請川博一 ドローン操縦士技術を農薬散布指導員養成へ!リンゴ農家のがん予防に貢献?



請川博一(うけかわひろいち)さんは、レイブプロジェクトという会社を経営していて、

多くの映像番組をドローンを利用して提供ています。

 

NHK「プロフェッショナルの流儀」でも紹介されるのは

主に、ドローン操縦士として映像を撮影する力量について

紹介されます。

 

一方で、2016年からは請川博一さんは自身のHPで

農薬散布指導員養成を開始することもコメントしています。

 

請川博一氏のドローン操縦技術を活用した農薬散布の意義とは?

 

 

ドローンやグライダーを活用した農薬散布は農地では進む!請川博一氏が農薬散布指導員養成開始 意義は?

請川博一さんはドローン操縦技術を生かして、農薬散布指導員養成を開始します。

 

田んぼだけが広がる広大な農地では何年も前から、

グライダーを活用して業者に農家さんが農薬散布を

依頼している現状があります。

 

稲作の場合は比較的耕作面積が広い場所もありますから、

田んぼが集積している場所では田んぼの耕作者が共同して

 

グライダーやドローンを活用して農薬散布業者へ

依頼することで、農薬散布の重労働から解放されています。

 

過去の農薬散布の方法は、農薬を水で溶かした溶液を

農薬散布の機器に投入後、防毒マスクや眼鏡をして、

 

大変な思いをしながら農薬を散布していました。

 

今では上空からグライダーを利用して農薬散布をするようになりました。

 

農薬散布をドローンを利用して実施することには

農家を営む人たちの健康維持やがん予防対策にも

つながる意義があります。

 

リンゴを食べることが病気やがんを治療する反面、農薬散布する人たちは発がんの危険性を抱えている!

私が知っているリンゴ農園を経営している人たちの中には

癌を発症の危険性が多いように感じています。

 

リンゴの木の農薬散布と発ガンとの因果関係を証明もできませんし、

統計データも多く保有しているわけではありません。

 

ただ、どうして、若くして亡くなってしまったのか

疑問に思う人たち、癌の家系であると言われている人たちの中に

リンゴ農園を営む人たちが目に付くという点が残念でなりません。

 

そして、リンゴ農家さんの発がん率の高さを指摘する

声は聞いたことがありません。

 

リンゴには癌や様々な病気を予防する効果も!

英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)で最近発表された

アメリカで実施された追跡調査「看護師健康調査Ⅱ」に参加している

 

看護師9万人ものデータでわかったことの中で、

10代における野菜と果物の摂取とその後20年間における

 

乳がんの発症リスクの関連が紹介されています。

 

結論をいえば、

10代において、リンゴ、バナナ、ブドウの摂取は

発ガンリスクを低減する」

 

という調査結果が示されています。

 

リンゴが発がんリスクを減らすことは一定の相関が

あるのでしょうけれども、

 

リンゴを生産する農家についていうと、

農薬散布が原因と推定される発がんリスクを抱えているように感じます。

 

農薬散布は「いちご」などの様に、上から下に向けて農薬を散布するものは

農薬を吸い込むリスクが小さいですが、

 

リンゴの場合は高いところに身がなりますから、

農薬散布によって農薬散布する人が

 

農薬を吸い込んだり、皮膚に付着することで農薬を

吸収するリスクが増えるという個人的な推測です。

 

請川博一のドローン操縦技術は狭い農地では特に必要とされている

請川博一氏の高いドローン操縦技術によって

素晴らしい映像が提供されています。

 

請川博一氏は農薬散布指導養成をする意味は

グライダーが使えるほど広くないような農地で

 

ドローンなら小回りが利くので人力で農薬散布をせず、

遠隔操作で農薬散布による健康被害から

身を守ることにつながります。

 

安全に確実にドローンを農薬散布に活用できるなら

農業の生産性が高まるだけではなく、

 

農家に携わる人たちの労力や健康を守ることにも

繋がっていきます。

 

請川博一ドローン操縦士として農薬散布指導員養成は出身地旭川市の農業へ貢献する

請川博一さんの出身地は旭川市です。

 

旭川市は北海道でも農業が盛んな地域です。

その反面、農産物は価格低迷で苦戦する農家さんの実情もあります。

 

請川さんのドローン操縦士技術を農業散布指導員の養成に

応用することで、出身地の旭川市の農業振興へ役立てることができます。

 

旭川市では農業従事者が減少して高齢化も進んでいます。

 

今後は農業をビジネスとして取り組む農業法人の活躍が期待されますが、

ドローンというロボットを活用することで

担い手不足を補うことができます。

 

稲作だけでも旭川市は全国作付面積25位という

有数の産地です。

 

りんごの生産高は北海道は全国8位で

旭川市は24haものリンゴ農地があります。

 

請川さんのドローン操縦技術で

農家さんの労力や健康リスクを守りながら

 

旭川市発で、全国にドローンを活用した農薬散布手法を

広めていって欲しいと願います。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析