世界同時株安でも神王リョウは月3千万円の利益?その投資手法とは?



資産運用に失敗した老人

資産運用に失敗した老人

 

このところ世界同時株安という表現を

テレビ、ラジオ、ネットのニュースで

多く聞くようになりました。

 

つい最近まで、アベノミクス相場で

日経平均株価は24000円を目指すなど、

週刊誌が強気の記事を書いていました。

 

日本株の株価や経済状況を決めるのは

日本国内だけの政治や経済の要素ではなく、

 

お金の動きが世界的に連鎖していることから

中国がおかしくなると、アメリカもおかしくなり、

日本にも波及してしまう

 

というような動きが

株式市場にも起きやすくなっています。

 

一言でいうと、

経済がグローバル化している

ということですね。

 

世界同時株安が起こったことで、

日経平均株価は、

 

2015/8/11火曜日の高値20,946円から

2015/8/25火曜日の安値17,747円まで、

 

値幅で3199円の下落、

率にして15.27%の下落

になりました。

 

この下落はこの2週間の中でも、

特に8/18火曜日からの僅か1週間程度で

一気に暴落がおきました。

 

そろそろ反発の気運も見えてくるタイミング

ではありますけれども、

 

年に3~4回くらい起こる暴落時に

キャッシュポジションを高めておき、

暴落を上手に乗り越えられるか、

 

むしろ暴落時に投資のチャンスを

見つけられるかを反省しながら、

 

明日以降の相場に備えることが重要です。

 

その意味でも投資で成功してこれまで30億円以上も

投資で収益を上げてきた、

 

大阪府河内長野市出身の

神王リョウさん(1979/年生まれ)が、

投資でなぜ勝ち続けられるのか?その投資手法をみていきたい

と思います。

 

 

 

月収3千万円の神王リョウの投資手法は投資ルールを厳格に守りチャンス到来まで待つメンタルを維持すること?

 

神王リョウさんがどのくらい株式投資で

稼いでいるかと言うと月平均で3000万円くらい

だと言われています。

 

相場環境や神王リョウさんが得意とする

投資チャンスの機会が多いか少ないか

 

にもよりますので、ある程度のぶれはある

と思います。

 

月に3000万円の利益というのは、

現実にあるビジネスと比較すると、

 

例えば、1000円カットの経営では月3000万円を売り上げるとすれば

3万人分を1月でカットする必要があります。

 

1000円カットのお店で従業員を30名雇用して

一人当たり月間1000人のカット

で上がる収益が3000万円です。

 

 

普通規模の美容院の例では、

1店舗の売り上げ(純利益ではない)は

300万円くらいではないでしょうか。

 

月の売り上げ300万円の美容室の場合は、

10店舗運営するビジネスオーナーの売り上げは

月3000万円になります。

 

株式トレードで、美容室10店舗分の売り上げと同等の利益を

稼ぎだしているのが神王リョウさん

という風にも言えます。

 

神王リョウさんの投資手法としては、

1日のトレードにかかる時間は約30分で

完了するといいます。

 

朝の30分で投資チャンスがあれば投資をして、

1週間以内で利食いをするか、損切りをする

スイングトレードという投資スタイルを

繰り返しを行っています。

 

1日30分というのは、神王リョウさんが

自分で決めた投資ルールがあります。

 

「こういう条件を備えたら、個別銘柄に

投資をする」という投資手法です。

 

神王リョウ式の投資手法や投資ルールに合致

しそうな銘柄を前日にピックアップしておき、

 

翌日朝になって、相場を見たときに、

投資ルールに当てはまるような動きを

 

実際に見せた時にはじめて

個別銘柄に投資をする

 

ということを徹底して守り抜くのが

神王リョウ式の投資手法となります。

 

実は、この神王リョウ式の投資ルールですが、

恐らくは、特別なものではない

可能性があります。

 

投資経験が豊富な個人投資家であれば、

 

  • こういう条件の時に投資をすればとか、
  • こういった業績の銘柄に投資をすれば等、

 

個人投資家なりに持っている投資の手法やルールは

ありますよね。

 

ところが、実際の株式投資の場面になると、

株が上がっていると買いたくなりますし、

下落してくると売りたくなります。

 

あるいは、

前向きな人でも、下落している最中に、

カンに頼って特に根拠もなく投資してしまう

 

といった

あいまいな投資スタンスになっている為に、

 

神王リョウさんのように、

投資チャンスが来るまで、「ひたすら待つ」

というメンタル面での訓練ができてない為に、

 

一般の投資家は、投資スタンスが一貫していない

という点で大きく勝率を分けている

可能性があります。

 

今回のような世界同時株安では

短期間で株が暴落しましたが、

 

本当に肝心なところでキャッシュが不足して

利益を生み出すような投資手法を

 

神王リョウさんのように実行できてない人が

多いと思います。

 

あるいは、自分なりの投資手法を

持っているけれども、

 

曖昧にしている為に、

株式相場の雰囲気に任せて

売ったり買ったりしている為に、

 

塩漬け株が増えて、

資金が有効に使えてなかったり、

投資チャンスが来たときに

買えるだけの現金が不足している

 

ということが多いのではないでしょうか?

 

あなたの場合はいかがですか?

 

神王リョウさんが株式投資では

技術的な投資ルールよりも、

 

メンタルな面で潜在能力の活用という投資手法の方が

重要だと言っています。

 

⇒今後、株価暴落の予兆か?日経平均株価が大発会から戦後初の5日連続下落!

 

投資で勝てない投資家や、

利益が小さくて株では生活はできない

 

個人投資家が見習うべき投資手法であり、投資スタンス

なのでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ