長野県飯島町の田舎暮らしは水と食事・食生活が充実してる?



南アルプスの夕焼け

南アルプスの夕焼け

 

イチから住~前略、移住しました~

は3か月の移住体験を放送する番組です。

 

長野県飯島町(人口9802人 うち外国人207人 2015/8/1現在)

での田舎暮らしを通して、食生活がいかに充実しているか

といことを

 

若い割に料理上手なタレントの福井仁美さん

(1986/9/28生まれ)が

レポートしてくれます。

 

長野県飯島町は県の南部地域に位置して、

山に囲まれていますので緑も多く、

 

夏の過ごしやすさが快適です。

(熱帯夜はないと思います)

 

山に囲まれているために昼と夜の寒暖の差が大きいので、

 

野菜や果物が美味しくなって、

田舎暮らしでの食生活は充実します。

 

 

 

飯島町の人たちの郷土料理や日常の食生活を通して、

田舎暮らしの良さを見ていきたい

と思います。

 

 

長野県飯島町はどんなところ?

長野県は、絵になるような景観美の山が多いのですが、

田舎暮らしを目指す人にとっての飯島町の

景観的な特徴は、

 

「西に中央アルプス南駒ヶ岳・越百山」を仰ぎ、

「東には仙丈ヶ岳を中心に南アルプス」を遠望できる

 

「二つのアルプスが見える町」

として有名なところです。

 

(地図で見ても東西に山がそびえていることがわかります)

 

東京から飯島町に降り立つと、

春なら、まだ、ちょっと肌寒いと感じるような

ときもまだまだあります。

 

水がきれいな飯島町という田舎での暮らしでは、川魚・鯉も美味しいく、食生活が充実してる?

 

「イチから住」の番組で福井仁美さんは、

バイト先の社長である紫芝宅へ食事に招待されます。

 

紫芝さんのお宅では、東京から娘さんが

久しぶりに帰ってきたということで、

 

娘さんと福井さんという来客を食事でもてなす

という意味で、

 

郷土料理の「五平餅」、「鯉の甘煮」などを

ふるまってくれました。

 

鯉というのは、川魚です。

 

日常生活で散歩中などに川に生息する魚を見かける

ことがありますけれども、

 

人間が水浴びしたいとは思えないような

住宅が密集するような道路沿いにある小川で、

 

泳いでいる魚を見ると、

よく生息できるものだと感心します。

 

もちろん、きれいとは言えないような川で生息する魚を

捕まえて食事のおかずにしようとは、

誰も思わないでしょう。

 

鯉はごちそうですから特別な日だけの食事の一品

だと思いますが、

 

飯島町では、季節によって「いわな」、「やまめ」などの川魚を、

食べる機会があります。

 

川魚を食生活の一部にできるというのは、

いかに水がきれいかがわかります。

 

 

健康に暮らすためには食生活が大事だと

よく言われます。

 

水がきれいであるという点は、

食事が美味しいだけではなく、

 

汚染されていない食材を食べることは、

健康にもいいですね。

 

 

リタイヤ後の飯島町での田舎暮らしは遅すぎる?週末だけの別荘暮らしもあり? 

 

リタイヤ後に県外から飯島町に「田舎暮らし」

に憧れて移住してくる人たちも

番組「イチから住」の中で

紹介されています。

 

朝4時前には起きて、パン屋をする夫婦が紹介

されていました。

 

パンが美味しいというのも食生活が充実する

理由の一つになります。

 

パンが美味しい理由は、

朝早くから起きて、薪で窯を温めて、

その余熱でパンを焼きあげるからで、

 

遠方からも評判で買いにきてくれる

お店でした。

 

経済的な面ではむしろ割に合わない

と思えるような商売の仕方だけれども、

「美味しい」って言ってもらえることや、

 

飯島町という美しい景観の中で

田舎暮らしができることは、

贅沢な暮らしです。

 

仮に商売でなく、自分でパンを焼くために

窯に薪を入れたりすることができるのは、

田舎暮らしならではの贅沢な食生活に

つながります。

 

充実した食生活が体験できる田舎暮らし

をするために、定年まで頑張って

働く長い時間を考えると

 

日常の食生活や、健康のことを

考えるだけでも

 

若いうちからスタートすべきだ

と感じました。

 

⇒尾上寛之が移住生活をする村上市についてはこちら!

 

 

永住ではなくても、週末の土日だけ別荘を活用して、

美味しい水や野菜などを食べて、

食生活を充実させることが、

 

平日の仕事で蓄積した疲労を解消する意味で、

意義深いことだと思います。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ