なぜ梶田隆章教授は富山が自宅なのか?理由は愛妻家でノーベル賞の原動力スーパーカミオカンデ建設場所が豪雪地帯だから?



東大

東大

 

2015年ノーベル物理学賞を受賞した

梶田隆章教授

 

東京大学

教授をしています。

 

東京都文京区本郷にある

東京大学ですが、

 

教授の梶田隆章氏は東京大学へは

単身赴任で埼玉県越谷市から

通勤しています。

 

梶田教授の自宅

出身地の埼玉県から引っ越しをして

富山県富山市にありました。

 

テレビのインタビューで

梶田教授の妻・美智子さんは

富山市の自宅で

 

ノーベル賞受賞の偉業を

笑顔でたたえていました。

 

梶田教授が妻と暮らす

富山市の自宅と

 

梶田教授が妻思いの温厚な性格で

愛妻家での一面があることを見ていきたい

 

と思います。

 

 

梶田教授が富山市に自宅を構えた理由は妻が気に入った場所だから?愛妻家であるが故に県外の富山県に決めた?

 

梶田教授がノーベル賞を受賞理由になった

ニュートリノに質量があることの証明です。

 

ニュートリノを観測するために、

岐阜県飛騨市神岡町に

 

スーパーカミオカンデを建築し、

日々ニュートリノの観測が

続けられています。

 

梶田教授はニュートリノの観測を

する仕事の為に

 

岐阜県飛騨市にある

 スーパーカミオカンデに

 

通勤しやすい場所に

引っ越したいということが

 

自宅の場所を富山市に決めた

理由です。

 

スーパーカミオカンデがある

岐阜県まで富山市から

毎日通勤するのは

 

遠い気がしますが、

車で50分前後で通勤が

できる立地です。

 

梶田教授がスーパーカミオカンデで

研究をする為に

 

引っ越しをする

場所選定には

 

富山市に限らず

岐阜県飛騨市内でも

あったのだと思います。

 

自宅になる住宅を購入するには

建物をどうやって作るかは

後の話で、

 

どこに住むかという

場所探しが必要です。

 

その場所探しは梶田教授

夫婦のように、

 

ご夫婦二人で

探すのが通常です。

 

このときに、夫である梶田教授が

通勤できることが

前提にはなりますが、

 

自宅を富山市に決めたのは奥様が

場所が気に入ったという理由で

 

富山に決めたのだと言います。

 

富山市から岐阜の職場である

スーパーカミオカンデまでは

 

50分前後とは言っても

すごく近いわけではありません。

 

通勤をする梶田教授は

本音では、車で10分くらいで

 

通勤したという希望も

あったと思います。

 

通勤時間が短くなればその分

研究・仕事に

専念ができるからです。

 

にもかかわらず、

妻・美智子さんの

希望を優先して

 

富山市にしたと言うのは

家庭を守る妻が

 

買い物をしやすいようにとか

電車の便がいいなど、

 

奥様のことを考えた上で

富山市に自宅を構えた

のだと思います。

 

梶田教授はその意味で

愛妻家なのだと思います。

 

東大の同僚からも、温厚な性格と

言われていますが、

 

温厚だけではなく、

妻の気持ちを大切にする人

であることがわかります。

 

生まれ故郷である

埼玉県から引っ越して

ニュートリノの観測をする為に

 

富山市に自宅を購入して

岐阜県飛騨市まで通勤し、

 

見事にノーベル賞まで

受賞できたことは

 

富山市に自宅を構えた

甲斐があったと

 

いえるのでは

ないでしょうか?

 

梶田教授は富山の自宅から単身赴任で住む越谷市の自宅から通勤するのはどこ?

 

週末は富山の自宅へ帰る梶田教授ですが、

平日は単身赴任で住む

埼玉県越谷市の自宅から

 

千葉県柏市で所長を務める、

東大宇宙線研究所

 

へ通勤しています。

 

東大宇宙研究所の住所は

千葉県柏市柏の葉5-1-5

となります。

 

梶田隆章東京大学教授が単身赴任で暮らす越谷市の自宅はどこ?

 

梶田教授は柏市にある東大宇宙研究所へ

通勤していますが、

 

単身赴任で暮らす越谷市の自宅は

賃貸ではありません。

 

 

奥様の実家が越谷市で

奥様の実家に住んでいます。

 

梶田教授が奥様と結婚して

暮らし始めたのも越谷市で

 

梶田教授が生まれた東松山市の

実家の次に

思い入れの強い地域です。

 

東松山市は東武東上線沿線にあり、

通学していた川越高校も

同じ沿線ですが、

 

越谷市があるのは東武スカイツリー線

となり、全く沿線が違います。

 

越谷市と言っても広範囲で

駅も多数あります。

 

その中でも梶田教授が住んでいるのは

越谷市民なら良く知っている

 

久伊豆神社(ひさいずじんじゃ)の

近くです。

 

久伊豆神社の住所は

埼玉県越谷市越ヶ谷1700

 

です。

 

梶田教授はこの神社がある風景を

大変気に入っていらっしゃいます。

 

初詣などには参拝客が

多く訪れます。

 

ノーベル賞受賞という神がかり的な

偉業は久伊豆神社の

ご利益なのでしょうか?

 

スーパーカミオカンデがある場所は豪雪地帯!梶田教授が富山市に自宅を購入した理由は雪が少ないことも理由?

 

梶田教授がノーベル賞を受賞の背景には

建設費90億円とも言われる

スーパーカミオカンデの存在が

ありました。

 

富山県と岐阜県の県境にある

カミオカンデがある

 

岐阜県飛騨市神岡は

特別豪雪地帯で

 

冬季雪が非常に多い

地域です。

 

 

梶田教授も言っていますが、

ニュートリノを観測するのは

大変難しいことです。

 

宇宙から降り注いでくる

ニュートリノをキャッチし

観測するには

 

空気中の浮遊物質が

少ないなどの

 

条件が必要なのかも

しれません。

 

豪雪地帯付近で

暮らすのは

 

職場が近くていい反面、

 夏は快適でも

冬は大変です。

 

朝晩の雪かきの大変さを考えて

妻の為にも、

 

富山市に自宅を決めた

のだと思います。

 

梶田教授がノーベル賞受賞の原動力になった東大宇宙研究所スーパーカミオカンデの場所はどこ?

 

参考までに、スーパーカミオカンデの場所が何処にあるのか

住所を示しておきます。

 

東京大学宇宙線研究所 附属神岡宇宙素粒子研究施設
〒506-1205 

岐阜県飛騨市神岡町東茂住456−1

 

地図で見ていただくと

わかりますが、

 

人里離れた僻地に

ありますね。

 

山奥でも研究には有効な

立地であることも

あるようですね。

 

 

梶田教授のプロフィールや経歴については・・・こちら!

 

 

岐阜県飛騨市の方にとって、

最高の自慢ですね。(笑)

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析