破産歴ありで住宅ローン審査を通過した口コミ!不動産営業の使い方が鍵!



一般的には過去に過大な借金が災いして、

自己破産することになった経験がある

破産歴がある人の場合は、

 

破産免責が降りても、個人情報上に

破産歴が表示されるために、当分の間

住宅ローンが組めないと言われています。

 

破産歴があることで住宅ローンは7年程度は組めないはずではないかと、

金融機関に勤務する人も、

不動産の売買をする業者や営業マンも思い込んでいます。

 

しかし、現実には何人も破産した過去がある人が

住宅ローンを組んでいる現実があります。

 

破産歴がある人が住宅ローンを組んだ実例を踏まえて、

どうしたら家が買えるのか、

不動産屋との接し方について紹介していきます。

 

 

破産歴があっても住宅ローンは組めている

金融についての自己情報があるとクレジットカードも作れませんし、

住宅ローンも審査が通過しないのが常識である中、

 

破産歴があって何度もクレジットカードの審査が否決されている人が

住宅ローンの審査が通った人を知っています。

 

もちろん、一人だけの偶然の出来事ではなく、

年収や自己資金、年齢、勤務先はいろいろながらも、

 

複数人の人たちが、

破産歴があっても住宅ローン審査が

通過している事実があります。

 

ただし、金融機関名は特定の金融機関の審査内容に影響を与えるので、

伏せさせていただきます。

 

基本的には破産歴があると住宅ローン審査は通らないもので、

破産歴がある誰にでも当てはまるというわけではないからです。

 

あくまでも、年収、勤続年数、勤務先の業務内容、会社の規模、

自己資金がどの程度あるのか、など

破産歴とあわせてトータルに判断されるものだからです。

 

そして、大切なのは、破産歴があっても前向きに審査を通そうとする

金融機関の融資担当者と物件を仲介する不動産屋の前向きさにも

影響を受けるはずです。

 

破産歴ありで住宅ローンが通った人たちが買った物件の種類は?

破産歴があってもなくても住宅ローンは物件という担保があるので、

クレジットカードの発行よりも

審査が通過する可能性が高いと言えるかもしれません。

 

そして、破産歴があると高額な新築ではなくささやかな中古物件で

安いもので妥協しているのではないかと思うと

そうでもありません。

 

アーネストワンの新築建売を購入できた人もいます。

 

逆に、新築だから通ったのではないかと思えば、

築20年程度経過した中古マンションであったり、

築25年程度経過した中古住宅であったりと、

 

戸建てでもマンションでも、中古でも新築でも

あまり担保になる物件の種類も無関係であることがわかります。

 

破産歴があって住宅ローンが通らない理由は不動産屋の営業マンの先入観と経験不足

破産歴がある人が住宅ローンを通過させるには、

KSCやCICといった個人情報に記載されたブラックデータが

まっさらになるまで待たないとならないいう常識があります。

 

しかし、破産して5年も経過していない人たちが

住宅ローン審査通過しているのは

個人情報が消える期間では説明がつきません。

 

一例を挙げると、破産歴があるAさんは、不動産屋が開催している

一建設のオープンハウスを見学に行ったときに、

 

「破産歴があるけど大丈夫か?」と質問をしたところ、

「5年から7年はだめでしょうね」という回答で

諦めて建売購入を断念していました。

 

Aさんはネットで別の不動産屋に物件の問い合わせをしてみて、

同じように

「破産歴があるけれど大丈夫か?」と質問をしたところ、

「なんとかなるかもしれない」という前向きな回答があって

実際に新築建売の住宅ローン審査が通過してしまった人がいます。

 

要するに、破産歴があっても審査をしてみなければ、

結果はわからないということです。

 

破産歴がある人でも住宅ローンの審査を通過して、

家の購入を仲介できている不動産屋の営業マンなど、

100人に1人もいないのが現実です。

 

基本的には家を買いたいと思って、

破産歴があるなど不動産屋に打ち明けても、

「ダメダメ」

と強い先入観で否定されるのが目に見えています。

 

逆に、破産歴がある人が住宅ローンを組むには、

まずはやってみよとうする経験のある

営業マンに出会うことが

大切になります。

 

破産歴があっても住宅ローンが通過している事例を知っている

営業マンはどの金融機関に相談するべきなのかも

経験的に知っています。

 

ダメ元でいろいろな不動産屋に問い合わせをし続けることが、

奇跡を起こしてくれる人に出会うコツです。

 

破産歴があることを不動産屋には言わないで審査だけしてもらう

住宅ローンを通過させるポイントは、

「破産歴がない人」の場合では、

 

借入状況や過去の債務整理歴の有無など

しっかりと話しをした方が審査をする上で

対策がたてられるので、

しっかりと告知をした方がいい結果がでることがあります。

 

しかし、破産歴がある人は基本的にクレジットカードを

持てない状況になっているので、

借金は0です。

 

破産歴がある人は、過去の破産歴について

申告せずに、

審査だけいろいろな銀行にお願いしてもらいましょう。

 

破産歴があることを営業マンに伏せることで、

一般の人と同様に前向きに審査を進めてもらえます。

 

住宅ローンが通過するかしないかを

不動産屋の先入観で勝手に決めつけられているために、

家が買えないという不利益を回避するためです。

 

そのかわり、申し込む銀行については1社ではなく、

複数社に、依頼することもポイントになります。

 

破産歴がある人でも住宅ローン審査が通過する理由

破産歴がある人の個人情報が5年から10年できれいになると

まことしやかに言われています。

 

しかし、KSCやCICなどの個人情報がまっさらになったとしても、

破産者情報からは生涯消えることはありません。

 

破産者情報に掲載されているかどうかは、また別の

情報元から破産した人の氏名、破産したときの住所などが

記載されたリストを取り寄せられます。

 

つまり、破産免責になった人のデータは金融機関の自己情報からは

消えることはあっても、

大本の官報に掲載された情報からは消えることはありません。

 

ですから、あと何年まてば、破産した経験者でも

個人情報がきれいになってローンが組めるようになるという

考え方は無担保のクレジットにはあてはまっても、

 

持ち家がない人の住宅ローン審査では

確実に破産歴(生涯消えない)の有無を確認すると予測されるので、

本来は審査が通らないと考えられます。

 

にもかかわらず、住宅ローンを破産歴がある人が組めている

事実があります。

 

事故情報が確認できる個人情報がきれいになるかどうかではなく、

生涯消えない破産情報を踏まえて

 

トータルに年収、家族構成、勤続年数などを

考慮して審査する金融機関があるからとも言えます。

 

また、破産しているかどうかの情報源を

確認していない金融機関もあるのではないかという

推測もできます。

 

いずれにしても金融機関がどのように審査をしているかや、

破産歴があることを審査結果に影響させるかは

審査をしている人にしかわからないことです。

 

また、不動産会社の営業マンと、金融機関の融資担当者の

前向きさがどの程度あるかも

審査結果に影響しているのは間違いないでしょう。

 

破産しているからだめだと考える不動産屋を避けて、

破産していても、お金を返済できるポイントを

アピールしてくれる営業マンを見つけることが

鍵になります。

 

タウンライフ不動産購入を活用して、

多くの不動産会社や営業マンと接触する機会を

生かして、ローンの達人を探し当てましょう。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ