なぜたんぽぽ・川村エミコは可愛いこけし収集をするのか?理由は製作者亡き後は価値が暴騰するから?



色白で、体重を60㎏台から

50㎏台まで落としてから、

 

可愛いといわれるようになった

たんぽぽ川村エミコさんですが、

 

お笑いタレント業では、

『世界の果てまでイッテQ!』

 

「川村親方&あさこ理事長が行く!

絶叫ツアー2015inアメリカ」

 

のコーナーに、出演するなど

女性が挑むには

 

過酷な仕事もこなしています。

 

必死に仕事をこなすストレス解消

や癒しなのか、

 

川村エミコさんの趣味は

こけし収集ということで、

 

ちょっと風変わりなところも

あるのですが、

 

こけしは可愛いですから、

川村さん自信も女性らしく、

 

性格面も可愛らしい一面があるとも

いえるでしょう。

 

 実はこけし収集の

仕方によっては

 

村エミコさんのこけし収集は

財テクにできる可能性があります。

 

 

その理由を具体的にみていきます。

 

 

将来、川村エミコが金持ちになる?可愛いこけし制作の名人亡き後は価値が暴騰する?

 

こけし

こけし

こけしは、江戸時代末期頃から、

東北地方の温泉地において

 

湯治客に土産物として

売られるようになった

 

というのが

初まりのようです。

 

ですから、こけしの産地は

東北地方で有名な温泉がある

地域にあります。

 

伝統こけしは産地によって

系統が分けられています。

 

このあたりを整理しながら

こけし収集をするのもポイント

ですね。

 

主な系統を列挙すると、 

 

  1. 土湯系(土湯温泉、飯坂温泉、岳温泉・福島県)
  2. 弥治郎系(白石市弥治郎・宮城県)
  3. 遠刈田系(遠刈田温泉・宮城県)
  4. 鳴子系(鳴子温泉・宮城県)
  5. 作並系(仙台市、作並温泉、宮城県;山形市、米沢市、寒河江市、天童市、山形県)
  6. 蔵王高湯系(蔵王温泉・山形県)
  7. 肘折系(肘折温泉・山形県)
  8. 木地山系(木地山・秋田県)
  9. 南部系(盛岡、花巻温泉・岩手県)
  10. 津軽系(温湯温泉、大鰐温泉・青森県)=温湯系

 

以上の系統があって、

そしてこのこけしには、

製作者(=工人)がいます。

 

系統はよほどのことがない限り、

途絶えることは

ないでしょうが、

 

製作者は人間ですから、

寿命があります。

 

仮に著名なこけし製作者が

跡取りもなく亡くなって

しまう場合、

 

ある系統の著名製作者の

こけしはもう手に入らない

 

ということになります。

 

その意味では、

こけし収集家にとっては、

価値が上がることになりますので

 

 

川村エミコさんの趣味である、

可愛いこけし収集には

 

上手に収集していくと

一攫千金の

夢もあるのです。

 

こけし収集のポイントは

製作者が誰なのかを

 

把握しておく

ということも

重要です。

 

川村 エミコさんのプロフィールを確認すると・・

  • 1979年12月17日生まれ 35歳
  • 神奈川県出身
  • 東京経済大学経営学部経営学科 卒業

 

 

こけし集めの財テク化は、

経済学部卒業だけに、

 

意識している可能性が

ありますね。

 

 

 

伝統文化を楽しみながら、

財テクにもなる

こけし収集!

 

観光のお土産に

購入の楽しみにしては

いかがでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析