めまい診療の名医=室伏利久先生は帝京大学医学部附属溝口病院に!



めまいがして、耳鼻咽喉科の医師を受診しても、

異常が見当たらず治らないことがあります。

 

 

帝京大学医学部附属溝口病院に在籍する

ベストドクターとしても知られる、

 

室伏利久先生めまい診療の名医として、

テレビ朝日「たけしの家庭の医学」で

紹介されています。

 

室伏利久先生がめまい診療の名医と呼ばれる理由

室伏利久先生はめまい診療において、

医師が名医から名医であると推奨される

ベストドクターにも認定されてきた実績があります。

 

室伏利久先生の本

室伏先生は、

  • めまいの起源を求めて
  • めまいの診かた、治しかた
  • 加齢とめまい・平衡障害

 

と言った本の著者で、

 

医療従事者である

プロ向けに専門書を書いています。

 

一般向けには著書はないものの、

専門家を指導できるだけの

豊富な経験を持っていることがわかります。

 

室伏先生は1985年東京大学医学部出身で、

「めまい、平衡障害、難聴、頸部腫瘍、耳鼻咽喉科全般」

といった分野の専門家です。

 

 

参考⇒室伏利久先生の著書

 

めまいの原因を脊柱管狭窄に!たけしの家庭の医学で紹介

室伏先生が他院では異常なしとされた患者さんの

めまいの原因を突き止めた事例が、

「たけしの家庭の医学」で紹介されています。

 

 

なんと1年以上も原因不明のめまいに苦しんで、

多くの医師に相談しても異常なしと診断されて

つらい思いをしてきた方です。

 

めまいに苦しんだ患者さんは、床が波打っているように見えるので、

家が悪いと思い込んでいたようです。

 

実際に、家が傾いているとめまいが起きることがあるので、

家に問題がありそうな方は、

傾きを治すことをおすすめします。

 

参考サイト⇒震災工事可能な家の傾き工事【レフトハウジング】

 

最終的には、室伏利久先生が帝京大学医学部附属溝口病院に

在籍していることを知り、

 

問診結果から、

めまいの原因は脊柱菅狭窄症であることが

突き止められました。

 

患者さんは、腰痛の痛みが出ていなかったために、

めまいの原因が脊柱管の神経が圧迫されていることが

疑われなかったのです。

 

脊柱菅狭窄症を改善するための

漢方薬の服用でめまいがなくなったということです。

 

帝京大学医学部附属溝口病院という大きな病院であるからこその、

対応力とも言えるのかもしれません。

 

帝京大学医学部附属溝口病院

所在地: 〒213-8507 神奈川県川崎市高津区二子5丁目1−1

電話: 044-844-3333

URL:http://teikyo-mizonokuchi.jp/

 

室伏利久先生は同病院の耳鼻咽喉科の専門医、教授として、

在籍しています。

 

その上で、どうしても治らないときは、

川崎は東京と隣接していて、アクセスがいいので、

首都圏や関東圏の方で、

めまいに苦しむ方は相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

まずは、自力でめまいを治したいという方は、

五島史行先生のめまいの本を参考にしてみてください。

 

 

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ