小林麻央 ライフスタイルと乳がん発症との関連は?



フリーアナウンサーで、市川海老蔵さんの妻である

小林麻央さんが乳がんで「進行がん」であることが

2016/6/9公表されました。

 

あまりに若すぎること、お子さんが小さいですし、

乳がんの5年生存率は比較的高いですから、

 

希望をもって根治していただければと

願います。

 

麻央さんを反面教師にして、

ライフスタイルにおいて、

乳がんに関連する危険因子を確認していきます。

 

 

小林麻央さんは乳がんのライフスタイルとの関連は?

一般的には乳がんの原因になるライフスタイル上のリスクとは

次のようなものです。

 

  1.   経口避妊薬(ピル)の使用
  2.   出産経験がない
  3.   ホルモン補充療法
  4.   授乳経験がない
  5.   アルコール摂取
  6.   肥満(閉経後)
  7.   高脂肪食
  8.   運動量が少ない
  9.   喫煙(受動喫煙も含む)

 

小林麻央さんは、お子さんが二人いらっしゃるので、

出産経験もありますし、それに伴って

授乳経験もあるでしょうから、

 

ライフスタイル上のリスクとして

  • 2出産経験がない
  • 4授乳経験がない

という危険因子は該当しません。

 

また、太っているようには見えませんし年齢的なことを

考えても

  • 6  肥満(閉経後)

も該当しません。

 

  • 3ホルモン補充療法

につていは更年期障害の閉経前後の女性が

エストロゲンを補う療法ですので、

小林麻央さんには該当しません。

 

 

アルコールと乳がんの関連は高い

アルコールと乳がんの発症確率は関連は確実にあると

言われています。

 

夫の市川海老蔵さんは小林麻央さんと結婚をする前は

暴飲暴食と喫煙がすごいことで知られていました。

 

家業を考えて暴飲暴食や喫煙をやめたといわれていますが、

アルコールなどは簡単に辞められるものではありません。

 

適量を超えたアルコールを控えることが大切です。

 

麻央さんの場合には大酒飲みという印象はないですけれども、

お酒は嗜む女性でしあったことはわかっています。

 

参考記事⇒小林麻央も好きな飲酒と乳がんに関連性あり!体を冷やすアルコールに注意を!

 

受動喫煙のリスクはあったかも?

麻央さんは喫煙をすることはなかったと思われますけれども、

アナウンサー時代など、

仕事上でもプライベートでも、

 

身近にいる人が

ヘビースモーカーであると、

受動喫煙のリスクにはさらされたことになります。

 

高脂肪食に陥る可能性はあった?

高脂肪食とは脂肪の多い食事です。

 

麻央さんに限らず、ベジタリアンではない限り、

誰しも脂ぎったものを

食べる傾向にあるきがします。

 

乳がんは年々増え続けてきた背景には、

和食中心の食事から

 

欧米文化が反映された

ステーキ、ハンバーグ、乳製品などを

食べる機会が増えています。

 

麻央さんの問題ではなく、日本人全体に言える問題です。

 

食生活を根本から見直すには、

家庭でできる自然療法 誰でもできる食事と手当法(改訂版)

という東城百合子さんの本が参考になります。

 

ガンをびわの葉や、スギナ、ヨモギ、こんにゃくなどを活用して、

退治するユニークな食事療法のアイデアが学べますし、

高脂肪食とは無縁の食生活といえます。

 

運動不足の可能性もあった?

運動不足についても、便利な世の中になりましたので、

陥りやすいです。

 

重たいお米や飲み物などはAmazonを利用すれば

配送してもらえますし。

 

運動不足というのは麻央さんに限ったことでは

ないはずですが、

 

乳がんを予防する意味では心がけたたい点です。

 

まとめると、

麻央さんの場合で乳がんの原因になり得た可能性があるのは

 

  • 経口避妊薬の使用
  • アルコール摂取
  • 高脂肪食
  • 運動量が少ない
  • 喫煙(受動喫煙も含む)

 

といったものになります。

 

 

運動を除くと口や鼻から取り入れるものになっていますので、

日々、「いい空気」を吸い込んで、

 

健康を維持できる食生活と食習慣を身につけることが

必要な気がします。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ