にかほ市 湯の台食堂店主のこだわりラーメンに評価が分かれた口コミ!駐車場はどこ?



秋田県にかほ市は鳥海山の麓にある街で、

鳥海山から流れ出す雪解け水や

湧き水の恩恵を受けて、

 

農産物も美味しいく、更に、海にも面しているので、

新鮮でおいしい魚介類が採れる場所です。

 

鳥海山や海辺の風景やグルメを目指して

多くの観光客が訪れる場所でもあります。

 

そんなにかほ市でテレビでも紹介されたことがある

湯の台食堂」というラーメン屋さんがあります。

 

にかほ市へ観光に行ったついでに、

前評判が高そうな湯の台食堂のラーメンを食べてみました。

 

友達と二人で行ってみたのですが、

ラーメンの名店で修行をしてきた店主

こだわりのあるラーメンの味については、

 

美味い、まずいという

意見が大きく分かれることになりました。

 

店に入る時に駐車場がどこなのか迷いましたので、

駐車スペースについても説明をしていきます。

 

 

湯の台食堂には駐車場はないが、駐車可能な場所があった!

鳥海山 5月

にかほ市にある湯の台食堂を目指して走ると、

まだ雪がとけていない綺麗な鳥海山を拝むことができます。

 

噂の湯の台食堂は鳥海山の麓にあり、

にかほ市は海産物が採れるので、

魚介系の出汁がきいているラーメンスープなのだろうかと

想像が膨らみます。

 

湯の台食堂

実際に、お店についてみると、道路沿いにすぐにお店があって、

駐車場らしきものがありません。

 

お店の扉には、駐車可能スペースが図示してありました。

湯の台食堂 駐車場

湯の台食堂の道路の向かい側に「湯の台バス停」があって、

バス停の向かい側に台形の駐車スペースがあり、

その部分に駐車してくださいと表示されています。

 

湯の台食堂の向かい側にある「湯の台温泉」の駐車場には

止めないようにしましょう。

 

秋田県にかほ市の湯の台食堂の店主と「麺や七彩」との関係がテレビで紹介

そもそも、はるばるにかほ市にある湯の台食堂に行こうと思ったのは、

RAMEN-DO〜The Soul of Japanというフジテレビの番組(2018年2月21日)で、

放映されれたお店であったからです。

 

湯の台食堂の店主は、「麺や七彩」という東京にあるラーメンの繁盛店で

修行をした経験の持ち主です。

 

「麺や七彩」の二人いる店主の一人が、

弟子が独立して、

 

家業のラーメン屋を継いだお店(湯の台食堂)を

訪問したシーンが放送されました。

 

超有名店である「麺や七彩」の店主が納得した雰囲気で

湯の台食堂のラーメンを食べていたので、

やはり美味いのだろうなと想像が膨らみます。

 

湯の台食堂は来店客は多めだった

お昼の混みそうな時間帯を避けて、

午後2時過ぎにお店に入って見ましたけれども、

 

すでにお店にはお客さんがいましたし、

私がお店に入った後も、

お客が入ってきます。

 

私と一緒に湯の台食堂に行った友達も、

お客が次々にくるので「美味いんだろうな」

とラーメンが出てくる前から期待をしていました。

 

湯の台食堂の先代の時の顧客が来て

「あっ、メニューが変わった」

と言っていますので、

 

お父さんが店主だった時の湯の台食堂のラーメンではなくなっていることが

理解できます。

 

 

湯の台食堂のラーメンは「うまい、まずい」と意見が別れた口コミ

湯の台食堂中華そば 並

湯の台食堂ではラーメンと言わずに、

「中華そば」というメニューになっていました。

 

 

 

並盛りと大盛りがあるのですが、外れると嫌なので、

720円の並盛りを選んでみました。

 

スープの色は濃い目で一般的なラーメンの色合いより

濃いめの雰囲気です。

 

中華そばの外観は美味しそうに見えるかどうかといえば、

個人的には、期待できないかなという印象です。

 

実際にスープを飲んでみると塩っぱいわけではないものの、

やや脂っこい、ドロっとした重たいスープです。

 

スープは冷めてくると、表面に脂の膜ができるほどですので、

ヘルシーとは言えません。

 

スープが肉汁がたっぷりであるのと呼応するように、

チャーシューは3枚厚切りで

どっしりと入れていあります。

 

肉好きには嬉しい、良質な感じの柔らかいお肉です。

 

麺はこだわりの自家製麺という感じで、

他では食べたことがない幅広でコシのある縮れ麺です。

 

全体的に、店主のこだわりが感じられるラーメンではあると

感じたものの、個人的には、

次はこなくてもいいかなという程度の味です。

 

しかし、一緒に同じラーメンを食べた友達は、

「めちゃ美味い!」と絶賛していました。

 

ということで、人によって評価が大きく分かれるのが、

湯の台食堂のラーメンといえるかもしれません。

 

並盛りでは男性ではちょっと物足りない量ですので、

お腹いっぱいに食べたい方は、

大盛りをおすすめします。

 

湯の台食堂のラーメンは「麺や七彩」に影響を受けている!

湯の台食堂があるにかほ市は

海産物や農産物の宝庫なので、

 

魚介系や野菜たっぷりといったイメージをもっていましたけれども、

実際には肉が中心に作られたラーメンです。

 

湯の台食堂の店主が修行をした麺や七彩のラーメンも

HPを見てみると、

 

  • 麺が太めの縮れ麺
  • どっしりとチャーシューがのっている
  • ほうれん草が添えてある

 

といった特徴がありますけれども、

湯の台食堂のラーメンもこの点は

影響を受けていることがわかります。

 

麺や七彩は都内では繁盛店としてテレビでもよく紹介されている

お店ですけれども、

 

湯の台食堂のラーメンは秋田県やすぐ隣の山形県民の舌に合うかどうかは

わかりません。

 

美味いか、まずいかは人によって意見が分かれていますので、

一度、食べて確認をしてみてはいかがでしょうか?

 

湯の台食堂

所在地:秋田県にかほ市象潟町横岡目貫谷地1-251

営業時間 ~15時

 

ラーメンWalkerで紹介されているようなラーメン店と比較して、

湯の台食堂の中華そばを食べてみた感想も

お待ちしております。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ