SBI証券の株式手数料でTポイントが貯まるって知ってた?



株式投資にかかる売買手数料はどのネット証券でも大差はないと考えていたので、

手数料の安さで証券会社を選ぶのではなく、

使い勝手の良さでネット証券を利用してきました。

 

相場の地合いがよくて、儲けやすいときは

手数料も気にならなかったのですが、

 

あまり収益が上がりにくくなってきたときに、

手数料が安ければ、エントリーで失敗しても

小さい傷で撤退できることに気が付きました。

 

その意味で、格安手数料の大手証券のSBI証券を利用することに

しました。

 

実際に、SBI証券で株式投資をしてみると、

手数料が安いだけではなく、ポイントがたまっていることに気がついたのです。

 

しかも、SBI証券に支払った手数料の一部がSBIポイントになって

買い物ができたり、Tポイントに交換することができるという

すぐれものです。

 

Tポイントをためている人で、SBI証券を使っていない人は使わないと

後悔するかもしれませんよ。

 

SBI証券では、株式の売買手数料が安いだけじゃない!手数料にポイントがつく!

SBI証券は手数料が安いことはよく知られれています。

 

手数料の安さは楽天証券と同等です。

 

楽天で買物をする人なら楽天証券が一押しにはなりますが、

楽天はあまり使わずに、

 

Tポイントをよく使っているという人なら

SBI証券の方がお薦めとなります。

 

SBI証券の株式取引で累積した手数料の1.1%がポイントに!Tポイントに交換できる!

 

というのは、SBI証券に支払った売買手数料の月間の合計額について、

1.1%の比率で、ポイントが付与されるのです。

 

SBI証券では、SBIポイントと言っています。

 

たまったポイントは、「SBIポイント」というサイトへログインすることで、

各種商品と交換ができたりしますし、

 

自分の欲しいものが見当たらないときは、

いつも利用しているTポイントへ

1:1の比率で交換ができます。

 

リアル店舗でお金と同じように使えるTポイントに交換できるわけですから、

SBI証券で株取引をしたときの手数料の1.1%は

キャッシュバックされるのに近いという感触です。

 

SBI証券は他の証券会社と比較しても安さで負けることはほぼないので、

ポイントが付与されるだけ

使わないと損です。

 

3ヶ月分のポイントでで700ポインを獲得

具体的に、どの程度のポイントがたまったのか、

私の場合で紹介します。

 

 獲得日     獲得事項      獲得ポイント 有効期限

  • 2018/08/10 国内株式手数料マイレージ 115  2021/01/31
  • 2018/09/10 国内株式手数料マイレージ 115  2021/01/31
  • 2018/10/10 国内株式手数料マイレージ 220  2021/01/31
  • 2018/11/12 国内株式手数料マイレージ 130  2021/01/31

(個人情報のため、わざと、数字は本物の数字を少し変えてありますが、

おおよその数字としてはかけはなれていません)

 

私の場合は、SBI証券で取引をするようになったのが、

7月からです。

 

あまり資金量も多くないですし、頻繁にデイトレを行うようなスタンスでもありません。

 

平均的な兼業投資家より取引量は少ないかもしれません。

 

結果として、4ヶ月分のポイント履歴をみて4階分のポイント合計は、

580ポイントになりました。

 

500ポイントごとに、Tポイントに変換ができるので、

なんと、4ヶ月の取引で、500Tポイントも

Tポイントを獲得できてしまいました。

 

最近、オートバックスで車のバッテリー交換をして、

21598円(税込み)の支払いをしても、

Tポイントは107ポイントしか獲得できませんでしたけれども、

 

普通に自分のペースでSBI証券で売買していたら、

500ポイントって大きいと思いませんか?

 

マネックス証券メインから、SBI証券へ変えた理由は手数料の安さとポイント還元に

SBI証券で取引を初めて、手数料が他社より安いのでいいと思っていた反面、

それほど大きな違いはないので、他社との併用をしています。

 

しかし、支払った手数料でTポイントがたまるのはSBI証券だけと

気がついて、俄然、メインはSBI証券と心に誓いました。(笑)

 

 

これまでメインの証券口座はSBI証券ではなく、

むさし証券(トレジャーネット)やマネックス証券を利用してきました。

 

マネックス証券でも貸株金利が付与されたり、

ポイントがたまるのは一見するとSBI証券と似ているかもしれません。

 

ただ、私は、長年マネックス証券を利用してきましたけれども、

一度も、マネックスポイントを獲得したことがありません。

 

マネックス証券で付与されるポイントは、

投資信託の購入や月間の手数料が30万円以上のときです。

 

私の場合は、投資信託も購入しませんし、

手数料を毎月30万円も利用しない弱小投資家です。

 

SBI証券では、取引金額に関係なく、月間の手数料総額について、

1.1%だけポイント還元があるので、

専業とまでは行かない兼業投資家、

平均的な個人投資家には、おすすめできるというわけです。

 

いままで、他の証券会社へ支払った売買手数料の総額を

計算してみると、後悔しそうですね。

 

あなたには、私のような残念な結果になってほしくないので、

利用してない方は、

 

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

口座開設をしてみてください。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ