住宅ローン審査落ちた理由は携帯スマホ代の延滞も!原因探る情報開示方法は?



住宅ローン審査を受けて、落ちる理由は身に覚えがある人の場合は、

現在、延滞はないけれども銀行、信販、消費者金融などで借金の

支払いが多いことのほかには、

 

無借金でクレジットカードも持ってないけれども、

破産や債務整理歴があるために、住宅ローン審査が通らない場合があります。

 

さらには、破産や債務整理などの経験がないにもかかわらず審査が通らない場合として、

過去の100円の延滞金が残っているなどという場合もあり得ます。

 

住宅ローン審査では、銀行の審査担当者は最近、

携帯やスマホの支払いについても遅れがないか、

気を付けてくださいと警告をしています。

 

落ちた理由がわからない場合には情報開示をして

ローン審査が落ちた原因を明らかにしていくことが解決策です。

 

 

住宅ローン審査落ちた!携帯やスマホ料金がクレジットであることを意識していないのが理由

住宅ローンの審査を受けるときには、

借入状況を確認されます。

 

もちろん、現在組んでいる車のローン、

教育ローン、商品購入のクレジット情報については

確実に把握できているはずです。

 

注意すべきは、スマホなどの携帯電話の割賦については

以外な盲点になる可能性があるので

注意が必要なのです。

 

 

例えば、スマホの新規加入をするときに、

端末代金については一括での支払いではなく、

月々の料金に上乗せして分割で支払うケースがあります。

 

つまり、スマホを利用するために何らかのプランを選んで通信会社と契約する場合には、

毎月の利用料金の支払い義務の他に、

 

スマホなどの端末代のクレジット契約の

支払い義務も発生しているという事実があります。

 

銀行口座の残高不足などで、引き落としができなかったなどの場合では、

単なる、通信料金の支払いの延滞ということにとどまらず、

 

クレジット契約についても延滞が発生しているという

状況に陥っている点には注意が必要です。

 

延滞も早期に解消できれば、信用情報のデータからも

延滞中のマークが消えてくれますけれども、

 

長期間の延滞は、支払いが完了するまで、

生涯、延滞(債務不履行)のマークが残ります。

 

契約をした通信会社からは特典として、

スマホ購入代金の月々の支払い分だけ

キャッシュバックされて、

 

「端末代について毎月の支払いが実質0円」

で利用できていたとしても、

 

クレジット契約の返済が月々行われているということは

理解しておきたい点です。

 

銀行の住宅ローン担当者も

 

最近では親切に、携帯料金の支払い状況は大丈夫ですか?

と審査前に声をかけてくれることが多くなっています。

 

 

延滞が原因で住宅ローン審査が落ちたときの解決方法は?

個人情報を管理する情報機関はいくつかありますが、過去の事故歴は5年は

残るとよく言われますが、

 

延滞については解消するまで残り続けるというのが

現実です。

 

ですから、弁護士を入れて消費者金融と和解をした程度のことなら、

いずれ個人情報もリセットされる可能性は高いですが、

 

延滞については100円でも消えることがありません。

どの情報元に延滞という情報が掲載されているのかを

確認して、延滞を解消すればブラックデータを解消して

住宅ローンが通るようになります。

 

住宅ローン審査が落ちたら、ブラックデータになっているかも!情報公開方法は?

住宅ローン審査が落ちる理由は人それぞれにいろいろとあるのですが、

過去に借金をした記憶もなく、

 

勤務先もしっかりした企業に一定の期間以上勤務していて収入面も

問題ない場合でも審査が通らない場合もあります。

 

携帯やスマホの代金に延滞が現在なくても、過去にあったりする場合も

延滞などの理由で「個人情報上の信用力が失墜している」(=ブラック)

可能性があるのです。

 

信用情報機関には何がある?

個人情報を開示する方法として、情報を管理する機関が

いくつかあります。

 

  1. (株)日本信用情報機構(JICC)・・・㈱テラネット、㈱シーシービーも統合されてる
  2. (株)シー・アイ・シー(CIC)
  3. 全国銀行個人信用情報センター(全国銀行協会JBA)

 

の3つが国内の信用情報機関となります。

 

 

 

まずは、JICC(株式会社日本信用情報機構)で情報開示を請求します。

JICCのHPには、信用情報公開制度があります。

 

  1. 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等
  2. 日本貸金業協会に貸付自粛依頼を申入れたことを表す情報
  3. 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等

などの項目で、問題になるデータが残っていないかを確認しましょう。

 

該当がない場合はJICCについては、問題ないです。

 

基本的にJICCとCIC、全国銀行個人信用情報センターは、

情報がリンクしているのですが、100%ではないかもしれませんから、

念のために、3つとも情報開示を依頼していきます。

 

というのも、JICCは信販会社(クレジット)や消費者金融のキャッシングの

個人情報を管理してきたのに対して、

 

JBA全国銀行個人信用情報センターは

銀行系の個人情報を扱っているために、

情報ソースに違いがあります。

 

以上の3つの信用情報機関について、個人情報の開示請求を

行うことで住宅ローンが落ちた理由が明らかになる場合があります。

 

実際に、情報開示をした結果、

たった100円の延滞が見つかって、

 

住宅ローンに落ち続けた

理由が理解できた方を知っています。

 

ブラックデータにのっていなかったときは?

仮に、3つの情報機関のすべてにおいて、

個人情報を開示請求したうえで、

 

ブラックデータに「該当なし」となった場合には

いわゆる、個人情報取得上の問題ではないはずです。

 

基本的に、保証人として、保証債務があることのデータは存在しないのが

原則です。

 

しかし、銀行の住宅ローン審査業務を行う保証会社だけがつかんでいる情報として、

銀行で借り入れを行っている誰かの連帯保証人になっている場合などは

リスクが高いと判断される場合もあり得ます。

 

住宅ローンの申請をする際には、銀行によって、審査基準が違うので、

基準が違う銀行へ審査を依頼することで

審査が通る場合もあるでしょう。

 

⇒間寛平が借金地獄に落ちた保証人のリスクとは?返済できない時どうする?
の記事のように、保証債務も破産のリスクがありますので、

保証会社が慎重になるのも理解できます。

 

住宅ローン審査が落ちるのは家族と共有する電話番号にも!

最近では固定電話を持つ人が減っているかもしれませんが、

個人情報を取得する際には、住所や電話番号も記入をしています。

 

JICC,CIC、JBAすべての情報機関では個人の名前の他に、

居住していた地域、電話番号などを把握しています。

 

同じ電話番号を記入して借り入れを行った身内、家族の中で、

問題のある借り入れのデータが出てくる場合があります。

 

銀行も個人情報としては問題はないけれども、

同じ電話番号の登録で、参考情報として、他の誰かが破産や債務整理をしていたり、

借金が多いことがわかるとブラックではないものの、

審査上はマイナスポイントになってしまいます。

 

具体的な例としては、夫が上場企業勤務で全く問題がないにもかかわらず、

妻が夫に内緒でパチンコ中毒でサラ金の借金で多重債務になり、

過去に破産した経緯があるなどです。

 

住宅ローンを申請した人が知らない家族の状況によっても、

審査が落ちる場合があります。

 

住宅ローンを通すために離婚して内縁として同居する

人もいるくらいです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ