乳がん闘病中の小林麻央さんも飼い犬と接触!ウイルスには注意を!



芸能人では愛犬家がガンを発症する人が目立つ気がします。

胆管がんで亡くなった川島なお美さんは愛家でした。

 

北斗晶さんのブログにもよく、飼い犬が登場しています。

 

また、乳がんを経験した麻木久仁子さんも

愛犬家です。

 

飼い犬やペットと直接的な発がんとの因果関係はあるとは

いえませんけれども、

 

接し方によってはペットが持つウイルスに感染してしまうことは

あり得ることなので

 

乳がんで闘病中で免疫力が落ちている小林麻央さんの場合は

注意をして飼い犬やペットと接するべきなのです。

 

 

小林麻央さんは飼い犬に接触し焦る!

海老蔵さんの実家の飼い犬であるゴールデンレッドリバーに

かつらを取られて、焦ったとブログで報告していますけれども、

 

かつらを装着するときは、よく洗った方が無難です。

動物特有のウイルスを保有している場合があるからです。

 

飼い犬との接触が多くがんをは称した芸能人が多い!

室内犬はむしろ腸内細菌を良好にするという研究もあるのですが

ウイルスに感染するリスクもあるので注意が必要です。

 

⇒腸内細菌を整えてガン予防にもなる肥満解消!飼い犬は良い影響があるのか? 

もご参照ください。

 

麻木久仁子さん、川島なお美さん、北斗晶さんは

発がんしているのですが、愛犬家です。

 

さらには、乳がんで治療中の南果歩さんも愛犬家で

ペットとして犬を飼っています。

 

ただの偶然なのだと思いますけれども、

犬を飼っている愛犬家が発がんしているということも

事実ではありますね。

 

飼い犬に多いウイルスにはどんなものがある?

犬に限ったことではありませんけれども、

動物の持つウイルスが人に感染する場合があるものを

ピックアップしました。

狂犬病・ウイルス・・・犬や猫などにかまれることで感染

高病原性鳥インフルエンザ(ウイルス)・・・鳥類の糞から感染するとインフルエンザのような症状になる

エボラ出血熱(ウイルス)・・・猿から感染する(マールブルグ病)

パスツレラ症(細菌)・・・犬や猫にかまれることによって発症することがある。症状は気管支炎や肺炎に。

ペスト(細菌)・・・ネズミやリスなどが感染源で、ノミが媒介して人に感染すると肺炎などの症状に。

Q熱(リケッチア)・・・犬や猫の糞尿に含まれている。人に感染して発症すると肝炎など重篤な場合も。

オウム病(クラミジア)・・・鳥類から感染

トキソプラズマ症(寄生虫の一種)・・・犬や猫の糞から感染。

エキノコックス症(寄生虫)・・・犬やキツネの糞から感染。肝臓に寄生して肝機能障害に。

 

以上のようなものが主な

ペットを経由したウイルス感染です。

 

飼い犬からのウイルス感染を予防するには?

北斗晶さんは過剰な接触が目立ちますので注意が必要です。

 

飼い犬と一緒に寝る人もいますが、

あまりお勧めではありません。

 

また、ペットを飼う場合には清潔に保つことが大切ですから、

定期的に洗ってあげることが大切です。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析