麻黄附子細辛湯の効果は寒気が止まらない風邪に!



風邪を引きやすい虚弱体質の人は、

いろいろな薬を服用した経験があるのではないでしょうか?

 

風邪の初期であれば、葛根湯などで

なおってしまいますけれども、

 

病気が体の奥まで入り込んでしまうと、

風といえども簡単には治りません。

 

いや、風邪の特効薬がなく、風邪をサクッと

治せる医師の方が少ないのが現状かもしれません。

 

漢方薬の中でも、秘密兵器とされるのが、

麻黄附子細辛湯です。

 

その効果は、効きすぎてコワイくらいです。

 

寒気が止まらない風邪の症状がある時の

漢方薬の一つとして紹介します

 

麻黄附子細辛湯は医師も処方できる漢方薬

ツムラは漢方薬の大手で、多くの漢方薬を製造販売しています。

 

その中で、麻黄附子細辛湯は医師が処方できる漢方薬でありながら、

めったに処方する医師はいないかもしれません。

 

葛根湯や小青竜湯のようなメジャーな漢方薬ではありません。

 

しかし、麻黄附子細辛湯の使い方を熟知している医師や

薬剤師であればその驚くべき効能を知っている、

 

知る人ぞ知る妙薬です。

 

麻黄附子細辛湯の効能や配合生薬

麻黄附子細辛湯の効能は、一般的に、

 

  • 悪寒
  • 微熱
  • 全身倦怠感
  • 低血圧でめまいや頭痛がある
  • 四肢に疼痛冷感がある

などの症状がある風邪や気管支炎に対して

使われる漢方薬です。

 

悪寒とはゾクゾクする寒気のことですし、

寒気が止まらないような風邪の症状とも言えるかもしれません。

 

麻黄附子細辛湯を構成する生薬は

  • 麻黄
  • 附子
  • 細辛

から成り立っています。

 

麻黄附子細辛湯が寒気を取り除くパワーは附子に!

麻黄附子細辛湯は冷えた体を温める働きがあるとされるのは、

附子が入っている点にもあります。

 

トリカブト事件という殺人事件がありましたけれども、

トリカブト事件で使われたトリカブトを多量に服用させられた被害者は

体が暑がって、苦しみ、なくなっていきました。

 

トリカブトは猛毒である反面、漢方薬でも

附子という生薬として体を温める作用を活用して、

 

風邪を追い出す役割を果たしているわけです。

 

第2類医薬品としても、

Amazonで漢方薬を販売しています。

非常によく効くわけですけれども、

暑がりの人で、体力が充実しているような人には

合わない薬と言えます。

 

専門家に相談するなどして、

使用したほうが良いでしょう。

 

麻黄附子細辛湯を服用して、効果があった経験のある人は、

体質的にはあっているといえるかもしれません。

 

また、細辛(さいしん)も附子どうように

体を温める働きをします。

 

 

麻黄附子細辛湯はどんなときに服用して効果があったのか口コミ

風邪の初期段階であれば、葛根湯を服用するのはセオリーです。

 

葛根湯でも治らないようになってくると

いろいろな漢方薬の出番になります。

 

ポピュラーな市販薬としては、柴胡桂枝湯などがあります。

 

暖かくして布団をたくさんかけて寝ているのにもかかわらず、

寒気がどうしても取れない

 

寒気が止まらないような風邪で、

 

体がとにかくだるいなどの

症状があるときに、

 

麻黄附子細辛湯の効果を実感したことがあります。

 

麻黄附子細辛湯を服用することで、

体が暖められて

 

風邪の症状が緩和していく経験をしたことがあります

 

しかも服用後の効果は即効性があります

 

服用後に風邪の苦しみが緩和されていくのが実感できるので不思議です。

 

虚弱体質で寒がりの人の風邪には

効果があるといえるのかもしれません。

 

麻黄附子細辛湯は漢方の名医が利用する

 

漢方の名医が曰く、

風邪が「腎(じん)」まで侵入してしまった状況で、

 

麻黄附子細辛湯の附子が腎を温めることで、

効果がでてくるのだと。

 

漢方では、病気が、「肝、心、脾、肺、腎」

の5つのどこかに原因があるというような

考え方をしています。

 

膀胱経(背中をはしる経絡)から侵入した風邪は深く侵入すると

腎まで到達してしまうという考え方です。

 

腎臓は死ぬ直前まで働く強い臓器であると言われています。

 

お年寄りが秋、冬、春の寒い時期に風邪が原因で

亡くなる方が多いです。

 

お年寄りは虚弱な方も多いですから、

風邪が命取りになることがあります。

 

風邪や気管支炎が治ることで一命をとりとめられるような

お年寄りはいるはずなのです。

 

麻黄附子細辛湯が広く活用されて、

風邪で弱ってしまった方が救出されることを

祈ります。

 

もちろん、お年寄りだけではなく、若者でも

虚弱体質な方にとっては救世主的な

存在になるはずです。

 

麻黄附子細辛湯は微熱あって、頭痛がして、寒気がある時の

妙薬です。

 

まとめ:麻黄附子細辛湯が向いていそうな人とはどんなタイプ?

麻黄附子細辛湯は、

虚弱な人か、年齢的には高齢者や病後で体力が衰えたような

タイプにあう漢方薬です。

 

主な症状としては、

 

  1. 手足が冷える
  2. 鼻水や鼻詰まりがある
  3. 咳や喉の痛みがある
  4. 頭痛や微熱がある
  5. 悪寒がする
  6. 全身倦怠感がある

 

というような症状を訴えるような場合です。

 

麻黄附子細辛湯に含まれる

麻黄で発汗を促しながら、

附子と細辛で身体を温めることで

風邪を治してしまいます。

 

以上のような症状に該当するときは、

【第2類医薬品】麻黄附子細辛湯Amazon

を試してみる価値はありそうです。

 

しかも、薬との相性があったときは

効果がすぐにわかります。

 

また、麻黄附子細辛湯があいそうな人は、

風邪を引きやすい体質であるとも言えます。

 

風邪をひかないように、日頃から首周りを温めておくことが

大切です。

 

また、寝て起きたら風邪を引いていたということがないように、

暖かくして睡眠をとることが大切です。

 

【暖活】新発想の冷え対策はこちら から、

山本昌さんも愛用する「ママウォーム」という

 

温かい掛け布団の体験動画をチェックしてみて

ください。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ