神田明神に商売繁盛のご利益を求めて田舎から参拝するとビジネスのヒントがみつかるかも!



新年になり、年初の仕事はじめでは

東京都千代田区にある神田明神

 

多くの企業の経営者、会社員が商売繁盛を祈願しに、

4000社、10万人以上のビジネスマンが参拝をします。

 

東京にある神田明神へは埼玉、神奈川など近県の人たちも参拝するのが

一般的です。

 

首都圏からはなれた北関東の群馬、茨城、栃木でも北部の田舎

の山奥で事業をしていいる人たちや、これからビジネスをはじめたいと

思っている人にとって、

 

神田明神への参拝による商売繁盛のご利益についてみていきます。

 

 

神田明神には3つのご利益がある神様がいる

神田明神には、

  1. 一之宮=大己貴命(おおなむちのみこと)⇒縁結びの神様
  2. 二之宮=少彦名命 (すくなひこなのみこと)⇒商売繁盛の神様
  3. 三之宮 平将門命 (たいらのまさかどのみこと)⇒除災厄除の神様

 

といった3つの神様が祀られています。

 

神田明神には商売繁盛のご利益

明治天皇がもご参拝され、戦後の焼け野原から、

東京が大きく反映する姿を見守ってきたのが

神田明神です。

 

東京一極集中が問題になったりしますけれども、

東京が世界的な都市になっていることからも、

 

都内の大手企業を始めとした経営者、ビジネスマンが

年始から参拝に訪れるのでしょう。

 

神田明神には縁結びのご利益

東京の人口は地方の人口が減少する中でも増え続け、

保育所が不足するなど、

人が群れ集まる場所として活気があります。

 

人と人の出会いが多い場所とも言えるでしょう。

 

東京には神田明神、大國魂神社など、

縁結びの神様が祀られていることも

関連はあるのでしょうか?

 

参考記事⇒大國魂神社 縁結びのご利益を証明か?府中市出身の澤穂希 電撃入籍!

 

神田明神で結婚式を挙げる方も多数いらっしゃるのは

ご利益にあずかるための行動でもあります。

 

田舎から東京の神田明神に商売繁盛の祈願をしに参拝してみると新たなビジネスのヒントが見えてくるのはなぜ?

 

田舎で商売や自営業をしているとどうしても井の中の蛙に

なってしまい、広い視野が失われてしまいがちです。

 

学生や若者が東京に出ていきたくなるのは

田舎にはない新しい可能性を見つけたいからです。

 

田舎で長年暮らしていても、若者の様に時には

東京へ電車に乗って、でかけるのも刺激があっていいものです。

 

 

具体的には、年初における商売繁盛の祈願も、敢えて、地元から少し足を延ばして、

東京の神田明神に参拝してみるという行動です。

 

田舎とは違う活気が都会にはあります。

 

田舎で営んでいた商売が中々うまく行かないので、

業態を変えたいとか、

 

会社が倒産してしまい、新たに出直しをするには

どんな商売がいいのかわからなくて悩む人も多いでしょう。

 

そんなときは、思い切って電車に乗って神田明神へでかけてみるのです。

 

北関東の群馬県であれば、雪が降るようなみなかみ町や

四万温泉があるような山奥から思い切って

 

都心にある神田明神へ観光を兼ねて参拝してみるのです。

 

若しも、何か新しいビジネスのヒントはないだろうかとか、

心の中に求めるものがあれば、

 

電車に乗りながらの沿線上にある風景や電車を降りてみて

歩いた時に、田舎にはないビジネスで、

 

田舎でもニーズがある商売のヒントがごろごろ転がっています。

 

田舎には当然ない、漫画喫茶、スタバなどの飲食店の看板、

駅前にずらりと並ぶ不動産会社の看板、

駅周辺にある分譲マンション、

 

田舎では「しまむら」しか見たことがなかったかもしれませんが、

いろんな業態の衣料店などがあったりします。

 

田舎から神田明神へ参拝して商売繁盛を祈願しながら、

新しいビジネスのヒントが町にあふれていて、

 

田舎でもニーズがある「衣食住」に関する

新サービスが創出できる可能性があります。

 

ネット上のビジネスでは田舎も都会も関係なくなりましたが、

リアル店舗を必要とするビジネスでは、

 

田舎と都会の格差があるので、神田明神への参拝という

目的をかねて、商売繁盛のご利益を

自らの行動でつかんでいきましょう。

 

また、都会にはないいい商材が田舎に眠っていたことに

気が付くというご利益も得られるかもしれません。

 

参考記事⇒僧侶の格が高い信州 善光寺のご利益があるお守りについてはこちら!

 

いつもいる場所から移動して新しい発見をするきっかけに

神田明神への参拝を利用してみてはいかがでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ