猛暑対策、北関東の避暑地はどこがいい?セカンドハウスはマンションか一戸建てか?



インドでは異常な猛暑となって気温が50度を超えるなど、

異常気象が発生しています。

 

日本でも春なのに既に30度を超える日があったりしますが、

梅雨明け後に夏本番では、

連続猛暑日の記録も予想されます。

 

都市部の暑い平野に住んでいなくても、

エアコンいらずで暮らせる避暑地セカンドハウス

 

真夏は暮らしたり、週末だけでも暮らすことができれば

疲労や熱中症などの猛暑対策にもなります。

 

関東から比較的アクセスしやすい標高が高い

北関東地域、群馬県の避暑地を紹介していきます。

 

 

関東周辺の避暑地でお手頃価格でセカンドハウスを利用する猛暑対策がお薦め!

関東の避暑地として、東京、埼玉、千葉、神奈川に避暑地があればいいのですが、

首都圏では避暑地になるような場所がないのが現実です。

 

埼玉でも、北のほうの群馬よりなら山もあるし、

避暑地があるのではと思うかもしれません。

 

確かに、電気も水道も来ていないような秩父の山奥なら

涼しい場所もありえます。

 

実際に避暑地のセカンドハウスを借りたり、購入したり

するには人が住んでいて実際に

 

マンションや戸建ての売り物がなければ、

本格的に土地を購入して新築するしかありません。

 

夏は涼しく暮らせて、エアコンも必要ないくらいの

気候がある避暑地になって、

 

なおかつ、賃貸物件や

売買物件がある地域がお薦めです。

 

別荘が多い標高が高い地域は猛暑対策の避暑地としても

ニーズがあるものです。

 

猛暑対策として北関東 群馬県の避暑地でセカンドハウスを探すなら場所はどこがいい?

北関東の避暑地として、群馬県は首都圏からのアクセスもいい

場所です。

 

群馬県でセカンドハウスの売り物や賃貸物件がある場所について

見ていきましょう。

 

実際に売り物があれば、夏の間避暑地で暮らすという

ライフスタイルを実現することができます。

 

標高1000m越え、群馬県長野原町はセカンドハウスも豊富な避暑地

避暑地として軽井沢が有名ですが、

軽井沢は物件が高額です。

 

長野県軽井沢に隣接する群馬県に

北軽井沢と呼ばれる場所があります。

北軽井沢は長野県長野原町北軽井沢

という地名です。

 

長野原町は知る人ぞ知る避暑地です。

 

長野原町の冬は北海道並の低い気温マイナス15度~マイナス20度くらいを

記録するような場所ですから、

 

長野原町は避暑地としては最適な場所です。

 

その理由は標高の高さで、標高1000m~1400mと

高い場所にあります。

 

物件としてはマンションはないですが、

売り別荘や中古一戸建ての売り物が

常時あります。

 

群馬県草津町はリゾートマンションを避暑地のセカンドハウスへもできる温泉地

群馬県長野原町に隣接する草津町には

一戸建ての売り物以外に中古リゾートマンションもあります。

 

長野原町は冬は雪が少ないのですが、

草津は豪雪地帯です。

 

その分、夏の草津は冷涼で避暑地として

訪れるには山々の景色も見事でお薦めです。

温泉地でもあり、リゾートマンションもあり、スキー場もある

観光地です。

 

夏の避暑地として活用しながら温泉で休養をするもの

楽しいでしょう。

 

「草津のマンション」で検索いただければ、豊富な

物件情報も得られます。

 

リゾートマンションならではの豪華な温泉付き大浴場や

テニスコートなどがある物件もあるので

物件探しは楽しみが増えます。

 

戸建てを探すときは、温泉の源泉が付いているかも

注目点です。

 

温泉権が付いていると付加価値が高まるので、

売却時も有利です。

 

群馬県嬬恋村は高原の避暑地

嬬恋村といえば高原キャベツが有名です。

マンションはないものの、セカンドハウスを探すには

 

一戸建ての別荘探しは苦労しないでしょう。

 

キャンプ場もあるので、セカンドハウスを買うのはちょっとと

いう方は、週末にキャンプをして猛暑対策に

嬬恋村を避暑地として利用する方法もあります。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析