塩分取りすぎ対策として「塩分の多い食品の代表」=インスタントラーメンのナトリウム量は病気に対する警告対象!



塩分取りすぎを抑えて病気にならないように、

食生活の在り方がいろいろと

 

議論されています。

 

塩分取りすぎへの対策として

アメリカのニューヨークでは、

全米で15店舗以上を展開する

 

外食チェーン店に対して、

ナトリウムの含有量が一定水準を越える

 

メニューに対して「警告マーク」を

表示するように義務付けが開始されました。

 

日本ではまだ塩分取りすぎに対する

対策などは出ていませんが、

健康維持の為に参考になると思います。

 

特に塩分が多い食品としてインスタントラーメンに注目して

塩分、ナトリウムの摂取量について考えてみます。

 

 

塩分の取りすぎ対策でニューヨークが警告マークの義務付けをしたのはナトリウム2.3g以上の食品!

 

塩分の取りすぎは健康良くないことは

知られています。

 

アメリカでは高血圧や、心臓疾患のリスクを

高めるのを抑制するために、

 

具体的にどの食品が塩分の取りすぎに

当たるのかを飲食店に警告マークを

義務づけました。

 

塩分が多いとされる警告マークは

ナトリウムの量が2.3gを越える

料理に対して表示が義務づけられます。

 

 

違反すると罰金200ドルがかさせるという

徹底ぶりです。

 

ちなみに、塩分とナトリウムはイコールでは

ありません。

 

食塩相当量(g)=ナトリウム(g)×2.539

で計算できます。

 

ナトリウムの量が2.3gというのは

2.3×2.539を計算すると

食塩相当量としては約5.84gで

 

厚生労働省が日本人のナトリウム(食塩相当量)の目標量値とした

  1. 男性 8.0g/日未満
  2. 女性7.0g/日未満

 

という基準値よりも低い数字です。

 

 

塩分が多い食品の代表としてインスタントラーメンは病気になるリスクがないのか?ナトリウム摂取量2.3gを基準に考える!

 

インスタントラーメンに含まれる

ナトリウムの量は一般的には

2.5gくらいと言われています。

ラーメン

ラーメン

もしも、ニューヨークの外食チェーンが

日本のインスタントラーメンをメニュー

にするときは

 

基準の2.3gを上回っていますから、

 警告マークが付きます。

 

つまりアメリカの基準によると塩分が多いという理由で

インスタントラーメンは病気になるリスクが高まる食品

であることがわかります。

 

インスタントラーメンに含まれる

ナトリウム量が健康に対して悪影響がでる

 

レベルであることを覚えておけば、

他の料理を食べるときにも

 

インスタントラーメンと比較して

病気になるリスクが高いかどうか

感覚的に比較しやすいと思います。

 

ちなみに、

某メーカーのインスタントラーメンの

パッケージに表示されている

 

ナトリウムの量をみると

 

  • 醤油ラーメンで2.6g
  • 味噌ラーメンで2.4g
  • 塩ラーメンで2.3g

でした。

 

インスタントラーメンで塩分を取りすぎないようにする対策とは?ナトリウム摂取量2.3gを下回るための方法!

 

インスタントラーメンを食べるときに

ナトリウムが2.6g含まれている

 

醤油ラーメンを食べる場合で

塩分を取りすぎない

 

ための対策として

食べ方を考えてみます。

 

醤油ラーメンに含まれる

ナトリウム2.6gの内訳は

 

麺に0.8g+スープに1.8g

であることが表示されています。

 

つまり、インスタントラーメンを食べるときに、

ナトリウムを取りすぎないように

気を付ける方法の1つとしては、

 

麺は残さずに完食するなら、

スープを半分食べて残りは

捨てましょう。

 

すると、トータルして

摂取したナトリウムの量は

麺の部分から0.8g

スープからは1.8g÷2=0.9g

 

の摂取となって

合計1.7gのナトリウム摂取量で済みます。

 

スープはできるだけ多く飲みたいという方は

スープ全体の77%まで摂取可能です。

 

ラーメン好きの阿藤快さんが大動脈破裂で急死した記事はこちら!

 

スープの残りの23%を捨てれば、

インスタントラーメン全体で

2.2gのナトリウム摂取量になって

 

アメリカの警告マークが入る

2.3gを下回る計算になります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析