策は部屋の中にゴキブリの

 

餌になるようなものを置かないことに尽きます。

 

具体的に一人暮らしのマンションやアパート暮らし

の場合も想定して、

ゴキブリが出ないようにする方法を紹介します。

 

 

一人暮らしでゴキブリが出ない最強の対策は?

ゴキブリが既に住み着いている場合には、

コンバットやホウ酸団子などを買ってきて、

まずは駆除をすることが前提です。

 

駆除をした後には、今後、ゴキブリが一切出ないようにするための最強の施策を

説明します。

 

以下で説明する方法が実践できれば

ゴキブリとは無縁の生活ができます。

 

ゴキブリが出るのは台所!三角コーナーを撤去する

ゴキブリの餌になる場所は水分があって、かつ、

人間の食べ物が匂いを発して、

 

ゴキブリを寄せ付けてしまいます。

 

台所周辺でカサカサ音をさせて動いている

ゴキブリを見たことがあるはずです。

 

わざわざゴキブリを呼び出して、成長させて

繁殖をさせるような食べ物を

 

キッチンに置いておく必要はありません。

 

三角コーナーはあると便利ですけれども、

なければそれなりの料理や、

食後の物の処分の仕方を考えるものです。

 

ゴキブリをおびき寄せたり、繁殖させたりするような

匂いのする、食べ物が露出する場所として

 

三角コーナーは撤去です。

 

三角コーナーを利用しない生活の仕方も

できるものです。

 

ゴキブリ対策として三角コーナーを撤去する一人暮らしならではの考え方とは?

家族数人で暮らす場合にはみんなで食事をする必要もあります。

 

一人暮らしの場合には食事は自宅ではなくてもいいわけですし

自由度が大きいです。

 

一人暮らしの場合には

 

  1. 家で食事をしない(外食)
  2. 自宅で食事をしても料理をしない
  3. 料理をしても、三角コーナーを利用するようなものを作らない

といった対策がとれます。

 

一人暮らしのゴキブリ対策は生ごみを出さない

一人暮らしをしていても、生ごみは出ることが

多いのではないでしょうか?

 

生ごみをベランダに蓋をしておいておくと

生ごみがゴキブリがあつまって繁殖するエネルギーに

なってしまいます。

 

折角、室内にコンバットやホウ酸団子を設置していても

生ごみがあると、ゴキブリを根絶できない原因になります。

 

三角コーナー同様に、

生ごみは一切出さないのが鉄則です。

 

生ごみになるものをピックアップすると、

次のようなものです。

 

  1. 魚の場合なら骨や頭、しっぽの部分
  2. 肉の脂身
  3. 野菜の切れ端や皮
  4. 食品食べ残し
  5. 果物の種の部分や皮の部分

 

など他にもあるかもしれません。

 

生ごみを出さない生活をするということは

上記のような生ごみがでるような食べ物は

自宅では食べない様に心がけるだけです。

 

骨付きの魚を食べるときは自宅ではなく

外食にしましょう。

 

或は骨まで食べられるか刺身のように骨がないような

魚を食べることです。

 

以上で、基本的に、ゴキブリの餌になるようなものを

排除できましたので、

 

ゴキブリが生きる為の餌を室内に置かない生活の仕方は

最強のゴキブリ対策になります。

 

ゴキブリは水分や髪の毛、人間のアカも餌になる場合が!掃除もする

ゴキブリから餌を取り上げれば基本的には

ゴキブリが発生することはないです。

 

ただしゴキブリは水分や髪の毛、人間の皮膚からでたアカなども

餌にしていると言われているので、

 

定期的に掃除はするようにしましょう。

 

ただし生ごみのように神経質になる必要はありません。

 

マンション、アパートで一人暮らしのゴキブリ対策には廊下、ベランダ、換気扇からの侵入を予防

マンションやアパートなどの集合住宅で暮らす場合には、

自分の住む室内だけを完璧に綺麗にしておいても、

 

廊下やベランダ部分からゴキブリが侵入することがあります。

 

特に暑い夏はゴキブリは廊下を走り回っています。

 

廊下からの侵入を防ぐには、

玄関のドアを開けたままにしないことです。

 

夏の暑さの為に窓を開けて、窓と反対側にある

玄関扉を開けて通風をよくする人がいますが、

 

玄関ドアを開けている間に、昼でも夜でも

小さな隙間があれば集合住宅にいるゴキブリは

入りこんでいきます。

 

玄関をどうしても開けたい時は

玄関用の網戸を入れるようにしましょう。

 

 

また、ベランダ部分には自分の部屋にあるベランダには

ゴキブリが出ないようにしていても、

 

上下左右の部屋から壁伝いで

ベランダ→窓→部屋

という風に侵入される危険性があります。

 

窓を開けるときは必ず網戸を利用しましょう。

 

ベランダ側には多くの場合に、換気扇もついているかと思います。

換気口がベランダ側にあって、換気口の穴から

 

換気扇を経由して部屋に侵入されるような形状の

換気扇もありえます。

 

室内側の穴が大きい換気扇の場合は

思い切って塞いでしまうか、

 

空気を通すようなネットで塞ぐようにしましょう。

 

以上の施策を実施すれば、基本的にはゴキブリは室内には

現れることがありません。

 

一人暮らしだからできるゴキブリ対策でしょう。

 

勿論、家族の同意があれば、大家族でも

できるゴキブリ対策です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析