小林麻央式 朝日を浴びることが乳がん対策になるのは本当!



小林麻央さんが病院で爽やかな早朝の朝日

浴びて、薬を服用し爽やかな気分でいることが

ブログで紹介されました。

 

思うように治療効果が出ずにつらい時期かと思うのですけれども、

麻央さんが持論だという

 

朝日を浴びることが乳がんにいい

というのは本当に正解なのでしょうか?

 

結論を言えば、乳がんに限らず、

朝日を浴びることは非常にいいのではないかと。

 

 

小林麻央さんブログで朝日を浴びることが大切と

朝日

乳がんと朝日は
とても関係が深く、朝日を浴びることが
とても大切だそうです。

明け方カーテンを開け、眠り、
朝日を浴びながら再び起きるのが
今できる私流です。

出典:朝日 

 

乳がんとの戦いはすぐに結果が出るものではなく、

長期的な戦いになります。

 

いろいろないい治療法があるのでしょうけれども、

規則正しい生活をすることが

基本にないと勝てる戦も勝てないかもしれないのです。

 

小林麻央さんが早朝の朝日を浴びることは、

裏を返せば、早寝早起きをしているからとも

いえますね。

 

朝日を浴びて気分がいいだけではなく、

早く寝なければ、早朝の朝日を浴びることは

できません。

 

早起きして朝日を浴びることが乳がんに効果がある理由は?

がん治療を行っている名医の方の著書を読んでみると、

患者さんにはうつ病や便秘を併発している方が多いことが

読み取れます。

 

 

また、東京女子医科大学付属 東洋医学研究所の木村容子先生の

著書「漢方で健康美人になる20の方法

では

 

「うつ病を治すには便秘から治す」という

治療方法なども紹介されています。

 

乳がん患者さんの中にも、うつ病を併発している場合には

早起きはなかなかできないかもしれません。

 

うつ病特有の症状で気力が充実していない状態では、

早起きというよりは宵っ張りで夜更かし気味になりがちですし、

 

結果として朝寝坊になるという悪循環におちいりやすいです。

 

乳がんを克服する意味でも、気力を充実させて、

前向きに治療に専念する意味でも、

 

早起きできる生活のリズムに買えたほうがいいに決まっているのです。

 

乳がんを克服する意味で、

朝日を浴びることは大切なのではないかと思います。

 

特に、午前中の早い時間帯の朝日を浴びることには

非常に大きな意味があるように感じます。

 

早起きして朝日を浴びるとどうしていいのか?

早起きして朝日を浴びるには、

夜更かしせずに、早く寝ることが前提になります。

 

朝4時~5時頃に起きるには、

前の晩の夕飯は5時~6時頃に食べ終わって、

夜の8時~9時頃には寝ているというスタイルです。

 

夕食が7時前に完了していれば、

翌朝の朝ごはんが食べる時間まで時間があくのも

ポイントです。

 

金沢医科大学 糖尿病・内分泌内科教授の古家大祐(こやだいすけ)教授は

老化ストップ遺伝子=サーチュイン遺伝子が作動させることで、

 

老化にストップをかけ、寿命を延ばす仕組みがあることを

著書「老けない人は腹七分め 若返り遺伝子が活性化する食べ方

の中で紹介しています。

 

そして、老化ストップ遺伝子は誰でも持っているのですけれども、

老化ストップ遺伝子にスイッチが入っていない人がいるので、

 

老化ストップ遺伝子(サーチュイン遺伝子)のスイッチを

オンにする必要があるのです。

 

サーチュイン遺伝子のスイッチをオンにする方法は

空腹感を覚えることです。

 

特に、夕飯をなるべく早めの時間に食べ終わって

朝ごはんまでの絶食時間が長いほど老化ストップ遺伝子は

活性化するという仕組みです。

 

早めに夕食を取り、早く寝てしまうことで、

夜寝ている間にアンチエイジングが行われていきます。

 

若返り遺伝子を活性化して、寿命が伸びるという仕組みを活用するスタイルは

早起きして早朝の朝日を浴びることにも

つながるわけです。

 

乳がんに限らず、やや太り気味である方は、

体の中に毒素を溜め込みやすい体質とも言えるので、

 

古家大祐教授の本を参考にして、

カロリー制限をすることをおすすめします。

 

参考記事⇒高血糖ストップ遺伝子=サーチュインの活性化は食事法に!古家大祐先生が家庭の医学で

 

朝日を浴びて散歩をするとなおいいのは本当!

小林麻央さんは、退院後は、朝日を浴びながら

軽くウオーキングをすることがいいのではないかと

ブログでコメントしています。

 

先程紹介した、古家大祐教授の若返り遺伝子を活性化させて

寿命を延ばすという方法は

 

バランスの取れた食事や適度な運動をすることを

前提として、カロリー制限や絶食時間を長くとるなどの

方法が成り立っています。

 

その意味で、朝日を浴びながら散歩をするのは

軽い運動ながら悪いはずがありませんね。

 

老化ストップ遺伝子を活性化するサプリは?

古家大祐教授の本で紹介されている働いていない老化ストップ遺伝子に

スイッチを入れる物質として、

「レスベラトロール」があります。

 

この物質は赤ワインに多く含まれるのですけれども、

赤ワインも飲みすぎるとよくありません。

 

サーチュイン遺伝子を活性化が期待されるレスベラトロールは

サプリがあります。

 

 

参考までですけれども、

レスベラトロールを酵母菌に与えた実験では、

酵母の寿命が70%伸びたという結果が出たことも、

古家先生の著書の中で紹介されています。

 

レスベラトロールの驚くべき効果なのですけれども、

注意点は、酵母の話で、人間の寿命が70%伸びる

わけではありませんのでご注意ください。

 

日光浴が作り出すビタミンDは乳がん予防にも

がん予防にはビタミンDがいいと言われています。

 

ビタミンDは日光浴で紫外線を浴びることで、

皮膚で作り出されます。

 

朝日を浴びる効能は日光浴でビタミンDを生成できるという点でも

いいことです。

 

注意点は、ガラスを通過した日光は、ビタミンDを生成する

紫外線UV-Bがガラスに吸収されてしまう点です。

 

つまり、室内や車の中で窓を締め切った状態では、

ビタミンDを作り出す日光浴にはならない点です。

 

朝日を浴びてビタミンDを作り出すには、窓を開け放つか、

外に出るのが有効です。

日光浴とビタミンDについての本は

手軽にできる健康法として是非、

参考にしたい1冊です。

 

済陽高穂先生は朝日を浴びて笑うことを推奨

乳がんなどを食べ物で治療することを推奨している

西台クリニックの済陽高穂先生も朝日の効能を

 

著書 「女40歳から体が若くなる食べ方 (単行本)

の中で紹介しています。

 

特に、朝日を浴びて、笑うことで

免疫力が上がると説明しています。

 

笑うことで幸せホルモン「セロトニン」が

分泌されて、ストレスホルモンの分泌が低下するためです。

 

朝日を浴びることで、メラトニンの分泌がされて、

夜になった時に質の良い眠りにつながって、

室の良い眠りは免疫力を高めという仕組みです。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ