小林麻央 背中の痛みは背骨のがん転移?金沢大学附属病院で手術可能!



小林麻央さんが再入院をして、夫の海老蔵さんに背中

さすってもらっている様子が紹介されています。

 

また、お姉様の摩耶さんにも一晩中背中をさすってもらっていたと

病状を明らかにしています。

 

背中の痛みの正体は、おそらく、

小林麻央さんが自身でも告白したように、

骨への転移のためと推測されます。

 

具体的には、乳がんによる背骨への転移(=脊椎腫瘍

であると推測されるのです。

 

でも、安心してください。

 

「たけしの健康エンターテイメント!家庭の医学」でも紹介された

金沢大学附属病院では脊髄腫瘍を完全に取り去る手術方法が

開発されているのです。

 

 

小林麻央さんが背中が痛む理由は乳がんによる背骨への転移(脊椎腫瘍)

従来は、乳がんで骨へ転移する症状はステージ4と呼ばれ、

末期がんでもう助からないかもしれない重篤な症状でした。

 

小林麻央さんの骨への転移は「背骨へ転移」しているかどうかは

わかりません。

 

しかし、一般的には乳がんによる背骨への転移(脊椎腫瘍)の症状では、

背中の痛みを感じると言います。

 

脊椎腫瘍は過去には余命幾ばくもない症状と

解釈されてきましたけれども、

 

医学の進歩によって手術によって

脊椎腫瘍を摘出することが可能になっています。

(根治手術)

 

 

脊椎腫瘍はかつては末期症状も今は手術で回復!金沢大学附属病院で手術可能!

たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学(テレビ朝日系)では、

 

転移性骨腫瘍の手術について、

金沢大学医学部附属病院が

紹介されています。

 

腫瘍脊椎骨全摘術(TES)という手術方法は

金沢大大学医学部の富田勝郎名誉教授が開発した方法で、

 

2010年4月13日にみんなの家庭の医学で紹介され、

2012年には保険適用にもなっています。

(つまり、効果が認められている)

 

 

 

 

金沢大学が開発した腫瘍脊椎骨全摘術(TES)という手術方法によって

手術で余命3ヶ月から奇跡的に長生きをしている人たちが

続出しているのです。

 

ですから、小林麻央さんの背中が痛い症状は

非常に重篤な症状でものすごい試練です。

 

でも、奇跡を起こすということではなく、

現実的に治療が可能な症状ですから、

希望を持ってもいいのです。

ただし、金沢大学のような名医のいる病院を

探す必要はあります。

 

金沢大学医学部附属病院 整形外科 問い合わせ先、相談予約先

住所:〒920-8641 金沢市宝町13-1

TEL:076-265-2000(代表)

URL:http://ortho.w3.kanazawa-u.ac.jp/

seikei@med.kanazawa-u.ac.jp(整形外科)

 

金沢大学で治療をするかどうかは別としても、

セカンドオピニオンとして

活用してもよいのではないでしょうか?

 

東京からでも北陸新幹線でアクセスもよくなりました。

 

痛みのある部分は温めて治す!

痛みは小林麻央さんの背中だけではなく、

冷えから来ます。

 

背中をさすってもらうことで

温まることががんを消すことにもつながります。

 

⇒小林麻央 玄米カイロで体を温める!余命3ヶ月のがんが消えた奇跡が起きる!

 

風邪を引いたときに震えがくるのも、体温を上げて

免疫力をあげようとうする体の反応です。

 

小林麻央さんの場合には、背中にカイロを設置して

温めると楽になるのではないでしょうか?

(やってるかもしれませんけれども)

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ