三浦市 松輪サバ の食堂「輪中」がごはんジャパンで紹介!その栄養価とは?



テレビ朝日「ごはんジャパン」では、

神奈川県三浦市松輪サバがごはんジャパンで紹介

されました。

 

松輪サバとは、神奈川県三浦市でとれる

高級グルメです。

 

松輪サバの美味しさ、栄養価、

番組で紹介されたとれたての松輪サバが

食べられる食堂輪中」へのアクセス方法について紹介します。

 

 

神奈川県三浦市の松輪サバがごはんジャパンで紹介!

今回注目する食材は、

神奈川県三浦市松輪地区で水揚げされる“松輪サバ”。

そのおいしさの秘密を求めて、幕末の文久3年創業、

150年の歴史を持つ『日本橋 とよだ』の五代目主人・橋本亨さんと遼河はるひさんが、

松輪地区の間口(まくち)漁港に向かう。

出典:『黄金に輝く 松輪サバ』ロケ地:神奈川県三浦市

 

三浦市松輪地区には、漁港があって、

松輪地区の漁港から水揚げされるのが

高級グルメ松輪サバのです。

 

しかも、松輪サバは黄金色をしているという

特徴もあります。

 

三浦市松輪地区では、港に近いために、

新鮮な魚が仕入れられる場所ですので、

グルメ好きは、港周辺の飲食店を

物色するのも楽しいかもしれません。

 

高級グルメ松輪サバとは?その栄養価とは?

松輪サバと呼ばれるのは、松輪地区にある漁港で

水揚げされるからというだけではなく、

 

松輪地区にある間口漁港で一本釣りによって漁獲された

400g以上のマサバを松輪サバと呼んでいます。

 

400グラム以上という大きさにも基準がありますけれども、

「一本釣り」というところが美味しさの秘密です。

 

網で一網打尽にして捕獲されたサバは網の中で限界まで

暴れまくって、苦しみながら死んでしまうために、

味が落ちるとされるのです。

 

その点、一本釣りで釣上げられた魚は味が格段に違っているはずなのです。

 

市場でも、味の違いから、一本釣りの魚は、

高額で取引されるといいます。

 

マサバの栄養価は?

マサバには動脈硬化などの予防に効果があると言われている

DHAやEPAが含まれていることが知られています。

 

 

とれたて松輪サバの食堂「輪中」へのアクセス方法

ごはんジャパンで紹介された輪中(わなか)は、

三浦市で港でとれたての松輪サバを食することができる

食堂として知られています。

 

住所:〒238-0104 神奈川県三浦市南下浦町松輪554

営業日:通常金曜日17:00~ 土曜・日曜の週末のみ

営業時間:11:00~21:00

URL:http://www.wanaka38.com/

電話:046-897-3925

 

輪中はこれまで、

テレビ東京「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~ 『スペシャル』」

など、多くのメディアで紹介されてきたお店です。

 

とれたてを食べるなら、

輪中かもしれませんね。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ