日光市~南会津町のドライブコースは山間の町を縫うように走る国道121号沿いに川や温泉が特徴!



関東初の大雨特別警報がでて、

栃木県日光市では、1976年の統計以来の

観測史上最高の雨量を観測しました。

 

日光市では24時間で532mmと

報道されていますが、

日光市五十里

日光市五十里

 

日光市でもより北部にある、

五十里ダムがある

 

日光市五十里という地域では、

600mmを超える雨量になりました。

 

このような大雨が降る理由は、

標高の高い山がある

大自然が存在するからです。

 

今回、日光市~福島県南会津町にかけては、

南北にライン状の雲がかかったことで、

国道121号線に沿うようにして、

大雨となりました。

 

大雨の結果、温泉として有名な

日光市にある、

鬼怒川温泉川治温泉では、

被害も発生しています。

 

一つの例が9/10日の朝、

「鬼怒川プラザホテル」の露天風呂の

入った建物が鬼怒川に崩落

したことです。

 

鬼怒川温泉や、その北部に位置する

川治温泉は山間を流れる、

 

鬼怒川沿いに宿泊施設が

多く建っているのが特徴です。

 

景観的には美しさも感じられる

地域ですが、

 

この121号線を通るたびに、

危険性も感じたことが

ありました。

 

しかし、大自然の中で高い山があれば

当然、雲が沸き、雨が降るということが、

自然の摂理です。

 

栃木県日光市から福島県南会津町

にかけては、

国道121号線がほぼ南北に

伸びていますけれども、

 

この国道121号に沿って山を縫うように

ドライブすることは

交通渋滞も少なく快適です。

 

大自然の魅力がある

日光市から国道121号線を北上して、

南会津町に走るドライビングコース

 

について、コメントしていきたい

と思います。

 

 

 

日光市から国道121号線を北上し、南会津町に北上するドライビングコースは山と川の景観美が最高!温泉では疲労回復も!

 

日光市の中心部から国道121号線を

北上すると、東武ワールドスクエア

があります。

 

日光では最も多く観光客が訪れる施設

で有名です。

 

その為に、休日の国道121号線沿いの

東武ワールドスクエア付近は

ノロノロの渋滞が発生しがちです。

 

日光市 鬼怒川温泉 川

日光市 鬼怒川温泉 川

 

この渋滞スポットを通り抜けた先に、

鬼怒川温泉があります。

 

ドライビングコースとしては、

鬼怒川温泉のあるあたりから、

北上して、川治温泉に向かい、

 

さらに北上して、

五十里ダムを越え、

 

栃木県と福島県の県境を越えると、

福島県南会津町があります。

道の駅田島 南会津町

道の駅田島 南会津町

 

南会津町田島には、

「道の駅田島」があって、

一休みするにはいい施設です。

 

道の駅田島からさらに北上して、

市街地に向かうと

 

湯之上温泉芦ノ牧温泉

があります。

 

 

この日光市から国道121号線を通って、

南会津に向かう道路が

ドライビングコースとして

 

景色がきれいで渋滞もなく、

緑が豊かな景観があるので、

最高です!

 

景色がきれいな理由は、

山と山を縫うようにして、

鬼怒川等のきれいな川

が流れているから。

 

国道121号線を走っていると、

道路より上には山が見え、

 

道路より下には

断崖絶壁を作り出す川や

川の上流にある湖が見える

景色があるので

 

ドライビングコースとして

走るのが楽しい地域です。

 

 

また、国道121号線を北上

しながら、日光市内では

鬼怒川温泉、川治温泉

があり、

 

南会津町に入ると、

湯之上温泉と芦ノ牧温泉

という有名な温泉が、

でてきますので、

 

温泉を楽しみながら、

疲れをいやすこともできます。

 

 

今回は大雨のため土砂災害も発生

しています。

 

原因は集中豪雨の特徴でもある、

降水域が幅20~50km、

線上に50~200kmの長さをもつ

線状降水帯が福島県南会津町~栃木県日光市にかけて、

形成されたからです。

 

そういった危険性はある反面、

山や川の自然が豊かな日光市~南会津町

エリアには、素晴らしい景観美や

有名な温泉があります。

 

これから紅葉の季節に

なります。

 

⇒奥武蔵グリーンラインのドライブコース全貌を地図についてはこちら!

 

首都圏から日帰りができる

コースですから、

 

 

ドライビングコースとして、

走ってみてはいかがでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析