はんにゃ川島がリフォームした実家マンションは東京都江東区内のどこ?



はんにゃ川島=川島章良さんが、「大改造!!劇的ビフォーアフター」に

東京江東区内にある実家マンションを親孝行の意味で、

予算200万円でリフォームを依頼しました。

 

はんにゃ川島の実家マンションはどんなマンションなのか?

どこにあるのかについてみていきましょう。

 

はんにゃ川島が予算200万円で実家をリフォームする!番組内容とは?

大改造!!劇的ビフォーアフター SEASONII「有名人親孝行リフォーム〜はんにゃ 川島章良〜「思い出を整理できない家」」

川島章良が両親への感謝も込め、実家マンションのリフォームを番組に依頼。

築16年4LDK、82平方メートルのマンションだが、一部屋ずつが小さいため使いづらいという。

京都出身の川島の父は、東京に移り住んだ現在でも京都を愛しているため、

京都風の部屋の完成を計画。相方・金田哲の力を借り、理想の部屋を目指す。

出典:大改造!!劇的ビフォーアフター SEASONII

 

マンションにしては82㎡は大きい方ですが、一部屋ずつが小さいのは

間取りが4LDKであるためで理解できます。

 

両親夫婦の寝室

はんにゃ川島の部屋

はんにゃ川島姉の部屋

客間

リビングダイニング

 

というスタイルで4LDKで82㎡は無理がありますね。

 

マンションの壁は撤去しても主要構造部ではないので、

間取り変更を行う様子です。

 

番組でははんにゃ川島さんが、最後の親孝行という言葉を使っているのがちょっと

きになりました。

⇒はんにゃ川島章良が喫煙やめたのは腎臓がんが原因?乳製品も発癌リスクが高い!

 

リフォームを企画する匠は?

お父様が京都出身であるということもあって、

番組では、匠として、「京町家の粋人」こと、

坂田基禎建築研究所 代表坂田基禎一級建築士が

登場します。

 

間取り変更も一級建築士の助言があれば、

耐震強度についての不安も和らぎますね。

 

リフォームの企画案ははんにゃ川島の父親が京都出身であることから、

京風にリフォームをするというコンセプトで、

 

埼玉県新座市にある古美術・古民具販売の「のびる」で

格子戸の中古品を購入してマンション室内のドアを格子戸に

 

交換するなどのユニークなリフォームアイディアが

紹介されました。

 

リフォームの材料を購入する先として古民具販売店を

活用するという点もユニークです。

東京都内 はんにゃ川島の実家マンションの特徴は?

築年数が2016年8月時点で16年経過している

⇒1999年9月~2000年に新築されたマンション

 

間取り4LDKで、面積が82㎡

場所は東京都で江東区です。

 

現実にビフォーアフターでも江東区のマンション、400世帯以上ある、

15階建ての9階部分という情報が提供されています。

 

はんにゃ川島の実家マンションと推測されるのは江東区?

はんにゃ川島の実家マンションですが、番組でマンション外観の映像も

流れるのですが、川島さんの実家マンションの外観をそのまま

放映したとすれば、

 

東京都江東区にある、

ルネ・グランマリーナ潮見

という大規模マンションです。

 

JR京葉線「潮見駅」徒歩1分の立地で、

東京駅まで3駅7分でアクセスできます。

 

ルネ・グランマリーナ潮見 物件概要

マンション名: ルネ・グランマリーナ潮見

所在地 :東京都江東区潮見2丁目

地図を見れば、住所もわかりますね。

 

交通: 京葉線「潮見」駅 徒歩1分

構造 :SRC造15階建て

敷地面積 2,525.43㎡

築年月 1999年11月

総戸数 444戸

専有面積 55.79~91.45㎡

間取り 1LDK~4LDK

分譲会社 :総合地所(株)

施工会社 :(株)長谷工コーポレーション

セキュリティ体制:24時間有人管理

 

通勤通学にも好立地ですね。

 

400を越える世帯数がある大規模マンションですから、

常時売り物件は出ているはずです。

 

アットホームやホームズ、スーモなどで探して

見てください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析