呼吸器内科のベストドクター木田厚瑞先生は日本医科大学 呼吸ケアクリニック在籍の名医!



原因不明の呼吸困難の原因は何か?

症状だけでは、どのような病気なのかが分かりずらいです。

 

医師だからと言って必ずしも、確率高く

正しい診断をすることは難しいものです。

 

呼吸器内科の分野で名医と呼ばれ、ベストドクターズ社から

ベストドクターに認定されたのが、

 

東京都にある日本医科大学 呼吸ケアクリニック

木田厚瑞(きだこうずい)先生です。

 

呼吸器内科の名医=木田厚瑞先生が「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」に出演!

石川県金沢市に住むK・Rさん(77歳・女性)は、2年前、

風邪をひいた時のような「のどの痛み」と「咳」に襲われた。

その後、毎晩のように激しい咳に襲われ、

ついには呼吸困難で病院に救急搬送されたK・Rさん。

その後の検査によって「喘息」であることが判明するが、

原因は特定できず、

薬を服用しても症状は一向に改善されなかった。

そんな中、ある不思議な縁によって、呼吸器内科のベストドクターで、

日本医科大学呼吸ケアクリニック所長の木田厚瑞先生と出会う。

K・Rさんを診察した木田先生は、自身が30年以上に渡って

書き綴ってきた診察記録を手がかりに、

ついに原因不明の喘息の真原因を突き止めるが……。

はたしてベストドクターが下す診断は!?

スタジオでは、「痰の色でわかる気をつけたい2つの病」

を木田先生が解説する。

「黄色がかった白色の痰」「半透明でやや緑色の痰」。

このような痰が出た場合に疑われる病とは……!?

出典:薬の効かない原因不明の呼吸困難!呼吸器内科のベストドクターが導き出した意外な真犯人とは!?

 

名医=木田厚瑞先生は喘息、呼吸困難の原因を点眼薬の副作用と判断!

喘息や呼吸困難の原因については、多くの可能性が

考えられます。

 

30年に渡る治療経験から、症例を一つずつ思い出し、

20年前にあった緑内障薬による副作用で

喘息が起こることを体験していました。

 

実際に、K.Rさんも、緑内障の薬を

喘息の副作用のないものに変更して以来、

うそのように症状が消えたという事例が

紹介されました。

 

木田厚瑞先生が呼吸器内科のベストドクターと呼ばれる理由

 

原因不明のはげしい咳、呼吸困難に対して、

原因を突き止めることができれば、

対策が打てます。

 

木田厚瑞先生がベストドクターと認定されているのは、

正しい診断を下せるからです。

 

咳というのは、簡単にとめることができない症状でもあるので、

医師によっては

 

薬を処方するために、医師が苦し紛れに、患者さんに

病名をつけることがあります。

 

原因が分かっていないのですが、病名を付けないと

薬を処方できないからです。

 

木田厚瑞先生の場合は、原因を突き止めているので、

原因に基づいた適切な呼吸器の病気の治療ができているのです。

 

当たり前のようにも思えるのですが、

咳やタンなどの症状は千差万別で、

正しい診断を下すことが非常に難しいのです。

 

医者にかかっても、咳やのどの痛みが簡単に取れないのは、

適切な診断ができていないからともいえるのでしょう。

 

⇒治療法がない「ぜんそく・咳」持ち島崎遥香は、東洋医学の漢方薬で復活可能?
もご参照ください。

 

 

呼吸器内科の名医=木田厚瑞先生の経歴

1945年 石川県生まれ

1970年 金沢大学医学部卒業

1975年 金沢大学医学部大学院修了

1976年 カナダ留学

1994年 東京都老人医療センター(現、東京都健康長寿医療センター)呼吸器科部長

2003年 日本医科大学呼吸器内科教授、日本医科大学呼吸ケアクリニック所長

2010年 日本医科大学特任教授(呼吸器病学)、日本医科大学呼吸ケアクリニック所長

 

木田厚瑞医師はCOPDに詳しい専門家と言われています。

 

COPD・慢性閉塞性肺疾患とは?

木田先生の著書によると、

  1. 肺が広く壊れた肺気腫、
  2. いつも痰が多い慢性気管支炎といわれてきた病気

 

をあわせた病態を

COPDと呼んでいるとういことです。

 

2つの病気を併発している場合も多いらしく、

適切な診断は非常に難しいのが現状ではないでしょうか?

 

NHK「クローズアップ現代+」でも、

COPD(慢性閉塞肺疾患)と適切に診断することの

難しさを指摘しています。

 

テレビ番組で紹介された患者さんは石川県金沢市在住で、

木田先生のところに縁があったのは、

 

先生が石川県出身であることもあったのでしょう。

 

木田厚瑞先生の本

木田先生は、喫煙が原因で起こる肺の生活習慣病

COPD(たばこ病とも呼ばれる)

についての本を多く書いています。

 

【「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」と言われたら…―お医者さんの話がよくわかるから安心できる】

は木田先生の著書の中の1冊です。

 

呼吸困難の原因を明確に診断できる医師ばかりとは限りませんので、

参考になる1冊です。

 

息切れが点眼薬の副作用であることが本でも紹介

たけしの健康エンターテイメントでは、緑内障治療薬を点眼したために、

喘息による呼吸困難で息が止まるような苦しみを訴えた症例を

木田先生が適切な判断で原因を突き止めた事例が紹介されました。

 

木田先生の著書

COPDの最新治療 慢性閉塞性肺疾患 タバコの生活習慣病 (よくわかる最新医学)でも、

 

点眼薬の副作用で息切れがする呼吸器系の

病気があることが紹介されています。

 

緑内障の治療薬チモロールという点眼薬の副作用として、

息切れを起こしていたことが紹介されています。

 

点眼薬のうちβブロッカーに分類される薬は

喘息を悪化させたり、息切れを増幅する副作用があるので

注意が必要であると警告しています。

 

木田先生はCOPDという病気についての著書を出版していますが、

COPD専門の名医ということではなく、

 

呼吸器系の病気全般について対応力がある点で

ベストドクターと認定されていることも理解できます。

 

 

呼吸器内科ベストドクター木田厚瑞先生が在籍する日本医科大学 呼吸ケアクリニック!

日本医科大学呼吸ケアクリニックへの問い合わせ、

アクセス方法は次の通りです。

 

URL:https://www.nms.ac.jp/rcc/

住所:東京都千代田区九段南4-7-15 JRP市ケ谷ビル8F

電話:03-5276-2325 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ