膳場貴子TBSアナウンサーはお腹の子供が女子で母校「女子学院」へ進学は隣に日テレが建築予定で心配?



膳場貴子TBSアナウンサー

「NEWS23」キャスターの仕事をお腹

 

大きくなってきたので、

産休に入りました。

 

お腹の子供は女子なのか男子なのかは

わかりませんが、

 

夫も膳場アナも東大出身ですから、

恐らくお腹の子供も

 

血筋からすると、

エリートコースを歩ませる可能性が

高いでしょう。

 

もしも子供が女子なら、膳場アナの出身校は

女子学院ですから、

 

母校としてその良さをお腹の子にも

 伝えるという意味では、

 

女子御三家の私立中高一貫校の中では

特に、女子学院に入学させたい

と思うのが普通かもしれません。

 

ところが、このところ女子学院の隣に日テレのビル建築計画が出て

校風や偏差値が下落するのではないかと

父兄が心配しているといいます。

 

膳場アナが今後、お腹の子が女子ならを女子学院に

入学させるでしょうか?

 

  

 膳場アナもお腹の子供は隣に日テレビルが建つなら女子学院の偏差値下落で入学には否定的になるかも!

 

 

女子学院といえば、都内の中高一貫校の中でも

女子御三家と呼ばれ、

 

桜蔭学園、女子学院、双葉

が御三家に該当しています。

 

桜蔭学園に次ぐ№2の女子学院に入学すれば、

成績が下位クラスでも早稲田、慶応、上智クラスへの

進学は当然ですし、

 

上位クラスであれば東大への進学

が可能なレベルです。

 

ですから都内の教育熱心な父兄は

四谷大塚進学教室が開催する

 

テスト会に参加させることが

多いのですが、

 

親も子供も、頂点を目指すなら

女子学院か桜蔭学園です。

 

それだけに女子学院に入学させる親の

勉強や学習環境に対する思い入れは強いです。

 

そんな中で、2015年の春に、

女子学院がある千代田区一番町の

隣地の空き地に建築計画が立ち上がりました。

 

 

なんと、女子学院の隣に日テレの建物が

建築されると言います。

 

桜蔭学園は文京区にありますから、

学園都市で学校の隣に、

 

芸能人が多くやってくる日テレの建築物が

建ちづらいですが、

 

千代田区ならありえます。

 

膳場アナウンサーも、母校の隣に、

日テレができると、

 

お腹の子供を入学させるのを

躊躇するようになるでしょう。

 

なぜなら、今の日テレの番組なら、

 

  • 「世界の果てまでイッテQ」
  • 「行列の出来る法律相談所」
  • 「おしゃれイズム」

 

などの収録が女子学院の隣で行われるようになると、

勉強どころではなくなって、

 

女子学院の偏差値にも影響したり、

生徒の教育に対する心配が

でてくるからです。

 

膳場アナの出身校、女子学院はどこにある?

 

 膳場アナが卒業した母校

女子学院の所在地は

 

東京都千代田区一番町22番10号

となります。

 

 

有楽町線「麹町駅」周辺は皇居にも近く、1坪当たりの土地の価格が

1000万円ともいわれる超1等地です。

 

膳場アナの家系は東大出身者が

多いだけに、

 

東大へ入学するようなコースを想定すると、

女性なら、

 

桜蔭学園か女子学院しかないといっても

いいかもしれません。

 

仮に、今後膳場アナが、TBSの仕事を辞めて

日テレで仕事をするようになったりすると

 

余計にお腹の子供を女子学院へ入学するのはためらうかも

しれませんね。

 

テレビの仕事が好きな膳場アナですから、

意外と、母校の隣に日テレは

 

歓迎かもしれませんが。

 

高学歴な膳場アナは意外にも離婚を2回していますその理由はこちら!

 

ちなみに私が東大を目指す子供の親なら、

日テレの隣には行かせたくないですね。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析