高学歴の膳場貴子アナが母親に!3回目の離婚はなし宣言か?



NHKからフリーアナウンサーに転身して、

現在、TBSの報道番組NEWS23の

メーンキャスターを務めている

 

膳場貴子(1975年2/28生まれ40歳)さんが、

3度目の結婚で、第1子を出産されました。

 

年齢が低くないだけに、本当に良かったですね。

 

 

また、膳場貴子さんにお子さんが生まれる

ということは、

 

今度こそ大丈夫かなって心配する側からすると

 

大変な安心材料で良かったと思います。

 

一方で、膳場貴子さんがなぜ2度も離婚したのか、

ということについては、視聴者としては、

気になるところです。

 

 

 

なぜ、これまで2回も離婚をしてしまったのか、

第三者の目で、膳場貴子さんと高学歴との関連について。

 

 

人気アナウンサー膳場貴子と小宮悦子の共通点は2回の離婚と高学歴

 

ちょっと先輩にはなりますが、

フリーアナウンサーの小宮悦子さん(1958年4/18生まれ57歳)は、

かつてテレ朝系のニュース情報番組で人気がありました。

 

小宮悦子さんはお堅いアナウンサーのイメージがある半面、

2度の離婚歴(バツ2)があるということで、

ちょっとスキャンダラスな面ももっています。

 

膳場貴子さんと小宮悦子さんが似ているのは、

知性的で好感度が高いテレビの人気アナウンサーであること。

 

そして、バツ2であることです。

 

 

アナウンサーという仕事柄、

容姿端麗かつ頭脳明晰です。

 

もう1つの二人の共通点は高学歴です。

 

 

高学歴な女性は離婚しやすいののか?

 

膳場貴子さんの高学歴の背景ですけれども、

 

東大医学部(看護学科)を卒業しているという点は、

頂点を極めたと言ってもよいでしょう。

 

更に、膳場貴子さんが凄いのが、

東大へ入学するプロセスです。

 

膳場貴子さんは、

東京の私立女子御三家の1つ女子学院(=JG

 

という中高一貫の名門私立を出ている点が

突出していて毛並みの良さを感じますね。

 

 

 ちなみに、女子学院の

2015年の東大合格者数は

 

現役浪人合わせて30名合格し、

全国の高校で15位に入る超名門校です。

 

30人のうち26人が現役合格者数ですから

質の高さでは、全国15位より上

と言えるかもしれません。

 

 

参考までですが、

早稲田大学へは、175名、慶応大学へは107名の

累計合格者がいますから、

 

早慶クラスの大学へは女子学院からなら、

行こうと思えば行けるレベルということです。

 

 

 

膳場貴子さんのように、中学から大学まで、

すべて、日本の頂点にある学校で

学ぶ人っていうのは、

 

妥協がなく、いろんな可能性を追求して、

努力もすると思いますね。

 

その意味では、「男性に対しても妥協しない、

自分の生き方についても、妥協しない

 

という姿勢をもっていても

おかしくないですよね。

 

膳場貴子さんが離婚した男性は二人とも、

東大出身で大手企業に勤務の会社員です。

 

普通であれば簡単に結婚できるような男性

ではないでしょうね。

 

 

東大出身者でかつ大手企業の男性と

結婚しても膳場貴子さんなりに、

 

重視するものが何かあるのだと思います。

 

仕事もそうですし、趣味やライフスタイル

もそうでしょう。

 

あらゆることに対して理想を追求するタイプ

ではないかと推測します。

 

膳場貴子さんの職業である、

ニュースの報道についても、真相を深く

追及していく姿勢がありますよね。

 

2度の離婚について、

膳場貴子さんに特に何か問題があるとか、

 

お相手に何か特別な何かがあった

というよりも、

 

膳場貴子さんの「理想を追求する」姿勢が

結果として3回目の結婚となったのかもしれません。

 

また、膳場さんは男性に頼らなくても経済的にも自立している

稼げる女性ですから、

 

男性に養って貰う必要はないので、

妥協する必要が無いともいえます。

 

 

関連記事⇒子供が生まれた膳場貴子の母校「女子学院」隣に日テレが建築予定についてはこちら!

 

 

さらに、今よりもいい夫を目指して4回目というよりは、

 

今後は、お子さんのことも考えて、

 

自分自身の理想の追求だけではなく、

いい家庭を作って欲しいと思います。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ