三井のリハウス 購入仲介や売却査定の評判や口コミは?



三井のリハウスは日本全国の主要都市部で

不動産売買の仲介をしている大手不動産会社です。

 

三井のリハウスはよくCMでも聞いたことがあるかと思いますが、

正式な会社名は三井不動産リアルティです。

 

親会社は三井不動産ですから、

大手上場企業の子会社としてブランド力は

高いです。

 

実際に三井のリハウスで中古一戸建てやマンションを購入したり、

売却をしたことがある方がどんな感想を抱いているのか?

 

評判が気になるところではあります。

 

 

三井のリハウスは親会社三井不動産のブランド力のお蔭で評価は高い!

三井のリハウスを利用するユーザーは信頼を求めて

三井のブランドを頼って購入や売却の仲介の相談をしにきます。

 

相談件数はかなり多いので、1軒の問い合わせに対して

がつがつする感じがありません。

 

三井不動産の子会社としてのブランドがあって、

押し売りもされませんから利用しやすいという点はメリットです。

 

三井のリハウスの売却相談の評判は?

 

 

自宅の一戸建てやマンションを当初は地場の中小不動産に信頼して売却を依頼を

してみたものの中々売れないこともありえます。

 

インターネットを活用して物件探しをする傾向が

 

強まっているので、三井のリハウスは

ネット広告に強い会社で集客力があります。

 

その意味では、

他社で売れなかった物件が三井のリハウスに相談して

比較的短期間で売却できている例も多いかと思います。

 

ただし、実際に売主にとってみると売却を依頼してみて

良かったという人もいれば、

ちょっと残念と思う人2つにわかれます。

 

三井のリハウスがいい悪いではなく、

自宅を売却したい売主側の売却希望価格と

 

実際に売れた成約価格の差が小さいか大きいかによります。

 

三井のリハウスでは、他社で売れなかった物件を

あっという間に売却できている理由の1つは広告宣伝力ではなく

 

簡単に言えば、売りさばくのに慣れているので、

値下げを売主にお願いしているからです。

 

一定の期間で仲介物件を契約して行く必要があるために、

中小の不動産会社よりも値下げをするスピードは

 

やや早めである点は否めません。

 

評判の良し悪しが分かれるのは

リハウスの担当者が物件所有者の気持ちに

寄り添ってくれたかどうかにもよるかもしれません。

 

三井のリハウスが売却査定に来た!営業マンへの口コミは?

三井のリハウスに売却査定を依頼したことがある方に

偶然お会いする機会がありました。

 

売却の相談をしたいと思って三井のリハウスへ連絡後、

営業マンがきてくれた時のことです。

 

家の内部を一通りみて、

 

熱心に説明をするわけでもなく、セールスをするわけでもなく、

「よかったら、連絡ください!」

といって帰っていったそうです。

 

三井のリハウスに家を見てもらった所有者は

売却を本気で考えていたみたいで、

いろいろと話を聞きたかったということです。

 

大手ならでは貫禄といえば、それまでですが、

どんどん、セールスをして欲しいと心の中で

 

希望しているユーザーもいます。

 

三井不動産の大きな看板で顧客に対峙するのではなくて、

三井のリハウスにいる一人の営業マンとして

 

接してほしいと願っている人がいるという例です。

 

結果的には三井のリハウスに自宅を見てもらったものの、

仕事で取引がある地元の不動産会社へ依頼したということです。

 

勿論、がつがつセールスされるのが嫌で、

一歩引いたスタンスをとってくれるのがいいという

方なら、リハウスへ売却仲介を依頼していたかもしれません。

 

三井のリハウスの仲介で購入した人の評判がよければ売却もリハウスか?実際はどうなの?

三井のリハウスの仲介でマンションを購入した時に、

売却も三井のリハウスになる傾向が高いです。

 

特に、三井不動産が分譲したり、三井不動産系列の

マンション管理会社が分譲後に管理をしているときは

 

入居後も三井不動産とのお付き合いが継続します。

 

仲介手数料も会員であればキャッシュバック制度も

あるので、基本的には購入の時に

 

三井のリハウスの仲介でお世話になった人は、

売却時も三井のリハウスになる傾向があります。

 

三井不動産のブランド力は相当なものが

ありますね。

 

勿論、売却の相談が来るような仕組みを三井のリハウスが構築しているだけではなく、

購入時の対応がよかったから

 

売却も依頼するという方も多いでしょう。

 

一方で、購入は三井のリハウスに依頼したけれども、

売却するときには、三井のリハウスではない

 

不動産会社へ依頼する方も出てきます。

 

理由は「別の会社に依頼したい」

というそれだけの理由ですが。

 

三井のリハウスへの不満があって別の不動産会社へ

依頼するというよりも

 

もっといい会社があるかもしれないと

思う方もいるということです。

 

三井のリハウスは分業制なので、購入や売却もスムーズで評価は高いか?

一般の不動産会社に行って物件購入の相談に行くと、

担当者が付きます。

 

物件の購入でいろいろな物件を紹介してくれて、

実際に物件を見学するところから、

 

購入物件を決めた時は住宅ローンや契約書の作成、

火災保険の手続きまで、一人の担当者が全て

手配してくれます。

 

三井のリハウスでは住宅ローンの担当者や

契約書作成の担当者など分業制で

 

一組の購入のお客様をサポートしていきます。

 

一人の営業マンが多くの物件を売買していくには

三井のリハウス方式が効率が高いです。

 

中小の不動産会社の様にオールマイティに

契約書作成やローン、火災保険など

 

全て取り組める力量は素晴らしいとは言えるのですが、

全て流れを理解していることを前提にして、

敢えて、三井のリハウスでは分業制にしています。

 

一人の営業マンが売却や購入の仲介へ

専念できる体制になっているので

 

ミスが許されない不動産取引で、

歯車のようになっているかもしれませんが、

 

顧客としては本来は安心感もあるシステムです。

 

三井のリハウスの営業があっさりしているという口コミが

あるのは、分業制であることにも一因はあるでしょう。

 

三井のリハウスはエンドユーザーの中古だけではなく

新築物件も取り扱います。

 

大手不動産会社の安心感をとるか、仲介手数料無料の会社にするか

⇒センチュリー21にするか仲介手数料無料の不動産屋にするか?新築一戸建か中古にするか悩む人必読!

をご参照ください。

 

三井のリハウスではソニー不動産の台頭で体質改善をし評判は高まっている?

ソニー不動産はソニーの不動産子会社です。

 

ソニー不動産はこれまで日本の大手不動産が牛耳ってきた

不動産業界を変えようとしています。

 

ソニー不動産では売主担当は売却に専念します。

購入担当者は購入だけに専念します。

 

三井のリハウスに限らず、大手不動産会社は

売主と買主の両方を仲介して、

 

両方から仲介手数料を得ることを意識して

営業をしてきた長い歴史があります。

 

収益性を考えれば当然です。

 

ただし、売主と買主という利害関係が

相反する人の代理人になるのは

 

不合理であることでアメリカでは両方を

仲介することは禁じられています。

 

ソニー不動産はアメリカ式の仲介を行い、

利害関係が相反する仲介を改めようとしています。

 

三井のリハウスでも、希望をすれば、

ソニー不動産のような対応ができるように

なりつつあります。

 

変化をとらえて、時代の要請にこたえて、

不動産仲介の評判を高めようとする

 

意識がある点は他の大手不動産より

進んでいる点でしょう。

 

また、大手不動産会社の中では囲い込みを辞めて、

同業他社へ物件を公開する方針を打ち出している

 

という内部的な状況もここ2年ほどで変化している様子です。

 

三井のリハウスはその他の大手不動産会社と比較して、

同業の不動産会社からの

評判は高まってきているという実態があります。

 

三井のリハウス 親会社三井不動産の評判は?

2015年に横浜でマンションが傾斜したことが問題になりました。

 

分譲時の売主は三井不動産でした。

 

三井不動産の対応は新築分譲時の価格で

買取をすることなどで全棟の建て替え決議まで

決定することができました。

 

不動産の売主としての責任を果たして、

精神的には苦痛を与えたかもしれませんが、

 

マンションの住人に対しては納得してもらえる

対処を素早く決定して実行に移しています。

 

マンションの傾斜問題は施工段階でどの業者に

責任が発生するかはさておき、

 

住民に対して保証を実施した点は

三井不動産の評判は悪くないはずです。

 

三井のリハウスも看板が大きいことを理解して

営業をしている点は顧客にとっても

メリットとして働くでしょう。

 

⇒東急リバブル対センチュリー21 マンション売却相談の口コミ!どこがいいかと悩む人必見

も三井のリハウスとは違う雰囲気を感じられるので、

ご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析