白神山地の超軟水の湧き水がビジネスのヒントに!



白神山地は秋田県と青森県にまたがる

世界遺産に登録されていて、人の手が入っていないという点に価値があって

 

入山禁止地域が多い手つかずの大自然です。

 

白神山地の麓からわく湧き水超軟水

ビジネスへの活用ができる天然資源です。

 

 

白神山地の超軟水の湧き水をラーメンスープに利用する試みとは?

白神山地の超軟水と呼ばれる湧き水をラーメンスープに活用

するなんて、ありそうでなかったアイディアでは?

 

「世界一うまいラーメンつくれるか」
完成間近、TOKIOのラーメンに必要な最後のワンピース。
それは、日本各地から集めてきた素材を最大限に生かす、「水」。
城島が向かったのは、麓から数時間、手つかずのブナ林が広がる山の奥。
世界遺産・白神山地には、湧き出るまで30年かかるといわれる、幻の水が。
これこそが、無駄なく出汁の旨味を吸収し、究極のスープへと仕上げてくれる、最後のワンピース。

出典:http://www.ntv.co.jp/dash/tetsuwan_new/html/index.html

日テレ系「ザ!鉄腕!DASH!!」で白神山地の超軟水を活用して

世界一うまいラーメンをつくれるかという試みですが、

 

水は食べ物や飲料水などすべての基本ですから

白神山地の麓からわいてくる湧き水に価値を見出す人がいれば、

ラーメンに限らずビジネスチャンスは大きいでしょう。

 

白神山地の麓でとれるネギが白神ネギというブランドネギになった例

白神ネギのブランド化を進めている事例がありました。

 

野菜は生産性が低いでしょうけれども、白神山地の麓で作られるネギ

は超軟水で育ち、付加価値は十分です。

 

白神山地の超軟水とは?

超軟水とは、水分中のカルシュームやマグネシュームなどのイオン濃度がきわめて低い

水です。

 

超軟水というだけでは、差別化は難しいでしょうけれども、

白神山地の湧き水を利用したミネラルウオーターや

その他飲料水への応用が期待できます。

 

白神山地の湧き水が取れる民間の土地は

意外と価値があるかもしれません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析