大島康徳 酒タバコをやめても駄目?大腸がんを寛解するには?



大島康徳さんが、2016年に大腸がんであることを

公開し、ブログ「ズバリ!大島くん」をAmebaで

スタートしました。

 

ブログの中では、肝臓にまで転移をしている

ステージ4の大腸がんであることを

告白しています。

 

しかし、大島康徳さんは、明るくいつもどおりの生活を

続けていて、極めて前向きです。

 

ステージ4でも、14年以上も生きながらえているシェフがテレビで紹介されたことで、

ステージ4で14年も生存している人の記録を超えてやろうと

意気込んでいます。

 

大島康徳さんが今後、ステージ4の大腸がんを克服して、

長寿を全うするために、

 

を一旦、やめた様子です。

 

しかし、タバコはやめられないようで、

食いしん坊で大食いの習慣もそのままの様子です

 

野球選手が短命だと言われないために、

大島康徳さんはどうすればよいのでしょうか?

 

大島康徳は大腸がんの死亡率が最も低い大分県出身

大島康徳さんの生まれ故郷である大分県は、

大腸がんの死亡率が低い県として知られていいます。

 

参考記事⇒大腸がんが少ない大分県はカボスの効能が理由?

 

食べたものが通過していく消化器系の一部である大腸の

病気になりやすいかなりにくいかは、

 

県民性を表している食文化にも影響を受けることが

わかる例です。

 

大島さんは大分出身なのになぜ、大腸がんに?

 

故郷を離れて、空気も水も環境も、食文化も違うようになれば、

いくら大腸がんの死亡率が低い県で生まれても、

 

食生活の乱れによって病気になってしまうことが

わかります。

 

大島さんは、手術を受けたり、抗癌剤治療を受けたりして、

前向きに頑張っています。

 

大島康徳 大腸がん手術後、酒はやめたがタバコはやめられない?

手術後もこれまでと何ら変わらないと言いながらも、

お酒だけはやめたとブログで報告しています。

 

昨日「何一つ変わっていません」と
ブログに書きましたが、一つだけ
変わったことがありました。

お酒をやめました。
それだけ。

出典:退院

 

アルコールの飲み過ぎは血液の流れを悪くして、

肝臓にも負担がかかりますし、

便秘や痔の原因になってしまう傾向にあります。

 

便秘は大腸の中に宿便が残ったままになりますから、

腐ったものが大腸内に残って排泄されないと、

病気になるリスクが高くなるのは当然です。

 

その意味で、アルコールを当面、やめたというのは

英断であると考えます。

 

酒はやめてもタバコはやめられない?

大島さんはブログで次のように、

元気に、タバコと付き合おうとしています。

 

早く退院したいぞ!

タバコも吸いたいぞ!

出典:入院中

 

酒よりも中毒性がありますから、

しかたないかもしれません。

 

国の調査では、タバコと大腸がんの関連について

つぎのような結果が示されています。

 

男性でも女性でも、たばこを吸う人は、吸わない人に比べて、大腸がんの発生率が1.4倍でした。

たばこをやめた人も、1.3倍でした。

この結果から、もしたばこを吸う人がいなかったとしたら、

男性の大腸がんの約22%は予防できていたはずという計算になります。

出典:お酒・たばこと大腸がんの関連について

 

大腸をいたわる意味で、本来なら

タバコも止めたほうが無難であることが理解できます。

 

大島康徳 食生活の特徴は食いしん坊で、スイーツ好きは、小林麻央さんと同じ?

大島康徳さんは、ブログの中で、

とにかく、食いしん坊であることが

コンテンツになっています。

 

大好きなアイスクリームやケーキなどのスイーツが

紹介されています。

 

大島はアイスクリームが大好き。
中でもお気に入りは

ハーゲンダッツのストロベリー。

出典:男だって甘いものが好きなのだ 

 

甘くて美味しいものは本当に病みつきになります。

 

参考記事⇒小林麻央 米飯の食欲に注意!ステージ4だった樹木希林さんの食事療法とは?

 

大島さんは、小林麻央さんと食いしん坊なところが

共通だとブログで語っていますけれども、

 

麻央さんは食べ物についてはかなり研究して、

免疫力をアップする努力をしています。

 

大島康徳 高血糖も影響していた?

大島さんの場合は、大腸がん発覚の前に、

高血糖が指摘されていました。

 

実はダイエットしてたんだよ。
お前が心配するから言わなかったけど
1月の健康診断で
正常値の範囲だけど少し血糖値が
上がっているから、運動をすることと
食生活に気をつけるようにと
先生に言われてたから。

と答えた。
出典:『癌発覚から手術・治療へ』① 本当にダイエットしていたんだ

 

糖尿病にまではなっていなかったかもしれませんけれども、

高血糖は体内の血管を傷つけます。

 

血管が老化することで血液循環も悪くなりますし、

病気になるリスクが高まってしまうわけです。

 

前立腺がんを治療中の小倉智昭氏も糖尿病を

わずらっています。

 

酵素研究の第一人者である鶴見隆史先生は

著書「酵素」の謎――なぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか(祥伝社新書314)で、

の中で病気の原因は

  1. 食生活の乱れ
  2. 強いストレス
  3. 悪い環境と悪い生活習慣

 

であると述べています。

 

高血糖は食生活の乱れや悪い生活習慣から

くるものにほかなりません。

 

ステージ4の大腸がんを克服し長寿を全うするには?

鶴見隆史先生によると、人の寿命は酵素の量によって

左右されるといいます。

 

大島さんのように食べ過ぎると、

体内の消化酵素が失われてしまいます。

 

酵素は体内に一定の量しかないと言われていますので、

寿命がどんどん縮んでいくのが大食いなのです。

 

参考記事⇒元横綱北の湖、直腸がんで死去!短命の原因は肥満と食事の量と回数が多い力士の職業病!

 

特に、大腸がんを発症した大島さんのブロクをみると、

酒、タバコ、甘いものによって、

 

腸内環境が良くなかったことで

病気になってしまったことも考えられます。

 

腸内の善玉菌を増やしていくような

果物や食物繊維が豊富な野菜などを食べるべきなのです。

 

そして、果物や生野菜には酵素が豊富に含まれているので、

消費されてしまった体内の酵素を補って長寿を目指すには

最適の食材と言えます。

 

小林麻央さんの場合には、人参りんごジュース

飲んでいますけれども、

 

人参りんごジュースのよいところは、

生野菜を粉々にして体に取り入れることで、

酵素を豊富に取り入れることができているのです。

 

新鮮な人参だけではなく、小松菜は免疫力を高める食材として

知られていますので、いろいろな果物や野菜とともに

 

ジューサーやミキサーで食べることを

鶴見隆史先生は推奨しています。

 

 

毎日野菜を買ってきて作るのは大変だという方には、

酵素ドリンク をおすすめします。

 

大腸がんをわずらっている人は腸内環境が悪く、

便秘がちです。

 

腸内環境が悪いと便は黒いのが特徴です

 

ケーキなどの糖質を我慢して、酵素や食物繊維を取り入れて、

腸内環境がよくなることで、

便秘が解消し、便は黄色になります。

 

大島さんも食いしん坊をやめて、断食するくらいの

発想の転換が必要なのではないでしょうか?

 

以上、闘病中の大島さんのブログを読んで、

ダメ出しをしたようで

 

「人の気持ちも知らないで」と

言われてしまいそうです。

 

大島さんや同じ病気で闘うひとへの

エールを送る意味での辛口コメントを

お許しください。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ