血中ビタミン D濃度が高いと認知症予防に?鮭に老化ストップ栄養素が豊富!



全国的に高齢化が進んでいるためなのか、

徘徊する人が多くなっていますし、

 

認知症として施設に入所するお年寄りが増えています。

 

年を重ねると女性の場合は特に骨がもろくなって

骨粗しょう症になりやすくなりますし、

 

男女ともに筋肉量が減少していきます。

 

つまり、老化していくということは、

骨、筋肉量の減少とともに、

 

脳の問題としては認知機能低下が進行することを

意味すると言ってもいいくらいです。

 

たけしの健康エンターテイメントでは、

老化ストップ栄養素としてに豊富に含まれるビタミンDの効能が

紹介されています。

 

 

鮭の産地村上市の老人は血中ビタミンDが高く認知機能、運動能力が高いことがテレビで紹介!

2017/5/16放送のたけしの健康エンターテイメント!では、

村上市に住むお年寄りのビタミンD血中濃度を測定したところ、

 

ビタミンD血中濃度が比較的高い人の割合が多いことがわかりました。

そして、ビタミンD血中濃度が高かったお年寄りに対して、

認知機能を測定するテストをしたところ、

非常に好成績を示したことが紹介されています。

 

また、足腰の筋力を測定するテストでも好成績を記録しています。

 

村上市とビタミンD血中濃度が高いこととの関連は

村上市の特産品に秘密がありました。

 

鮭を食べることで、血中ビタミンD濃度上昇!認知症予防効果がある老化ストップ栄養素?

村上市は鮭が地域の特産品として知られていて、

鮭まるごと一匹が各家庭に干し魚として

吊り下げる風習があることでも知られています。

 

特産品として販売をするだけではなく、

村上市に根付いている食生活の一部をなす

重要な食材の1つが鮭なのです。

 

そして、鮭にはビタミンDが豊富に含まれていることで、

鮭をよく食べる習慣のある村上市の人達は

比較的、血中のビタミンD濃度が高めになりそうだと

想像ができます。

 

ビタミンD濃度が高かったから、

認知機能が高く、足腰もしっかりしていたとは

短絡的に結論つけることはできません。

 

しかし、最近の研究では、ビタミンDと

認知機能、骨、筋肉量との関連はあるということが

わかってきています。

 

一般的に知られているビタミンDの効能は?

政府の研究調査でも、ビタミンDが老化予防になる可能性が

示されていますので紹介します。

 

近年、ビタミン D は骨以外の骨格筋などの組織にも何ら
かの本質的な役割を果たしている可能性が示唆されている 73)。高齢者を対象とした三つの横断研
究及び一つの縦断研究(合計 3,000 人程度)より、血中 25─ヒドロキシビタミン D(体内のビタミ
ン D 量の指標となるビタミン D の代謝物)濃度が 50 nmol/L 未満であると身体機能の低下、筋力
の減少、血中パラトルモン(副甲状腺ホルモン)濃度の増加、転倒及び骨折のリスクが高いことが
報告されている 74─77)。ビタミン D 欠乏は転倒や骨折などから身体活動が低下し、筋肉量を減少さ
せサルコペニア及びフレイルティのリスクを高める恐れがある。

出典:高齢者 ビタミンD

 

ビタミンDが老化防止に果たす役割として考えられるのは、

  • 骨粗しょう症予防
  • 身体機能の低下予防
  • 筋肉量減少予防
  • 転倒や骨折リスクの軽減

などです。

 

筋肉や骨が弱くなり、身体機能が低下していくことは

老化していることの肉体的な現れです。

 

脳に顕著な老化現象が現れるのは

認知症などの認知機能低下です。

 

ビタミンDは骨や筋肉など肉体的な老化だけではなく、

脳もあわせた老化を予防する可能性が考えられるのです。

 

ビタミンDについては、サプリメントの摂取も

転倒防止や骨折リスクを軽減しているという

研究結果もあわせて報告されています。

 

ビタミンDのみならず、抗酸化作用が強いビタミンCなど

13種類すべてのビタミンを1粒に凝縮した

 

ハウス食品が製造販売している

ビタミン全13種類をぎゅっと1粒に!「1日分のビタミン」

がお薦めです。

 

女性の骨粗しょう症治療の専門家 太田博明先生もビタミンDの効能を認める!

 

骨は若返る! ―骨粗しょう症は防げる! 治る!の著者として知られる

山王病院の太田博明先生がたけしの健康エンターテイメントで、

ビタミンDについて、説明をしてくれました。

 

明確に認知機能向上とは明言しなかったものの、

これまで、ビタミンDが骨の健康に関連していることが

知られてきたけれども、

骨以外にも多面的な作用があることがわかってきたと

コメントしています。

 

ビタミンDを豊富に含む食べ物は?

ビタミンDは野菜には含まれず、

きのこ類や魚貝類に含まれています。

 

きのこ類でビタミンDを多く含むのは、

キクラゲ、干しシイタケ、マイタケ

 

魚貝類では、

あん肝、しらす干し、いわし丸干し、鮭

に多く含まれています。

 

サプリメントでは、【指定第2類医薬品】カワイ肝油ドロップS 300粒にビタミンDが豊富に

含まれていることがわかっています。

 

 

鮭に含まれるビタミンDだけが認知症予防や老化防止をしているのか?

たけしの健康エンターテイメントでは、ビタミンDについて

スポットをあてて老化ストップ栄養素として紹介されました。

 

特に、村上市では鮭が特産品であることで、

村上市の人たちの血中のビタミンD濃度と認知機能や

身体機能についてのテスト結果に関連性がありえると

紹介されています。

 

しかし、実際には、鮭の栄養素にはビタミンD以外にも、

豊富な栄養素が含まれています。

 

文部科学省が公表している「食品成分データベース」によると、焼き紅鮭では、ビタミンだけでも、

ビタミンA、Dの量が豊富であることがわかります。

 

ビタミンA レチノール 35 μg
        カロテン α 0 μg
        β 0 μg
        β−クリプトキサンチン (0) μg
        β−カロテン当量 (0) μg
        レチノール活性当量 35 μg
D 38.4 μg
E トコフェロール α 1.8 mg
            β 0 mg
            γ 0 mg
            δ 0 mg
K (0) μg
B1 0.27 mg
B2 0.22 mg
ナイアシン 7.2 mg
ナイアシン当量 (12.4) mg
B6 0.39 mg
B12 3.8 μg
葉酸 15 μg
パントテン酸 1.49 mg
ビオチン – μg
ビタミンC 2 mg

出典:食品番号: 10150 食品群名/食品名: 魚介類/(さけ・ます類)/べにざけ/焼き

 

また、紅鮭に含まれるアスタキサンチン

ビタミンCの数千倍の抗酸化作用があるとされる物質で、

老化予防物質と考えられています。

 

参考記事⇒鮭が目と脳にいい理由は栄養分= アスタキサンチンにあった!

 

しかも、アスタキサンチンは脳や目を保護するフィルターを通過できる

栄養素であることから

 

目や脳にいい成分であるとされています。

 

ですから、鮭を豊富に食べている村上市の人たちは

確かにビタミンDの血中濃度も高いのは事実かもしれませんけれども、

 

アスタキサンチンも取り入れていることになるので、

認知機能が高いのはビタミンDだけではなく、

 

アスタキサンチンの影響もありえると

考えておいたほうが良いかもしれません。

 

血中ビタミンD濃度の高さは乳がんを予防する可能性も?

たけしの健康エンターテイメントでは、

ビタミンDの効能として、

 

乳がん細胞を死滅させる効果があることも紹介されました。

 

乳がん細胞に対して、ビタミンDを投下していくと

がん細胞が死滅していく様子が紹介されています。

 

あくまでも細胞レベルではビタミンDが乳がん予防になりそうだという

研究なのですけれども、

 

今後、血中のビタミンD濃度と乳がん予防の可能性や

乳がん治療への応用が進むことも期待したいです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ