風邪や喘息で咳が止まらないとき、漢方薬で治す方法とは?



アイドルの中では、大人しいイメージのある

元AKB48のメンバーだった島崎遥香さん(1994/3/30生まれ)は、

 

持病の喘息ぜんそく)のために休養をとって

活動を休止したこともありました。

咳・紙マスク

咳・紙マスク

 

 

 

 

 

ぜんそくの治療法が

確立されていないために、

学生なら学業に支障が出ますし、

 

社会人なら仕事のパフォーマンスにも影響します。

 

咳が止まらない苦しみから脱却して

咳が薬などを利用してでもとまるなら、

 

  • 学校を休まなくても済んだ、
  • 仕事を休まなくても済んだ、
  • 学業や仕事に全力で取り組める、

 

など、ぜんそくを治療するということは、

QOL(生活の質)を向上させてくれます。

 

ぜんそくや風邪がきっかけの慢性的な咳のは従来の西洋医学による薬では

簡単にとまりませんが漢方薬ならピタリと止まる場合がありえるのです。

 

 

咳が止まらないと治療法や特効薬がないという諦めの境地になる!

 

「ゴホン、ゴホン・・・」という感じで、

 

子供のころからアレルギー体質でぜんそくを持病で持っている為、

年中、風邪をひいていないのにをする人がいます。

 

いつも咳が出るのは持病だから風邪をひいたわけでもないので、

敢えて、医師にはかかりません。

 

 

本人は、治らないアレルギー体質だから、

子供のころからぜんそくの持病があるから、

 

ということで、あきらめています。

少々の咳は我慢です。

 

咳を繰り返すと肉体的も精神的にも

疲労しますし、辛いものです。

 

「ぜんそく」の持病はいつものことですから、

我慢するのが習慣になってしまっています。

 

 

 

医者から処方された薬(化学物質)を試しても、

咳が止まらないために、

 

「治療法がない持病だから休養するしかない」

という「諦め」がある

のかもしれないのです。

 

西洋医学では「咳が止まらない」という症状を治せない!

 

なぜ、治療法を探さず、休養にとどめる

のでしょうか?

 

その理由として、ぜんそくで医師に相談し、

診断の上、薬が処方されても、

治ったためしがないからではないでしょうか?

 

私、個人的な体験ではぜんそくではありませんが、

 

風邪をひいた後に、咳が止まらず、

相談した医師から

 

「麻薬系の強い薬を出しておくから」

と言われて服用した薬を飲んでも、

咳は一切止まらなかったことがあります。

 

また、別の医者にかかると、

「病名は、○○とつけておきます。

病名がないと薬が処方できないし、

 

何が原因か、また、該当する病名がみつからない、

 

 

慢性的に咳がとまらない症状に対して、

病名は医師の私が付けた名前です」

 

という態度の診察や診断をされると、

患者としては、

 

「だめだ、治らないし、医師が治せる方法はない!

製薬メーカーが作った特効薬も存在しない。」

と判断してしまいます。

 

実際に医師も解決策を見いだせないから

適当な病名をつけたりして薬をこじつけるのです。

 

1か月や2か月の咳であれば「なんとか治療しよう」

という気力もありますが、

 

症状が慢性化して、1年以上も

ぜんそくや咳を我慢をしていると、

 

咳が出るのは自分の喉が過敏に反応しえいるのではなく

外部環境が悪いと思ったりもします。

 

例えば、

 

「やっぱり、今日は寒いから、咳が出るな」

「埃っぽいところは、ダメだな」

「排気ガスも、喉には良くないんだろうな」

とか、

 

島崎さんの場合なら

「コンサート中のスモークは、喉にわるいよね」

とかです。

 

治ってみるとわかりますが、止まらない咳の原因は本人の喉が

過敏になっていることなのです。

 

完治まではいかなくても、

症状が気にならないくらいまで治療したい

という気持ち(気力)は

なくなっているのです。

 

治療法がない、医師が処方した薬を服用しても

一向に良くならない「ぜんそく」とは、

意外にも重病なのかもしれないのです。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

ぜんそくの治療法のヒントは松居一代にあった!アレルギーは漢方薬の名人なら治せる?

 

一般的なクリニックや病院に通院しても、

「咳止めの特効薬」というのは

存在しないのではないでしょうか?

 

 

よく処方されるのは、

「吸入ステロイド」と呼ばれるもので、

口をあいて、のどに向かって噴射する薬です。

 

もっと重度のぜんそくの人には、

「服用ステロイド」が処方される

ようです。

 

製薬メーカーが多額の研究費用を使って

開発した新薬だったとしても、

 

医師が処方してくれる薬に

絶大な効果があったとか、

あまり聞いたことがありません。

 

むしろ、通院していても治ることはなく、

気休めで出された薬を服用するだけか、

 

他の医師に相談しに行くこと等の

繰り返しかもしれません。

 

ぜんそくの原因を究明して、

その解決策を考えるという普通の医学部で勉強してきた医師には、

 

慢性的な咳や、ぜんそくは治療できない

可能性が高いです。

 

ましてや、ドラッグストアやネットで買った

市販薬を服用するような治療は

方法として気休めにすぎません。

 

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

ヒントは、タレントの松居一代さんの

体験にあります。

 

松居一代さんのお子さんが重度のアトピー性皮膚炎

で、皮膚のかゆみがひどかった時に、

 

中国の医師に漢方薬を処方してもらい、

完治したという有名な話がありますね。

 

ぜんそくは、アレルギー体質が原因に

なっている場合がありますので、

 

東洋医学漢方の考え方では、

皮膚病を治療するのと

発想は同じです。

 

 

あとは、松居一代さんのように、

漢方の名人と言われるくらいの

いい先生を

 

徹底的に探すことですね。

 

 

 

漢方薬の名医は、その人の体質にあう漢方で

効果が出る漢方薬を当てられる人

と言ってもいいでしょう。

 

その点では、島崎遥香さんは、埼玉県出身で、

関東にいるわけですから、

 

埼玉県を中心にして栃木県や茨城県の他、

電車のアクセスがよくて

医師が多そうな東京都など、

 

探す気になれば、漢方の名医が

見つかる可能性があるか

と思います。

 

 

本気で治療法を考えるのであれば、

全国に目を向けて医師を探す

ことをおすすめします。

 

漢方薬の名医を探す方法とは?

 

では、漢方薬の名医を探すにはどうしたらいいのでしょうか?

 

最近では、大学病院でも漢方処方の科が設置されるようになりました。

 

東京女子医科大学には、

ココロとカラダの不調を改善する やさしい東洋医学

の著者である木村容子先生がいますので、

 

本を出しているような先生にまず相談をしてみることが

1つの方法です。

 

参考記事⇒漢方の名医=並木隆雄が四逆散で便秘解消!千葉大病院の予約法とは?
の記事で書いたように、

千葉大にも漢方の名医がいます。

 

最寄りの大学病院で漢方外来がないかを

確認してみましょう。

 

大学病院へいくほどではと気がひける方は、

製薬メーカー(漢方の)へ問い合わせてみることで、

 

最寄りの漢方薬局を紹介してくれます。

 

漢方の製薬メーカーは

  • ツムラ
  • 小太郎漢方製薬
  • 太鼓精堂製薬会社
  • ウチダ和漢薬

などがあるので、ネットで検索いただければ、

連絡先が見つかるはずです。

 

 

咳が止まらないという症状はアレルギーだけではなく、

ストレスだったりするかもしれません。

 

漢方の名医はカラダ全体のバランスを整えることを

考慮して漢方薬を処方してくれます。

 

喘息やアレルギーだから治らない、

風邪を引いた後の咳が止まらなくなったなど

 

治らないと諦めずに、

治ると思って相談してみましょう。

 

うそのような奇跡的な結果が起こることが

ありえるのです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ